羽毛布団の側生地

 羽毛布団の側生地には、シルク、化学繊維、綿などの素材別による特徴と各素材の品質ランクによる違いがございます。また織り方による違いもございます。 側生地素材にダウンプルーフ加工の有無による通気性・肌触りの違いもございます。

羽毛布団の側生地の素材

 羽毛布団の側生地の素材には、シルク、超長綿、長綿、合繊などがあります。 シルクは、側生地の中でも光沢があり柔らかで心地良く、吸湿発散性に優れているため高級羽毛布団に使用されています。ただ耐久性の点でやや劣ります。

 羽毛布団の側生地の素材の主流は超長綿です。この超長綿にもランクがあります。生地に織る糸の種類(単糸、交撚糸、双糸)と品質の違いにより差がでます。 糸の番手60~100番単糸の違いとか、交撚糸、更に格上の200双糸・300双糸などが有ります。 超長綿の場合は、60番糸の超長綿でも支障は無いと思いますが、やはり上質の超長綿は、柔らかく体にフィットして、保温性にも優れ素晴らしい寝心地です。 100単糸の超長綿になるとシルクとまでは言えませんがとても柔らかです。 糸番手が大きくなると生地は薄く柔らかくなり結果として軽くてフィット性が良くなります。ただし少し耐久性は下がります。

 従来からあるポリエステルと綿の合繊で、コストと側生地の重さを軽く(側生地が軽いとパワー不足の羽毛でもボリュームが出る)するために、 ポリエステル繊維の比率を多くした合繊の側生地もございます。しかしポリエステル繊維の比率が多くなると吸湿性が下がるためどうしても蒸れやすくなってしまいます。 ところが、最近注目度がアップしている合繊の側生地がございます。蓄熱機能を持った化学繊維とか、 吸湿性があり柔らかなさを持ったテンセル(商標名:テンセル 素材名:リヨセル)などの化学繊維との合成繊維の側生地で作られた羽毛布団がございます。 特に「テンセル」は、木質系の繊維であり地球環境にも優しく、柔らかく吸湿・発散・耐久性に優れ魅力的な素材です。

糸番手と素材のランク

 どのような素材にもランクがございます。とくにシルク、綿などの天然素材においては生地に織られる前の段階、糸に紡ぐ段階において素材のランクがあります。 また、国内生産の生地か輸入品なのかによっても異なります。一例ですが、輸入品の80番超長綿と国産の60番超長綿では大きな違いが感じられない場合もあります。 糸に紡がれる前の段階において、例えばシルクであれば蚕、綿であれば綿花の種類とランクがございます。

日本製ふとん生地

 羽毛布団に使われている生地は、海外で製造染色された海外製の生地と日本国内で製造・染色加工をした日本製生地がございます。 染色する前の段階の生地を生機(きばた)と言いますが、日本製生地も生機は海外で製造したものも含まれます。 これは日本の繊維メーカーの製造拠点がグローバル化していることと関係があります。 日本製生地は、日本の品質管理に適合した生地なので品質的に優れています。 この違いは羽毛布団のような耐久消費財にとっては重要なことと思います。

側生地の織り方

 羽毛布団の側生地の織り方は「平織り」「ツイル」「サテン」などがございます。 3種類の織り方の中でもサテンが主流になっています。耐久性を重視する場合にはツイル織りの生地を使う場合もございます。 これまでは「5040(50番手40番手の糸)ツイル」の生地を多く見かけましたが、最近は100番手の糸を使用したものも見かけます。 平織りは耐久性に優れていますが、生地の硬さの点から国内産の製品は少ないです。平織りの側生地は、ほとんど見かけなくなりました。 軽さと通気性などの点から採用されているようです。

羽毛布団の側生地とダウンプルーフ加工

 現在羽毛布団の大手のメーカーでは、ほとんどの羽毛布団の側生地にはダウンプルーフ加工がされていると思います。ダウンの吹き出しを抑えるためにしています。 生地の通気性の点からはしない方が望ましいことは、メーカーの商品開発者は解っています。 ダウンの系統をリンケージダウン(アイダーダックのような絡み合うダウン)にして、極細繊維の側生地を使用すると可能なのかもしれませんがコストが問題になってきます。 あるいは、側生地の織り方を平織りにする方法もございますが、ゴアゴア感と音が問題になってきます。 しかしダウンの吹き出しの問題を考えると、どうしてもダウンプルーフ加工は避けられないのが現状のようです。

 消費者の羽毛布団に対する認識が、ダウンの吹き出しは多少仕方ないものだと言うようになれば、 側生地の織り方と素材のランクを組み合わせることにより、ダウンプルーフ加工をしていない側生地の羽毛布団が主流になるかもしれません。 現在はノンダンプ生地は高密度で織られたものが主流です。

 羽毛布団の側生地で、通気性とダウンの吹き出しの問題とゴアゴア感の問題を解決できそうなゴアラミネート技術がございますが、耐久性の点でどの程度なのか心配・・・・。


ページトップへ▲

おすすめ品

12個リストアップ