羽毛布団のサイズもう少し長ければ?広ければ

 羽毛布団のサイズは、シングルロングSL(150cm×210cm)ダブルロングDL(190cm×210cm)クイーンロングQL(210cm×210cm)キングロングKL(230cm×210cm)などが一般的です。 しかし、高身長の方もいれば太い方もいます。その方たちにとっては一般的な既製のサイズの寝具ではリラックスできないと思います。

竹輪ふとんはリラックスできない

 身長が180㎝の人が寝るとしたら、どれくらいの長さのふとんが必要でしょうか? 頭はふとんから出るとしても、肩口と足下にも少しは余裕が必要になります。 更に足のサイズ(仮に28㎝)は少なくともプラスする必要がございます。 180㎝から頭の長(仮に23㎝)さを引いて、体の厚みの長さ(20cm)と足の長さ(足の甲の長さと足の裏の長さの合計を仮に40㎝)を足すと217㎝になります。 長さが210㎝の布団では頭と足が出た状態になります。食品の竹輪の様な状態です。 この状態では膝を曲げた状態でないと寒くて眠れません。疲れが十分に取れない状態です。 シングルロングロングSLL(150cm×230cm)のサイズの羽毛布団がございます。 高身長の方にはロングロングサイズの羽毛布団がお勧めです。

太い方にはワンサイズアップがお勧め

 羽毛布団の良さは軽くて暖かいことですが、暖かさはダウンの保温力によるところが大きいのですが、体に優しくフィットすることで熱を逃がさないことも理由のひとつになっています。 フィット性がよいことは基本的に良いことですが、太い方が寝返りをうったとしたら、体にフィットした状態で布団も移動するため、隙間ができて背中が寒い場合がございます。 このような場合は、シングルならダブルサイズにされることをお勧めしています。 セミダブルという意見もございますが、セミダブルサイズの羽毛布団は基本的に受注生産の場合が多く、価格的にダブルサイズが安い場合が多いと思います。 ダブルサイズの場合はクイーンサイズまたはキングサイズにサイズアップされることをお勧めしています。 太い方にはサイズアップの羽毛布団がお勧めです。

羽毛布団はダブルDLよりクイーンQL

 お二人でゆっくりお休みになりたいなら、ダブルロングよりクイーンロングサイズの羽毛布団をお勧め致します。 DLとQLの差は20㎝しかございません。お二人に10㎝づつの余裕をもたせただけでリラックス感はかなり違ってきます。 寝返りをうったときとか、お二人の肩と肩の隙間をゆったりと埋めることで暖かさが違ってきます。

羽毛布団はクイーンQLよりクイーンQLL

 体格の良い方とお二人でゆっくりお休みになりたいなら、クイーンロングよりクイーンロングロングサイズの羽毛布団をお勧め致します。  QLとQLLのサイズ差は20㎝あります。お二人の内どちらかでも身長が高い場合にはお勧めです。 ダブルロングでも良いと思われるかもしれませんが、多くの場合に年齢と共に太る傾向がございます。 あるいはお子様と3人でということもございます。

サイズアップをお勧めする理由

 羽毛布団は寝ている間に寝返りなどでふくらみを増し、ふくらんだ分少し長さが短くなる傾向がございます。 寝る前に羽毛布団の足下の辺をもって振ってやると元の大きさに戻ります。 また、人ごとではありませんが、多くの場合に年齢と共に太る傾向がございます。 そのため少し余裕をもったサイズの羽毛布団を購入されることをお勧め致します。

 以前にキングロングロングサイズの羽毛布団についてお問い合わせを頂きました。 大きさがこたつふとんの長方形より大きくなり、メーカーに問い合わせてみましたが、納期と金額において明らかに別注サイズの羽毛布団だと感じられる回答でした。

 サイズが広い長い羽毛布団にもカバーは必要です。お勧めはカバーも同時に購入された方が後々便利です。 シングルサイズより広いサイズのカバーの場合は、一般的にハギを足して作られていますが、 クイーンサイズまでなら、1枚ものの広幅生地で作られた羽毛布団用カバーもございます。

ページトップへ▲

おすすめ品

10個リストアップ