羽毛布団の作り方の疑問

 羽毛布団の作り方、製造工程はどのようなものか。中央部のマス目に羽毛(ダウン)をどのようにして入れたのか不思議に思います。 店主もこの仕事に就いた当初(1990年)は不思議に思いました。作り方、製造工程が解れば価格差ができる訳も理解できる様になりました。

羽毛布団の作り方側生地製造

側生地の作り方製造工程

羽毛布団の内部構造  羽毛布団の作り方は、内部が見える断面イメージ図をご覧頂くことでご理解しやすくなると思います。 断面図は、一般的なシングルサイズの立体キルトと呼ばれている構造のものです。マス目の数は横方向に4マス、縦方向に5マスのパターンのです。 まず側生地の縫製工程において、ダウンの吹き込み口を残し格子状に仕切られた状態まで仕上げます。

 上記のイメージ図の垂直方向の布を「マチ布」といい、表生地と裏生地の間に存在して各ブロックを仕切っています。 このマチ布は、イメージ図では縦方向のものしかありませんが、格子状になるように縦方向と横方向の両方に存在します。 このマチ布には、ダウンを吹き込む管を通す通路(図の「=」の部分であるトンネル)が用意されています。 この通路は、仕様により横方向か縦方向かどちらか一方向に付けられています。側生地の作り方は、まずは格子状に仕切るマチ布の部分を縫製して、 このマチ布を表生地と裏生地に縫合していきます。側生地は、ダウンの吹き込み口を残し完成品とほぼ同じ状態まで縫製されます。

羽毛布団のダウンの吹き込み方法

側生地にダウンを吹き込むイメージ

 この通路に管を挿入してその管を通りダウンを各ブロックに吹き込みます。イメージは家庭用の掃除機の逆です。 掃除機は管の先端からゴミを吸い込みますが、ダウンの吹き込みは、掃除機の管の様なものを側生地に用意された吹き込み口から通して、反対側のブロック内まで管の先端を入れます。 そしてダウンをその管からブロック内に定量吹き込みます。そのブロックが終わると手前のブロックにも同様の作業を行います。イメージ図では4回同じ作業をする事になります。 横方向に4マス、縦方向に5マスの場合には、縦方向に5回同じ作業を行い吹き込み口を縫合すれば完成です。下記の真ん中の図をご覧下さい。

羽毛布団の作り方

 下記の真ん中の図は、マス目1から順にマス目2、マス目3へとダウンを吹き込む様子をイメージしたものです。トンネル状の通路はダウンが充填されると閉じる仕組みになっています。

側生地内部構造 ダウンを側生地に吹き込む 完成品

中央のマス目へのダウンの入れ方

 上記の説明で羽毛布団の中央部のマス目にダウンをどのようにして入れたかの謎が解けたと思います。 マス目の数が多くなるにつれ、側生地を縫製する行程も増えます。 また、ダウンの吹き込み作業工程も増えるため、どうしても価格は高くなります。

羽毛布団の作り方は、ダウンの吹き込み口を空けた状態まで側生地を縫製して、吹き込み口から各マス目にダウン充填して、吹き込み口を縫合して完成します。 簡単に言うことはできますが、各製造工程は精度が要求されます。製造工程数と精度並びに各素材の品質レベルにより価格差ができます。

2層構造の羽毛布団の作り方

2層構造の断面イメージ

2層式の内部構造

 2層構造の羽毛布団のイメージ図をご覧下さい。1層立体構造ではブロックとブロックの境目の部分、別の言い方をすればマチ布のところは「凹状」になり厚みが薄くなっています。 2層構造では、表面の凹状の部分の位置と裏面の凹状の部分の位置をずらすことで、羽毛布団の厚みを平均化ができ安定した保温力を持つことが出来るようになっています。

 2層構造の羽毛布団の作り方は、1層構造の作り方と基本的に同じです。上層と下層において1層構造の作業を別々に行うだけです。 ただしマス目の数が多くなる分は製造コストは高くなり、結果として販売価格も高くなります。

羽毛布団の作り方と価格

 羽毛布団の作り方の基本をご案内致しましたが、マス目の数が多くなることは、それだけ縫合作業も多くなります。 ダウンの吹き込み作業も増えるため、製造工程が多くなると製造コストは高くなります。 また、上記の例では、ダウンを吹き込む管を通す管も簡単に書いていますが、更に複雑な形状のものもございます。 内部構造が複雑になると製造工程が増え熟練した職人さんの技が必要になり、結果的にコストが高くなります。

 羽毛布団の作り方には、まず側生地にダウンを吹き込み、そのダウンをブロックごとに手作業で区分けしてから、仕切る部分を縫合する様な製造方法もございます。 熟練した職人にしかできない「技」と言うべき技術が必要な作り方もございます。

羽毛布団の価格の違い

 羽毛布団の価格の違いは、内部構造の違いによるものもありますが、側生地の素材とランクの違いにより価格差が生まれます。 また、ダウンの鳥の種類ダックかグースの違いとか、ダウンの品質基準を表すダウン率、ダウンパワーの違いによっても価格はかわります。

 羽毛布団を作るためには、側生地の素材と品質により寝心地感が変わります。また重さにも違いが出ます。生地の重さはボリュームの違いにもでます。またダウンパワーの違いにより充填量が異なります。 基本的にダウンパワーの低いものは、量で補うようになりますが、量を多く充填すると総重量が重くなります。内部構造、ダウン、側生地の品質がバランスが取れたものが理想的です。

 価格差については、羽毛布団の価格の謎のサイトにて説明を致しました。 上記の製造工程の違いだけでなく、原材料の品質以外にも価格差が生まれる訳を説明致しました。

ページトップへ▲

おすすめ品

12個リストアップ