同じ品質表示の羽毛布団が3倍の価格差

羽毛布団の価格を比べると、同じ品質表示なのに価格の差が3倍以上あることがございます。消費者の方は不思議に感じるでしょう? この価格差は、羽毛布団の等級に何らかの違いが当然なければなりません。違いがなければ悪徳商法の代表例です。 しかし、消費者の方は羽毛布団の中味を確認することはできません。基本的に寝具店も同様です。安い価格の羽毛布団は購入を決断する際にハードルは低くなりますが、低くなった分以上に失敗するリスクは高くなります。 まずは価格差の謎を解き明かすために羽毛布団のランクの基本的な違いをご案内致します。 羽毛布団の価格に謎を感じるのは、「同じ様に見える品質表示説明」に問題があるためです。

羽毛布団の価格差3倍の例

羽毛布団の価格差  同じ品質表示とは、例えば、「ポーランド産ダウン93%、側生地は綿100%」のような商品説明のことです。 この商品説明のタイトルが付いている羽毛布団は多く市場にあります。 そして価格差が3倍以上の場合もあり得ます。また、「ポーランド産」「ダウン93%」「綿100%」のキーワードをはずすと価格の差はもっと広がります。 問題なのは、高級品と共通するこの3つのキーワードだけを付けた低価格、低品質の羽毛布団です。 高級品にはこの3つのキーワードだけでなく、更に詳しい情報が通常記載されています。 この詳しい情報こそが羽毛布団の価格と等級の基本的な違いなのです。


羽毛布団のランクの基本的な違い

 羽毛布団の等級の基本的な違いは、「ダウンの品質、側生地の素材と品質、内部の仕切り構造」の違いなのです。 この3項目の違いが価格差ができる基本的な要因です。 この違いを詳しく見ることにより、価格の謎を解明することができます。それではこの3項目を解明していきます。

羽毛の種類と等級による価格の違い

 羽毛布団に使用されているダウンの種類は、採取される鳥の種類により大別されます。ダックダウンとグースダウンの2種類です。 ダックダウンよりグースダウンがは基本的に品質的に優れています。 グースダウンの中でも、産卵用に飼育されているマザーグースから採取されたマザーグースダウンは更に格上の品質です。

 ダウンのランクは採取される鳥の種類により、ダック、グース、マザーグースの順に品質が良くなります。 そして各々のダウンにおいても、品質に差があり羽毛布団の価格と大きく関係しています。 ダウンの品質を表す基準値には、ダウン率とダウンパワー値があります。

ダウン率とは

ダウンとフェザー  ダウンの中味は、ダウンとフェザーが混合されたものです。 このダウンとフェザーの比率を表したものをダウン率と言います。ダウン93%とはダウンが93%でフェザーが7%であることを示しています。 ダウン率が高いほど品質的に優れたダウンです。

ダウンパワー値とは

ダウンパワー値  ダウンの品質を表す基準値にはダウンパワー値があります。以前は「かさ高値」として表されていたものです。簡単に言うとダウンのボリュームふくらむパワーのことです。 羽毛布団の中の状態に近い環境下でのボリュームを数値化したもので、「dp」の単位で表されています。この数値が大きいほど品質的に優れたダウンです。 ダックは390dpぐらいまでであり、グースは430dpぐらいまで、マザーグースは430dp以上から460dp位までの数値です。

ポーランド産ダウン93%の羽毛布団の価格

 「ポーランド産ダウン率93%綿100%」の羽毛布団の等級は、鳥の種類とダウンパワーの違いにより差があります。 羽毛布団の価格の差は、ダウンの等級の差により生まれます。 例えば「ポーランド産ダウン」の鳥の種類が、ダックダウンとマザーグースダウンでは大きな価格の差が生まれます。

 ダウン率が同じでも価格差ができるのは、採取される鳥の種類とダウンパワーの差があるためとも言えます。 仮に安い価格の羽毛布団の品質が、ポーランド産ダックダウン、ダウン率93%、ダウンパワー380dpのダウンであるとします。 他方の価格の高い羽毛布団の品質は、ポーランド産マザーグースダウン、ダウン率93%、ダウンパワー440dpであるとすると、価格差は3倍以上あったとしても不思議ではありません。

羽毛布団の価格差事例  今回の事例では、あえて高級品に用いられるポーランド産ダウンとしました。

羽毛布団の商品説明タイトルの価格の高いものと安いものとを並記します。

ポーランド産マザーグースダウン、ダウン率93%、ダウンパワー440dp、綿100%

ポーランド産   ダックダウン、ダウン率93%ダウンパワー380dp綿100%

高級品の場合は「マザーグース」と「440dp」を表示していますが、低価格品の場合は赤い2重線の文字を表示しないか小さく表示している場合が多いのではないでしょうか。 そして、高級羽毛布団の説明を読み記憶に残った言葉が「ポーランド産、ダウン率93%、綿100%」だとしたら、この条件で価格の安い羽毛布団を「発見」したとすれば購入したくなるかもしれません。 しかし、「発見した安い羽毛布団」の品質は、上記の図において下段に表示しているクラスである確率は99.99%以上かもしれません。

「ポーランド産ダウン」などの高級羽毛布団と共通するキーワードを前面に出して、作為的にダウンの種類、等級を表示せずに、 イメージは高級品の様でありながら低価格の値札を表示されると、お買い得価格のように感じてしまいがちです。羽毛布団の価格の謎がひとつ解明できたのではないでしょうか。

日本羽毛製品協同組合のラベル  ダウンパワー値に応じて日本羽毛製品協同組合(日羽協)が定める4等級のプレミアムゴールド/ロイヤルゴールド/エクセルゴールド/ニューゴールドの 4種類のラベルを添付した製品があります。このラベルも羽毛布団の等級の違いを見極めるポイントの一つです。 このラベルは、各メーカーが日羽協より購入し製品に添付しています。西川ブランドには、このラベルは付いていません。


羽毛布団の価格と側生地の素材と品質

 羽毛布団の側生地の素材には種類がございます。シルク、綿、化学繊維(ポリエステルなど)がございます。 シルク素材の側生地を使用した高級品もございますが、最近は綿素材の側生地の羽毛布団が主流となってきています。 化学繊維を含む合繊のものには、高付加価値を追求したものと低コストを目的としたものに大別できます。羽毛布団の側生地素材も価格に大きく関係致します。 今回は価格差の謎を究明するために主流となっている綿素材について見てみることに致します。

羽毛布団の側生地品質による価格の差

 羽毛布団の側生地で主流となっているものは超長綿です。この超長綿の側生地を織る糸の太さにより柔らかさと重さ価格が違ってきます。糸の太さは単糸では、40番手から100番手の糸が主に使われています。 数字が大きくなるほど細い糸になります。また糸を紡ぐ方法にも単糸と双糸の2種類ございます。単糸とは一方向に撚りをかけて作る糸のことです。双糸とは2本の糸を撚り合わせて1本の糸にしたものです。 100番手の単糸と200双糸を比べると、太さは同じぐらいですが耐久性は200双糸がやや優れています。価格は糸番手の数字に比例して高くなります。

 同じ糸番手の超長綿でも日本製と製造コストを抑えた海外生産のものではランクが異なります。もちろん日本製が品質がよく価格差も2倍-3倍するものもございます。

 羽毛布団の側生地は格子状に仕切られています。生地を縫合する工程を日本国内でするか、海外でするかによっても価格に差が出ます。 日本製として販売されている羽毛布団にも、国内縫製と海外縫製の2種類ございます。同じように見える日本製の羽毛布団の価格にも違いが出ます。

羽毛布団の価格の差は生地の品質  今回の事例では、あえて高級羽毛布団に用いられるポーランド産ダウンとしました。

羽毛布団の商品説明タイトルの価格の高いものと安いものとを並記します。

ポーランド産マザーグース、ダウン率93%、ダウンパワー440dp、80超長綿(綿100%)

ポーランド産   ダック、ダウン率93%ダウンパワー380dp50超長綿(綿100%)

 上記の「ポーランド産ダウン、ダウン93%、側生地は綿100%」の羽毛布団の価格差が3倍以上ある謎が、「側生地は綿100%」の中にも原因があることをご理解頂けたと思います。 側生地素材にも、糸番手、製造国、縫製工程など細部に違いがあり、羽毛布団の価格に大きく関係しています。

 高級羽毛布団の側生地は、側生地は80番手超長綿100%であり国内にて縫製されています。 しかし、低価格の製品の場合は、側生地は50番手超長綿100%とすべきところ、 側生地は50番手超長綿100%と表示しています。 マイナスイメージの項目を隠すことで高級羽毛布団との区別がつきにくく価格の謎が発生していると思います。

 綿100%だけでは品質に幅がありすぎます。仮に綿素材の中でも超長綿の側生地だとしても糸番手の指定がありません。 更に詳しく見るならば日本製か否かも羽毛布団の価格には影響します。また、80番手超長綿の糸にもランクがございます。ギリギリ80番手なのか上質の80番手なのかによっても価格差は生まれます。

 羽毛布団の側生地には綿以外もあります。シルク、合繊などがあり各々ランクがあります。 シルク生地は、比較的高級品に使われる傾向がありましたが、耐久性の点から最近は超長綿が多くなっていると思います。 合繊の中にはポリエステル系の糸と綿の糸を織り込んだ生地があります。廉価版にはポリエステル系の糸を多く使ったものが多いと思います。 ただし、ポリエステル系の繊維を使った生地にも高付加価値の生地のもあり、一概に価格の安い羽毛布団と決めることもできません。


羽毛布団の価格と内部の仕切り構造

立体構造にも技術力の差

 羽毛布団は格子状に仕切られています。このマス目の数を多くするとフィット性は向上します。しかし作業工程は増えるため価格は高くなります。立体キルト構造と言うだけではマス目の数は解りません。

羽毛布団の内部構造 左の図は、立体キルトの羽毛布団の断面イメージです。横に4マスに仕切られています。シングルサイズでは横4マス縦5マスのタイプが多いです。 右側端部の赤い部分から管をさして、各仕切り布には管を通すトンネルが開けられています。このトンネルに管を通して左端のマス目から順にダウンを吹き込みます。 縦方向に同じ作業を繰り返しおこない、全てのマス目にダウンを吹き込んだ後、右側端部の管を通した部分を縫合すれば完成です。

 上の図ではイメージ図のため、マチ布にトンネル状の管が開いているようになっていますが、実際はもう少し複雑でありダウンが充填されるとトンネル状の管は閉じる仕組みになっています。 このトンネルが複雑になるとマス目から隣のマス目にダウンが移動しなくなり、ダウンの片寄りが無いため長く安定してお使い頂けます。 しかし複雑になればなるほど熟練した職人に頼ることとなり製造コストは高くなります。

 マス目の数は、二層三層構造になれば増えていきます。製造工程も増えるため価格は高くなります。また上記のトンネルの構造が複雑になればなるほど価格も高くなっていきます。 羽毛布団の見えない部分には、ダウンの等級差以外に内部の仕切り構造も羽毛布団の価格の差が生まれる要因があります。

日本製羽毛布団の価格差

 品質表示が同じ日本製の羽毛布団においても価格差がございます。例えば「ポーランド産マザーグース、ダウン率93%、80番手超長綿、ダウンパワー430dp日本製羽毛布団」もちろん内部構造も同じです。 これだけの条件を付けても価格差が生まれます。側生地の製造と縫製工程が日本国内で行われているか否かによっても価格差は生まれます。 また最近は、ダウン量を100g少なくした仕様もあるため、羽毛布団の品質の細部にわたり調べることが大切です。


羽毛布団の価格と製造工程

製造コストと海外縫製

羽毛布団の価格を下げるには、製造コストを下げる必要があります。そのために海外生産して輸入すれば製造コストは下げられます。 しかし、ダウンの洗浄工程を海外で行うと水質と水のコストの関係で十分な洗浄ができない場合があり、輸入品は日本製の表示も当然できません。 そのためダウンの洗浄度の問題から、日本国内でダウンの吹き込み作業が行われる場合が多いのが現状です。 製造コストを抑えるには海外生産の生地を海外で縫製をして、国内でダウンの吹き込み作業を行い、日本製の羽毛布団として販売されている場合が多いと感じています。

 最上部の写真の例では、生産国の記載はありませんが、製造国の記載は義務づけられているので、少なくとも品質表示票には製造国の記載があり、品質表示票の画像があれば判断ができると思います。 製造コストを抑えるために海外で製造したものと純日本製を比べれば、純日本製の羽毛布団の価格が高いのはご理解できると思います。

日本製の羽毛布団の価格の不思議

 「ポーランド産430dpマザーグース93%、超長綿80番糸サテン生地、日本製 有名ブランド」の羽毛布団に価格差がある場合があります。さすがに3倍の価格差はありませんが価格差があります。 日本製の中にも純日本製の羽毛布団があるため価格に違いがでます。

 日本製と表示されている羽毛布団ですが、全ての製造工程が日本国内で行われているとは限りません。 為替レートの変動にも関係しますが、側生地と側生地の縫製まで海外で行われている割合は多いのが現実です。 製品化された羽毛布団を見ても、全の製造工程が国内か縫製段階まで海外なのかの見極めは難しいです。 例えば「ポーランド産マザーグース93%、超長綿80番糸サテン生地、日本製」この説明文だけでは純日本製かどうかは判断できません。 側生地が国産生地とか100番手以上の超長綿、あるいは日本独自の側生地である場合は、純日本製の羽毛布団と考えられます。(ダウンはほぼ100%輸入品ですが、洗浄選別後吹き込み行程を国内でしている場合は日本製と考えます。) 羽毛布団の側生地を縫製する技術でも、高度な技術が必要なものは純日本製の可能性が高いです。 より上質の羽毛布団をお求めなら、純日本製がお勧めです。価格はやはり高くなります。(100番手以上の超長綿を使用した製品でも海外縫製の製品があります。)

 有名メーカーにおいては、海外縫製のものと純日本製の羽毛布団の両方を製造しています。品質的に同じなら海外製の生地を海外で縫製する方式だけにすると思います。 「ポーランド産マザーグース93%、超長綿80番糸サテン生地、日本製」でも、海外にて縫製された側生地の羽毛布団と純日本製を並べて見比べると生地の質感、縫製の仕様等に違いがあります。 この違いによりメーカーは、製造コストが高くても純日本製の羽毛布団を製造していると考えます。当然ながら製造コストが高いため販売価格も高くなります。 羽毛布団の品質表示の行間に価格差の謎が生まれる要因があります。


羽毛布団の価格の謎について店主の一言

羽毛布団の等級と価格

 高級羽毛布団が高い価格で販売をされて、廉価版が廉価で販売をされるのは当然です。問題なのは品質がともなわないのに、高級品と見せかけて高額で販売をする場合です。 このようなケースは、メーカー名を確認することである程度見抜くことができます。有名なメーカー品ではないと思います。 本当に厄介なのは、低品質であるにもかかわらず高級品と共通する部分だけを強調した説明をして、それなりの価格で販売をしている場合だと思います。 低品質の羽毛布団を高品質のようにイメージさせて、品質程度の低価格で販売される場合が多いように感じます。 もしかすると、売り上げランキングの上位に位置している可能性もございます。

 例えば寝具業界で有名な西川グループの羽毛布団を見ると、等級の幅は広く「ピンからキリ」まであります。 商品説明をする際に「有名メーカーの羽毛布団だから信頼できます。」の言葉だけで無く、販売をする羽毛布団のグレードがどの位置にあるのか、ダウン、側生地のグレード、内部構造、製造工程、製造国にいたるまで細かく説明をするべきだと思います。 羽毛布団の価格のカラクリというテーマで文章を書きましたが、最近はアウトレットも少なく高品質の羽毛布団を安く出来るカラクリはありません。 上質の様に見える羽毛布団が、極端に安く販売されている場合は「偽装」の言葉も思い出して下さい。 信頼できるメーカー、詳細な数値をリストアップすることで羽毛布団の価格の謎が完全とは言えませんが解明できます。

 くどいようですが、低質品を低価格で販売をしている羽毛布団が多いように感じます。 問題なのは高級品と共通するキーワード(例えばポーランド産ダウンなど)を前面に出し、肝心のグレードを表す詳細な数値なり情報の提示が無い場合が多いと感じます。

高級羽毛布団を低価格で販売できるカラクリはありません。

ダウン、側生地の種類とグレード、内部構造について羽毛布団の選び方のページを設けました。

羽毛布団を購入する前には、まずは価格を優先せずに詳細で正確な情報を得てから比較検討して下さい。 こちらのページに失敗しない羽毛布団の買い方のためのサイトを紹介しています。 お役に立てれば幸いです。

質問フリーダイヤル0120-210-884
        

Top