ゴールドラベルの品質とは

 日本羽毛製品協同組合(日羽協)が発行しているゴールドラベルが表す品質とは、ダウンパワー値(後述)が300cm3/g(以下dpと記載)以上あること意味しています。 ただし、このゴールドラベルが付いていいるから「ゴールド」金メダルを想像しますが、ゴールドラベルは品質的には日羽協のラベルの中では最下位のラベルです。

ゴールドラベルの品質と中味

 日羽協のゴールドラベルの裏面には、「当組合の品質基準(組成混合率、かさ高性、製洗浄度等)に合格した羽毛原料と・・・」と記載されています。 組成混合率とは鳥の種類とダウンとフェザーの混合比率のことです。かさ高性とはダウンパワー値300dp以上のことです。 基本的には、ダウンパワー値(後述)が300dp以上であることを意味しています。

ゴールドラベルが付くダウンの鳥の種類

 ダウンパワー値(後述)が300dp以上のダウンと言うことなので大半はダックダウンです。羽毛布団にはあまりお勧めできないクラスです。 未成熟ダックの可能性が高く臭いの心配もございます。国内洗浄も十分にされていない場合も考えられます。

 ダックダウンを充填した羽毛布団にゴールドラベルが付いている場合は、あまり上質とは言えず廉価版と言ってもよいクラスです。 当店の考えでは、名ばかりの「ウモウフトン」と言ってもよいと思います。夏用のダウンケットにでも如何なものかと考えてしまう品質です。取り扱っていないためこれ以上の詳しい情報がありません。

ダウンパワー値とは

ダウンパワー測定  ダウンパワーは、暖かさの指標とご理解下さい。 かさ高性
350dp廉価品~380dp中級品~410dp高級品~430dp最高級~
JIS(日本工業規格)で定めた品質試験の値です。一定の温度と湿度の条件下で30グラムのダウンを円筒形の容器に入れて円盤の重しをのせて加重、2分後の容積からダウン1g当たりの容積を算出して表したものです。 ダウンパワー値300dpは最下級クラスということです。

ゴールドラベル  1番右側のラベルがゴールドラベルです。ゴールドラベルのダウンパワー値は300dp以上なので上のダウンパワー値の説明にもあるように下級クラスのダウンです。 ゴールドラベルつき羽毛布団はできれば避けたいクラスと言えます。また臭いも気になるクラスのダウンが多いと思います。輸入されて国内での洗浄がされていない場合もあるかもしれません。


ページトップへ▲