催眠、点検、下取り商法

催眠商法と羽毛布団

 「当たった」「無料」「ただ同然」「特別に選ばれました」「当選」という言葉で、 販売目的を隠して一時的に借りた会場に人を集めて、その人たちに安価な日用品を見せて「欲しい人は手を挙げて」と注目を集めて、 タマゴ、鍋など安価な日用品や食料品を「無料」や「タダ同然」で配り、徐々に一体的・連動的・熱狂的な雰囲気に盛り上げていきます。 そして、「もらわないと損、買わないと損」というような一種の催眠状態をつくりだし、 最後に目的の高額な商品を、売りつけるといった販売方法をSF商法とか催眠商法といいます。 催眠商法に羽毛布団が使われた例としては、5万円クラスの羽毛布団に、120万円の値札を付けて、50万円に値引きして販売している事例があります。

点検商法と羽毛布団

 有名メーカーや業界団体をなのり、さも委託されたように装い電話・訪問をして、「羽毛布団を格安でクリーニングができます。」とか言って、 結局は高額の羽毛布団を、販売するケースとか、「布団のダニ検査」などの無料点検といって訪問して、 「ほこり、ダニがこんなに沢山でました。」「この布団で寝ていると病気になる」などと言って、 結局は新しい商品を売るのが点検商法です。
羽毛布団を、掃除機で強力に吸引すると、中の羽毛が出てくることもあり注意してください。 また、ブラシが回転しながら吸引するタイプのものは、マス目の糸を傷つけたり切ることもあります。

羽毛布団の点検商法の実例

 羽毛布団の点検商法と思われる実例を紹介いたします。当店のホームページを開設して間もないときのことです。2000年の秋の事であったと思います。 あるお客様から「羽毛布団の羽毛にカビかはえてクリーニングに出さないと羽毛布団がダメになる」と訪問セールスから言われたのですが、羽毛布団はダメになるのでしょうか? とのお電話を頂きました。ちょうどその日は(株)京都西川の営業担当者が来店をしていた日であったため、お客様の住所が自動車で15分程度の距離であったので、羽毛布団を持参して頂きました。 拝見した羽毛布団は西川産業(株)の高級品でした。生成りの生地越しに茶色い羽毛が2ヶ所ほど点在しているところがカビだと訪問セールスに言われたそうです。 これは、カビではなく茶色のダウンが混ざっただけです。必ず混ざるとは言えませんが高級品でも混ざっていても不思議ではない旨の説明をさせて頂きました。 同席を頂いた(株)京都西川の営業担当者も同様の説明をしてたこともあったのか、安心してお引き取りを頂く事ができた記憶があります。 ダウンの色については、こちらのサイト羽毛の色の違いについて説明をしています。 そのセールスからコンタクトがあった場合には、メーカーに相談した結果を伝え、はっきりと断るように伝えてました。

 もし、そのお客様が電話を掛けずに、カビだと信じてクリーニングに預けるとどうなったか? たぶんクリーニングしたがカビは落ちないため、新品の羽毛布団を高額で購入という提案があると考えられます。

 最近は羽毛布団でも自宅で洗えるタイプのものが販売されていますが、ご自宅で洗う場合には、 こちらのサイト自宅で洗える羽毛布団の洗濯時の注意点をご覧下さい。

下取り商法と羽毛布団

 「有名メーカーの布団を下取りします。」このメーカーの布団は、私たちが製造納入したものですから、 良い材料を使用して製造したので、有利な条件で下取りします。はたして製造納入業者と言うことで、 有利な条件で下取りする?また良い材料を使用したからと言っても、長年使用したふとんを下取して、 はたしてその利用方法・価値がどの程度のものか?・・・・私は不思議に思います。

 羽毛布団の場合は、中の羽毛が再生可能であるものは無料回収を行っているケースもあるように聞いています。

「無料」、「タダ」、「特別に有利な条件」など、おいしい話には安易に乗らないことです。 催眠商法や点検商法などの悪質な商法が潜んでいると思ってください。 特に、高齢者の方は、注意が必要です。ご家族、ご近所の方は気を付けてあげて下さい。 困ったときには、迷わず、すぐに消費者センターへ相談しましょう。

「下取り商法」は私が適当に名づけたものです。間違った呼び方かもしれません。

ページトップへ▲