寝具の価格のちがい?価格差はなぜ?

 なぜ寝具の価格に違いがあるか?。価格差があって当たり前なのですが、 経済学のページではないので簡単に説明しますと、同じ品がお店によって価格に違いがある場合は、 言われるまでもなく、安い方がお買い得です。

価格と品質の関係

 しかし、品質に違いがあるにも関わらず同じように見える品が、異なった価格で売られている場合はどうでしょうか? 問題なのは、同質もしくは、同じ品に見えることなのです。 注意深く見ると、多くの場合は区別ができますが、よく似た素材を使用した製品の場合は外観からでは区別がつかず、 触れてみないと区別できない物もあります。まれに、使用して初めて違いが判る場合もあります。同じように見える寝具としては羽毛布団などは典型的なものと言えます。 羽毛布団の価格の謎として説明をしたサイトをご案内致します。

 この品質の違いを説明するために、お客様の前に、品質が異なるそっくりの品AとBを並べて、 まずは、「Aは\15,000です、Bは\10,000です。」と価格だけを伝えます。 すると、お客様は同様に「なぜBが安いのですか?」と質問をされます。 その後に、裏生地、縫製、繊維の密度等を見て、触れるか、臭い、聴きくらべて頂くと、 「なるほど」と答えて頂けます。

 しかし、AとBの品を同時に並べて説明を受けると納得できるが、 Aを見た5分後にBを見せられた場合は、Bがお買い得品に見えるとも言われます。

アウトレット品はお得?

 極まれに「金融品」「アウトレット」あるいは「訳有り品」と思われるものが、特別な価格で販売されていますが、 ほとんどの場合が、品質に違いがありながら、同じように見える製品を別々の価格で販売されているケースといえるでしょう。 このような場合お買い得商品といえるのでしょうか? 品質を優先して開発された商品か、 明らかにコスト(価格)を優先した商品かを見比べ用途別にお求めになることをお勧めします。 例えば工場直売による価格の安さをうたい文句にした製品について、こちらのサイトを参考にして頂ければと思います。 アウトレット羽毛布団はお買い得?

布団の価格と製品の寿命

 寝具の価格の違いは、製品の寿命、耐久性の著しい違いではなく、暖かさ、爽やかさと言った寝心地や使用感に違いがあります。 羽毛布団の価格をみると、同じような商品タイトルをつけた製品が、3倍以上の価格の差がある場合がございます。 当然、品質に差があるのですが、羽毛布団の場合も同様に、耐久性の違いと言うだけでなく、寝心地、使用感に違いがございます。価格で選ばないことをお勧めします。 羽毛布団の場合だと、もしかすると高級品の寿命が短いこともあり得ます。 詳細はこちらのサイト羽毛布団の寿命をご覧下さい。

ページトップへ▲