羽毛布団のお手入れ干し方

羽毛布団の干し方

 羽毛布団のお手入れ干し方についての質問が多く寄せられます。質問の1つに、干すときはどうするのか・・・? 布団に付いている説明書の多くは、午前10時から、午後3時ぐらいの間に3時間程度、日陰で、乾燥して、 風通しのよいところに干して、途中裏返して下さい。と言う内容が記されています。

 マンションに、お住まいのお客様より「日陰はなくベランダ以外に干すところがないのですが・・・」とのご質問を受けます。 その時は、「布製のカバーなどをかけた状態で、3時間程度 風に飛ばされないようにして、途中裏返して両面を、お日様に干して下さい。それと、たたかないように」と答えています。

ベランダでなくても、室内でも適当に風が通れば、ふとんを広げて両面を乾燥出来れば十分です。 (ペットには注意が必要です。噛みつく恐れがあります。)

 カバーなどの布でおおうように、干すことで、直射日光による側生地、ダウンの劣化を、やわらげることができます。 側生地の劣化とは、長期間、直射日光をあてたカーテン生地が、破けやすくなる状態に似ています。 日陰で干せない場合は、布またはカバーで被い、お日様に干すしかないと思います。回数は2~3週間に1回程度で良いと思います。 側生地がシルク(絹)は、長時間、直射日光にさらすと黄変します。

 しかし布などで被ったとしても、真夏に瓦屋根の上に干されることはお勧めできません。 瓦屋根の熱でダウンが苦しんでいることでしょう。高温にさらすと、ダウンボールが割れやすくなり、ダウンボールが割れると保温力が低下します。

 羽毛布団のカバーをはずすと、マス目状の縫い目の所にホコリが溜まっている場合があります。 羽毛布団のホコリを取るために掃除機の使用はお勧めできません。使用される場合はノズルに注意して下さい。 大半の羽毛布団の生地は、ダウンが吹き出さないように加工がされています。掃除機はホコリを吸い込むのと同時に、側生地内部の空気を外側から吸い出しています。 ブラシが回転するタイプのノズルは使用しないで下さい。縫い目の糸を切る可能性もあります。羽毛布団の縫い目のホコリは、乾いたタオルで拭うと簡単に取れます。

コンパクトに収納

 羽毛布団の収納は、十分に乾燥させてカバーをはずし汚れを確認して (汚れがひどい場合はクリーニングが必要ですが、ダウンの劣化は避けられません。カバー交換をまめにしてください。)、 縫い目にたまったホコリなどを取り除き、熱気が冷めたことを確認して、購入時に納められていたケースのファスナーを開けた状態か、 収納ケースがない場合はシーツなどの広い布を拡げてた状態にして下さい。たたんでからケースのファスナーを開けようとすると、せっかく小さくたたんだ羽毛布団が拡がってしまいます。

 羽毛布団の収納ケースは、購入時に納められていたケースを利用することができますが、収納ケースを無くしてしまった場合は市販の収納ケースがあります。 ネット等で「羽毛布団 収納 ケース」等のキーワードで検索すればヒットします。お勧めは通気性のある不織布で作られた収納ケースです。不織布以外では通気口が複数付いたものが有ります。 シングルロングサイズの羽毛布団の場合は、縦横高さの長さの合計が150センチから160センチもあれば十分です。 収納前には干して十分に乾燥させて、熱気を冷ましてからたたみ収納保管して下さい。

 羽毛布団を収納する際のたたみ方は、収納ケースの形により異なりますが、 シングルサイズの場合は、長さ方向に3つ折り(ダブルサイズは4つ折り)に細長くたたんで、両サイドから3分の1のところで内側にたたみ込むとコンパクトにたためます。 あるいはシングルサイズの場合、細長く半分に折り、片方からロールケーキの様に、くるくると巻いていく方法もあります。 収納は、購入時に羽毛布団が入っていたケースに入れるか、通気性のある布などで包み湿気ない乾燥したところに保管下さい。 防虫剤の使用は、生地によっては変色する恐れもあるので、ティッシュペーパーなどで包み側生地に直接触れないようにして下さい。 できるだけ臭いの少ないタイプがお勧めです。防虫剤の使用は取扱説明書に従って下さい。
羽毛布団のたたみ方としてイメージ図入りにて紹介しています。

 羽毛布団の収納場所は押し入れが多いと思いますが、光が当たらない乾燥した状態で保管して下さい。押入れの湿気が心配な場合は、押入の床とか壁にスノコを置くのも良いでしょう。 収納ケースは透明のビニール窓が付いたタイプのものがあります。長時間光が当たるとこの窓の部分の羽毛布団の生地が変色する恐れがございます。押し入れ等に収納できない場合は、光が当たらないように収納ケースごと厚い布等で被って下さい。 羽毛布団の収納は圧縮袋やビニール袋などの通気性のないものに入れないで下さい。 また、羽毛布団の圧縮袋での保管は、圧縮し過ぎるとフェザーの軸が側生地を突き刺し穴をあける可能性もあるためお勧めできません。

ページトップへ▲

おすすめ品

6個リストアップ


Copyright(c)2000-2016 野口寝具店 Allrights reserved.