ふとんカバーのサイズ

 カバーのサイズには、ベビー、ジュニア、成人用の3タイプが基本ですが、問い合わせの多い成人用では、シングル/ダブルサイズ等があります。 各々のサイズにおいてもプラス10cm長いものがあります。 例えばシングルサイズでは200cm(S)とシングルロング(SL)210cmのものがあります。 幅はシングルサイズで敷きふとんは100cm掛け布団は150cmです。 ダブルサイズは敷きふとんは140cm、掛け布団は190cmです。クイーンサイズは敷きふとんは別注になります。 クイーンサイズの掛け布団は210cmとダブルより20cm広くなり長さはダブルと同じです。 キングサイズは長さはダブルと同じで210cmで、幅が230cmと幅広の掛け布団になります。 布団カバーの掛け敷き布団と同じサイズのものを選んで下さい。 キングサイズの敷きふとんも別注扱いになりますが、大きすぎるためシングルをふたつ並べて使う方がおすすめです。

各サイズには更に長いシングルロングロングのSLL、セミダブルSDLL、ダブルDLL、クイーンQLLがあり長さが230cmになります。 敷きふとんカバーは、+5cm長いものもあります。又、厚みのある敷き布団の場合はマチ付きのものもあります。

布団カバーのサイズ選び

★カバーを選ばれる場合、まず、ふとんのサイズがどのタイプであるかを確かめ、 そのサイズのカバーを選ぶと、大きさの点では問題はないでしょう。

★羽毛布団、羊毛掛け布団は、表示サイズより実寸が長い場合がありますが、 例えばSLの場合、表示サイズが150×210cmなのに実寸が155×215cmある場合は、150×210cmのカバーでよく他のサイズも同様です。

★布団の品質表示にある側サイズの表示には、実寸よりも10~20cm大きい数値を表示していますが、 その長さのカバーは既製品では無いと言ってもよいと思います。

★敷きふとんカバーは、布団の厚みが特に厚い、または、マットレスのように角張った形の場合には、 カバーを+5cm長いものにするか、襠(マチ)付きのカバーを、選ばれた方がよいでしょう。

長年ご使用中の敷きふとんのカバーを選ぶ際には、敷き布団の実寸サイズを測る必要があります。 敷き布団は使用しているうちにヘタリがでます。 当初、厚みがあるときは凹部であった中央部のキルト部分が伸びてしまい。表示サイズより広く、長くなっている場合があります。 実際は敷き布団を買い替え時期になっている場合もございますが、 カバーを購入する際は実寸に合うものを選ぶか、大きいサイズのカバーを縫い込みサイズ調整が必要です。

★丈夫なカバーは、生地が丈夫なだけでなく、やはり丁寧な縫製がされています。カバーは表地と裏地の周囲を、 内側でホツレ止めと直線縫いをしていますが、丁寧な縫製をしているカバーは、さらに表の周辺も直線縫いをしています。 洗濯回数の多い方、カバーのヒモが外れると補修できない下宿の学生の方にお勧めです。

★最近は少なくなりましたが、従来の、綿ふとん、「ドンス」等の場合は、「ミノ」(生地を3幅使い仕上げた布団)、「ヨノ」の単位の大きさのものもあり、 実寸をはかり適するカバーを選ばれることをお勧めします。上記のサイズでは対応できない場合があります。

 余談になりますが、ペビー用のふとんを選ばれる際には、 ベビーベッド(ベビーサークル)の内側のサイズに合うものを選んで下さい。敷きふとんが入らない場合があります。逆の場合も同様に!

 羽毛布団にはカバーを掛けてお使い下さい。汚れるとクリーニングに出すようになりますが、えり元の汚れはおちない場合があります。洗濯をすると羽毛の品質は劣化します。

ページトップへ▲