布団の襟元足下(上下)と表裏の見分け方

 布団の上下と表裏の見分け方についての質問があります。確かに寝具店でも区別が付きにくい寝具もございます。 区別が付きにくい寝具の場合は、上下の区別が無く両面使用可能な場合が多いようです。敷き布団に多く見かけます。 多くの寝具は簡単に上下、表裏の区別が簡単にできます。

布団の品質表示票の位置での見分け方

品質表示票  布団の上下、つまりどちらが頭側で、足側かを簡単に見分ける方法があります。 国内の主なメーカーの布団は、その製品の品質表示を記載した約5×8センチほどの短冊状の品質表示票が縫いつけてあります。 この短冊状の品質表示票がある方が足側です。中央部に付いている場合もあります。

ロゴラベルの位置での見分け方

メーカーのロゴラベル  もう一つの目印は、メーカー名か製品名を表わしたラベルが角に取り付けられています。 ラベルが付いている角が足側です。国内の主な寝具メーカーの製品に共通して言えることです。 角ではなくサイドに付いている場合もありますが、足下よりに縫い付けられている場合が多いと思います。(クリックにて拡大画像)

ヒモの位置での表裏の見分け方

カバーを留めるヒモ  布団の表・裏の見分け方は、羽毛ふとん・羊毛ふとんでは、ふとんの4角にカバーのヒモを取り付ける ヒモが縫い付けられている面が裏側にになります。紐で判断できない場合は、メーカーの名前ロゴが記載された帯状の布が縫い付けられている面が肌に触れる面です。 敷きふとんでは、両面それぞれに特徴がある場合があり裏表を気にせず、それぞれの特徴に応じて使い分けをして下さい。

羽毛布団の表裏で保温力に違いが

 掛け布団の場合は、裏面が起毛の生地になっているとか、表裏で明らかに異なる場合は簡単に表裏の判別がつきます。 しかし同じ柄のとも生地で作られた羽毛布団の場合は、表裏の区別が付かない場合がございます。 ほとんどの場合は、角にメーカーのロゴが縫い付けられている面が裏面(肌に触れる面)です。 1層立体構造の羽毛布団の場合は表裏を気にしなくても良いものもありますが、 マチ布の仕立て方によっては正しく使わないと保温力に違いが出る羽毛布団もあります。生地幅が僅かに違うものもあるようです。

羽毛布団の表裏でマス目の数に違いが

 2層3層構造の羽毛布団のにおける表裏の区別の仕方は、マス目の数によって区別する方法がございます。 通常はフィット性を高めるために、裏面(下層)の方がマス目の形状が小さく数も当然多くなっています。

カバーの表裏はファスナーで区別

 カバーを掛けた後は、どちらが上か判らない場合は、カバーの側端部にあるファスナー部分をご覧下さい。 カバーが正しく掛けられている場合は、側端のファスナーを被うよう側生地を縫製していると思います。 ファスナーが隠れるようになる方が上の表面と言うことになります。

ページトップへ▲