羽毛布団のダウンパワー

 羽毛布団のランク付けする際に、基本的には、ダウン、側生地、内部キルト(構造)の良し悪しが基準にされています。 あくまで品質表示通りであることが前提になります。今回はこのうちの羽毛の品質を表すダウンパワーについて説明を致します。 以前は、「かさ高値」として評価値を表していましたが、かさ高値が布団の厚みして混同されることがあり、ダウンパワーの国際的標準値に変更になりました。

ダウンパワーとは

ダウンパワー測定 かさ高性
350cm3/g廉価品~380cm3/g中級品~410cm3/g高級品~430cm3/g最高級~です。
JIS(日本工業規格)で定めた試験の値です。(cm3/gは、以下dpと記載します。) ダウン30グラムを内径29センチの円筒に自然落下させて94.3グラムの円盤をのせて加重、2分後の底から円盤までの高さを計測してダウン1g当たりの容積を表したものです。

メーカーの格差

 ダウンは大きな袋に詰められて入荷致します。メーカーは入荷されたダウンの品質をダウン率、ダウンパワー値のサンプリング検査を複数回行います。 検査した品質評価値を、検査値の平均値なのか最低値にするのかにより、製品化されたときの羽毛布団の品質に違いがでます。 ただ問題なのは、納入業者のダウンパワー値等の添付書類を信頼して納入されたダウンの品質検査をしないメーカーもあるように聞いたことがあります。 不安にさせましたが、十分に信頼できるメーカーにおいてはサンプリング検査は通常は行われています。ご安心下さい。

羽毛布団のダウンパワーの最高値

 羽毛布団のダウンパワーの最高値をタイトルに致しましたが、当店は、ダウンパワーの最高値はあまり大切なこととは考えていません。 実用性から考えると440dpが最高値と言っても問題はないと思います。ただ、極上の軽さをと暖かさ、「寝心地」を追求するときは、究極のダウンパワー値が気になります。

 最高のダウンパワー値は470dp~490dp位ではないかと思います。以前のかさ高値であれば200mmというのがあるように聞いたことがございます。

高ダウンパワー値の製造方法とは

 特別に高品質のダウンが採取できる鳥の種があるわけではありません。上質のマザーグースから手選別により一粒一粒大きなものをよりだし、更に選別を重ねてダウンパワー値を上げていきます。 機械で選別は不可能な領域であり、全て人海戦術によるものです。マザーグースと言うだけでも高額なのに、更に人海戦術による手選別となると高いのも理解できます。

 ダウン率も当然の結果として高くなります。上質のマザーグースから一粒一粒手選別にてより抜かれたものなので、100%と言っても過言ではない状態と言えます。 もちろんダウンボールが割れた枝羽の様なものは含まれていません。これが正真正銘の「ダウン」と言えるものだと思います。 ダウンパワー値の高い羽毛を充填することで、軽くて暖かい羽毛布団に仕上がります。いつの日かこのようなフカフカの寝心地を味わってみたいものです。

高ダウンパワー値を活かすには

高ダウンパワー値を活かすには、やはり側生地もこだわりたいものです。当店がこのような高ダウンパワー値の羽毛布団を作るなら、 側生地は100単糸もしくは200双糸以上もしくは本命の「精紡交撚糸」柔らかな超長綿の生地を使いたいと思います。 内部構造は1層構造でフィット性に優れたキルト構造を採用したいと思います。充填量はシングルロングサイズで1.0kgで十分だと思います。 それ以上は入れない方がフィット性にも優れ暖かいと考えます。

 羽毛布団の選び方のページにて、羽毛、側生地、内部の構造のランクについて詳細な説明をしています。ご覧頂ければ幸いです。

ページトップへ▲

おすすめ品

12個リストアップ