ホワイトとシルバーダウン

 羽毛布団のお問い合わせの中に「ホワイトグースとシルバーグースどちらが良いのですか?」というご質問があります。

 結論から言えば、色の違いだけによる品質の差、保温力の違いはございません。ただ日本人には、ホワイトダウンが人気があります。 ホワイトが良い場合は、淡い色の側生地の中に充填したときに、羽毛が透けて見えてもホワイトなので柄が美しく見えます。 シルバーでも、ほぼホワイトと変わらない色合いのものもあります。少しグレーがかったホワイトと表現できるものもございます。 ポーランド産グースのルーツとしては、ホワイト・コーダ種と言われているので、やはり超極上グースダウンはホワイトが上質と言えます。

ダックとグース

 ダウンの品質は、ダックとグースの鳥の種類の違い、あるいはグースにおいても種々のグースがございます。 この違いと産卵を目的として飼育されているようなマザーグースのように成熟度合いの違いもございます。これらの違いはダウンパワーとして現れます。 羽毛の色の違いより、ダウンパワーの違いを注視されることをお勧めいたします。

ホワイトグースとシルバーグース

 ホワイトダウンとシルバーダウンと書いていますが、実際はダックではなくホワイトグースとシルバーグースの比較が多いと思います。 お問い合わせを頂くケースとして多いのは、A店で販売されているホワイトグースとB店で販売されているシルバーグースの羽毛布団を購入しようとして、 比較検討中で羽毛の色で迷われているケースです。 このケースの場合は、羽毛の色の違いだけで品質差はありませんとは答えられません。羽毛の品質差は、鳥の種類、飼育方法、飼育期間、産地、・・・色々な条件で異なります。 また、製品化された羽毛布団の品質となると、更に様々なチェック項目を比較検討する必要がございます。 品質チェックについては羽毛布団の選び方のページにてご案内しています。

羽毛の品質はダウンパワーの値で判断

 ダウンの品質は、基本的にはダウンパワーの値で判断されることをお勧めします。他の条件が同じならダウンの色の違いによる保温力の差はありません。 ただし、メーカーが異なる場合は、誤差、許容範囲に対する認識の違いなのかもしれませんが、同じダウンパワー値なのに手の感触は異なることがございます。 ダウンパワー値を測定する方法は同じでも、算出方法が異なるのかもしれません。測定結果の平均値を採用するのか最低値を表示値にするのかでは大きな差が出ます。

 ときどき、当店ではなく他のお店で販売をされている羽毛布団について質問を受けることがございます。 ズバリ申しますと、他店で販売をしている羽毛布団の評価をして欲しいとの問い合わせです。 残念ながら現物を見ることも触れることもできず、その製品の製品企画の背景も解らず、なかにはメーカー名すら判らない場合もございます。 判断材料が不足している事情をご案内して評価ができない旨お伝えしています。ご質問者と同じ情報しか得られないわけです。 超能力はないので画面上から得られる情報以外に得ることはできません。質問は直接そのお店に電話かメールで問い合わせるのがよいと思います。

 最後になりましたが、ホワイトダウンと言っても全てホワイトとは言えません。中にはホワイト以外の例えば茶系のダウンが何ヶ所かポツンと混ざることもございます。 決して不良品ではございません。天然素材を使用しているためどうしても避けられないものとご理解下さい。

 この点のようにポツンと混ざった茶系のダウンを、ある業者に「カビ」だと指摘されてクリーニングに出さないといけないと言われて、 当店に相談の電話を頂いた方が以前にもいらっしゃいました。 たぶん悪徳業者と思います。クリーニングに出しても落ちないので、新しく購入を提案する輩だと思います。 偶然にも自動車で15分程度の距離だったので、持参いただき具体的に説明を致しましたところ、ご納得を頂き悪徳業者の被害に遭わなかったケースもございます。

 ダウンの色による品質差は他の条件が同じであれば基本的に差は有りません。 鳥の色の違いがあることと、ホワイトに茶系が混ざることもある旨ご理解ください。決して不良品あるいはカビではありません。

シルバーダウンの羽毛布団

 シルバー、茶系のダウンの場合は、淡い色合いの側生地の場合には透けてダウンの色が見える場合もございます。 シルバー系のダウンの場合はほとんど気にならないと思いますが、羽毛布団は基本的にカバーを掛けて使用するものなので、 カバーのタイプを表面がレースではなく、布の袋状のタイプのカバーならダウンの色は隠れてしまいます。 カバーにも色々なタイプがあります。こちらのサイトにて羽毛布団カバーの選び方の説明をしています。 お役に立てたなら幸いでございます。

ページトップへ▲