オーガニックコットンとは

 バスタオルなどに「オーガニックコットン」の文字を見かけますが、いったいどのようなものなのか???
合成化学物質(農薬、化学肥料)を3年間使用していない畑で、 合成化学物質を使わないで栽培された有機栽培綿であること。 その綿を、漂白、染色、防縮等の科学薬品処理をせずに紡績をして最終製品に仕上げたものに「オーガニックコットン」の名前が付けられています。

オーガニックコットンの効能?

 天然綿花の「オーガニックコットン」が持つ優しい風合いと肌触りは素晴らしいです。 製品に仕上がった段階で、オーガニックコットンと農薬使用のコットンとの残留農薬を比較しても区別ができないのが事実です。 「アトピー、アレルギー、赤ちゃんに・・・お勧め。」などのコマーシャルコピーを見かけますが、 私は甚だ疑問に感じています。「お勧め」するのは自由ですが、 オーガニックコットン製品だから何らかの特別な効果はありません。

オーガニックコットンと自然環境

 農薬の使用量の多くが、綿花の栽培に使われている現状から、農薬の使用量を減少させて自然環境を保全する意識を持つことが望まれます。

 「オーガニックコットン」の注目すべき点は、綿花栽培から紡績にいたるまで、 環境保全(合成化学物質の農薬、化学肥料、科学薬品を使用しないため、水・空気を汚さない。)という大きなメリットがあります。 私たち消費者が、微生物による分解性の高い天然石けんを使うことで、綿本来の柔らかさを長く保つことができ、理想的な環境サイクルが誕生します。

色つきオーガニックコットン?

 漂白、染色、防縮等の科学薬品処理をせずに紡績をして、最終製品に仕上げたものに「オーガニックコットン」の名前が付けられているとすると 色・柄付きの製品に「オーガニックコットン」の記載をして注目を集めることも疑問に感じます。

 オーガニックコットン製品のコマーシャルコピーとしては、地球の自然環境に優しいオーガニックコットンだと思います。

綿花栽培・製品化の行程の違い

トランジショナルコットンとは、有機栽培転換中(三年未満)の綿花
グリーンコットンとは、綿花を紡績製糸製品化行程で化学処理なし。

コットンボールの成長

種を蒔いて1ヶ月の綿花
種を蒔いて2ヶ月半の綿花
綿の花のつぼみ
綿の花

翌日の綿の花ピンク色
綿の実(コットンボール)種を蒔いて3ヶ月の綿花
綿の実コットンボールが割ける・開絮(かいじょ)
綿花が姿を現す

綿花とは、綿の種に生えた繊維のことで、「ワタ」のことです。上段の右端の淡い黄色の花でもなく下段左端のピンク系の「花」でもはありません。下段右端の白い綿毛の繊維のことです。写真クリックにて拡大写真がUP

ページトップへ▲