ダウン減少で羽毛布団の価格変動

 2013年秋には、羽毛布団の価格は前年対比150%から200%に値上がり致します。 このことは2013年3月にお伝えしていましたが、もしかしたらお伝えした以上に羽毛布団の価格は値上がりするかもしれません。

羽毛布団の価格高騰2013年

 2012年秋からマザーグースを含めグースダウンの入荷の遅れで、羽毛布団の入荷が遅れに遅れて、ある製品においては11月に在庫切れを起こしました。 2013年1月になれば、入荷遅れの問題は解消するだろうと考えていましたが、2013年3月になっても依然として入荷遅れの問題は解消されませんでした。 なぜ入荷が遅れるのか?メーカーに問い合わせたところ中国での鳥インフルエンザが発生したため、 中国産のダックダウンの生産量の激減により、グースダウンにも影響が出ているとのことでした。

 中国産ダウンは主にダックダウンなのに、なぜグースダウンまでが値上がりするのか?便乗値上げでは?。 ダウンは寝具以外にもアパレル産業に大量に消費されているダックダウンの減少のため、その不足分を北欧産グースダウンで代用するためであろうと思います。 2013年6月1日朝日新聞大阪版の夕刊の記事にも同様のことが書かれていました。

 以下は朝日新聞の記事より「中国での鳥インフルエンザの発生により、当局による家禽の処分命令により、中国のダウン生産量が前年の3割程度まで減少により、 ダウンは1kg57-58ドルであったものが87-88ドルになった」以上

羽毛布団の価格高騰に為替レート変動がプラス2013年

 原毛ダウンの価格は、2010年頃より値上がり傾向でありましたが、これまでも一時的にマザーグースが不足するなどの現象はありましたが、これだけ長期に不足することありませんでした。 ここまで値上がるとは想像していませんでした。 為替による値上がり分(2012年1ドル80円台/2013年1ドル100円)を考慮すると、日本国内での羽毛布団の価格はどこまで値上がりするのでしょうか。

 原毛ダウンが不足するとどうなるのか?当然のことですが羽毛布団の価格は上がります。 しかし、市場では「据え置き価格」などと称して価格を上げていない場合などがあります。 どのようにすれば価格を、据え置けるのか寝具店でも不思議に感じます。 まず浮かんで来る文字は「偽装問題」グースダウンと称してダックダウンを混入しているケースです。 羽毛布団を購入する場合は、メーカー名の確認が必要と思います。信頼できるメーカーを選ぶのが安心だと思います。 あるいは信頼できる販売店のすすめる製品が安心できます。

2014年の羽毛布団の価格については原毛ダウンの高騰2014 2014年の価格高騰より


ページトップへ▲


Copyright(c)2013-2016 野口寝具店 Allrights reserved.