新品羽毛布団を開封時の注意

 羽毛布団を購入したら早速開封をして見たいものです。まずダンボール箱の開封時は刃物の使用にはご注意下さい。商品を傷つける恐れがございます。 布団の生地がファスナーに咬み込まないように、羽毛布団が納められたケースのファスナーを丁寧に開けて下さい。 取り出した後ケースは処分せずに大切に保管して下さい。オフシーズンに収納ケースとして必要になります。

羽毛布団のたたみ方

 羽毛布団をケースから出したらすぐに拡げずに、どのようにたたまれているかを調べて下さい。オフシーズンにはそのケースに収納することができます。 多くの羽毛布団は長さ方向に三つ折りにした後、細長くなったら短くコンパクトになるように三つ折りしています。 詳しくは羽毛布団のたたみ方のページをご覧下さい。 端からロールケーキ風にぐるぐると巻きコンパクトにして収納ケースに入れて保管できます。

 収納ケースの形によりたたみ方も異なります。 長さ方向に二つ折りにした後、襟元か足下の辺を持ち平仮名「の」字の様にロールケーキ風にぐるぐると巻いて下さい。 コンパクトに収納するためには、羽毛布団のケースは捨てずにお取り置き下さい。オフシーズンには収納ケースとして利用できます。

 羽毛布団が収納されていたケースを処分すると再度購入する事になります。 その際に注意して頂きたい事は、 コンパクトに収納するために羽毛布団をふとん圧縮袋に入れて圧縮することです。 長期間収納するときは圧縮袋ではなく羽毛布団ケースでの保管をお勧めします。

使い始めの羽毛布団のふくらまし方

 羽毛布団は、コンパクトなケースに入っています。ケースから出しても自動車のエアバッグの様に急激にふくらみません。 ケースから出した後、羽毛布団はゆっくりと空気を吸い込みふくらんでいきます。 羽毛布団の側端をもち振るとより早くふくらみます。布団は大きいので周辺に注意をして下さい。室内犬などペットにもご注意ください。 側生地越しに圧縮されて塊になった羽毛を手でほぐすことで早くふくらみます。

 羽毛布団の端を持ち振るとふくらみますが、一粒一粒のダウンが離れた状態になっただけです。 個々のダウンボールにおいて縮んでいた枝羽を伸ばした状態になってはいません。ダウンボールはジャンケンのグーのような状態です。 使い始めて2日~3日程度で、ケースの中で圧縮されていたダウンが本来の状態にほぼ復元致します。 ジャンケンで言うならば、グーからチョキにそしてパーになっていくように枝羽をひろげていきます。(完全に復元するまでにはご使用頂いて10日程度必要かと思います。) 羽毛布団は、カバーを掛けてお使い下さい。汚れると家庭での洗濯はお勧めできません。クリーニングにだすとダウンの劣化につながります。 カバーを掛けた状態で足下の両角を持ち、羽毛布団を振ってやるとダウンが各マス目内で均等になり快適にお使い頂けます。(布団は大きいので周辺に注意をして下さい。)

羽毛布団の臭い

 全ての羽毛布団は全くの無臭ではありません。 新品の羽毛布団をケースから出したときに、臭いに特に敏感な方とか調香師レベルの方には、僅かに羽毛、生地、染料の臭いはございます。 価格の安い高いに関係なく新品時特有の僅かな臭いはございます。 当店の扱っている羽毛布団は、通常ご使用するうえで気になることはございません!!。

 鳥の強烈な獣臭の原因物質は、未熟な鳥から採取されたダウンの核の内部に多く含まれています。 具体的には食肉用の未成熟ダックから採取されたダウンに多く発生している問題です。 羽毛布団の臭い、原因と対策のテーマで別途ページを設けましたのでご覧下さい。

夏季の羽毛布団の購入

 夏季の高温多湿によりダウンに僅かに残されている油脂分が臭うことがございます。 夏季に羽毛布団を購入された場合は、輸送時にケース内で蒸し込まれた状態になりやすく少しダウンの臭いがする場合がございます。 羽毛布団が届いたら、ケースから出してエアコンなどで湿気と熱を取り除くことで解決致しますのでご安心下さい。 (犬猫ペットを近づけないようご注意下さい。また、羽毛布団のたたみ方も調べながらひろげて下さい。) この臭いは時間とともに薄れていきますのでご安心ください。 オフシーズンの羽毛布団収納ケースは新品時のケースです。処分せずにお取り置き下さい。

ケースの代用品

 収納ケースがない場合は、通気性のあるシーツ等の広い布で羽毛布団を包む方法もございます。圧縮袋、ビニール袋などの通気性のないケースはお勧めできません。 ダウンは温度と湿度に反応しているため、収納時は通気性のある不織布とか通気口のあるケースに入れて乾燥した所で保管下さい。

 羽毛布団ケースを無くして、新たに購入される場合にも通気性のあることを確認して布団のサイズに合った大きさのケース選んで下さい。 サイズの点ではある程度の大きさまではマルチ対応できるタイプの収納ケースもございます。

ページトップへ▲

おすすめ品

12個リストアップ