ポーランド産とハンガリー産羽毛の品質

ポーランド産とハンガリー産羽毛の人気の理由

 羽毛布団の中身の羽毛(ダウン)の産地として有名なのが、北欧産の中でもポーランドとハンガリーです。 このふたつの国は、国策事業としてダウンの品種改良に努めてきた歴史と、水鳥を飼育するのに適した自然環境に恵まれているため、 品質の良いダウンを産出することができています。

ポーランド産とハンガリー産ダウンの輸入量(原毛グース、ダック)

 ポーランドからのグース、ダックの原毛ダウンの輸入量は、全輸入量の1~2%程度です。 ハンガリーからの輸入量は、総輸入量の5~6%程度です。 輸入量には、寝具以外の業界、例えばアパレル関係に使用されるものも含まれているので単純に割合を判断できませんが、 市場にあるポーランド産やハンガリー産ダウンを充填したと表示している羽毛布団の割合は、輸入量と比べて多いのではと感じています。

ポーランド産とハンガリー産の区別

 産地ごとの違いについて説明をする前に、日本羽毛製品協同組合(日羽協)がこれまでに行ってきた「羽毛布団の試買テスト」について簡単に説明を致します。 ランクを別けて数十点を購入し公的機関で検査を行ったところ、単純計算で3枚に1枚が偽装している結果が出ています。

ポーランド産?ハンガリー産?トレーサビリティ管理?

 グースダウンとダックダウンの区別はつけられますが、ポーランド産かハンガリー産かの区別はつけられません。 更に言えば、ハンガリー産かロシア産なのかも区別はできません。 トレーサビリティ管理がされた産地証明のラベル等をつけたものもございますが、偽装するメーカーにおいては、そのようなラベル自体を偽装することも可能性としては排除できません。 日羽協の「試買テスト」においても、過去に偽装を指摘されたメーカーが今回も偽装をしていたとの事例もあったと聞いています。 産地の証明に関して言うならば、ダウンを充填したメーカーあるいはそのメーカーに納入した業者のモラルを信じるしか無いのが現状です。 羽毛布団の選び方のページでもご案内致しましたが、ふとんを購入する際にメーカーの品質管理に対する姿勢が解ればと思います。

 ポーランド産とハンガリー産のダウンにおいて、グースとダックの比率はちがうようです。ポーランドがグースが多く飼育しているようです。逆にハンガリーはダックの飼育ウエイトが高いようです。 近隣諸国の食文化の違いも影響していると考えられます。

ダウンの産地よりもメーカーの信頼度

 ポーランド産とハンガリー産は、素晴らしい品質でありパワーも感じます。ただし、信頼できるメーカーの羽毛布団においては確かにパワーを感じると言いかえます。 消費者の方が羽毛布団を買う際に、「メーカーの品質管理に対する姿勢が如何に重要か」と説明を致しましたが、 この説明は寝具店にとっても同じことが言えます。寝具店が仕入れる際にも「メーカーの品質管理に対する姿勢が如何に重要」と言うことです。 羽毛布団の製造工程において充填したダウンの品質を知っているのはメーカーなのです。

 ポーランド産とハンガリー産ダウンを充填した羽毛布団において、品質と充填量が同じならば、 1層か2層かの内部構造が違っても、ケースから出して圧縮されていたダウンをほぐしてやれば、メーカーが異なっても同じようなボリュームを感じられるはずです。

 しかし、信頼できないメーカーの羽毛布団の場合は、同じ条件のダウンでもパワー不足を感じてしまいます。 日々、マザーグースクラスのダウンに接していると、ひろげて端をもって振りダウンを解すとボリュームの出方で解ります。 ポーランド産、ハンガリー産のダウンを充填した羽毛布団が素晴らしいのは事実ですが、やはり信頼できるメーカーの製品であることが条件であると思います。

ポーランド産やハンガリー産ダウンなら全て上質?

 結論から言えば、ポーランド産とハンガリー産ダウンは素晴らしい品質のものがあります。しかし、品質のランクに幅がある事も忘れないで下さい。 はじめに申しましたが、ポーランドやハンガリーは、国策事業としてダウンの品種改良に努めてきた歴史があります。当然上質のダウンを供給できる農場があるわけです。 品質面ではダウンパワー値が400cm3/g以上のグースダウン、できれば430cm3/g以上のマザーグースダウンは上質です。 あまりお勧めできないクラスのものも有ると言うことです。

 ただし、くどいようですが信頼できるメーカーの品質表示が付いているという条件が必要です。  羽毛布団の中味を最後に確認出来るのは、ダウンを側生地に入れたメーカーの職人です。 トレーサビリティ管理がされた産地証明のラベル、あるいは品質証明書の添付がなくても、 羽毛布団の側生地にダウンの吹き込み作業をしている熟練した職人の目にかかれば、良し悪しは判断できると思います。 信頼できるメーカーにおいては、納入されたダウンを自社の工場にて品質検査を当然しています。

また、羽毛布団を扱っている店ならラベルがなくとも、羽毛布団をケースから出して少し振り拡げれば、側生地越しにですがダウンの品質はおおよそ判ると思います。 寝具店において、入荷商品をサンプル的にでも検品していると、ボリュームの出方で品質の良し悪しは判断できると思います。ただし推測の域を超えることはできません。

ページトップへ▲

おすすめ品

12個リストアップ