工場直売アウトレット羽毛布団、製造直売はお買い得

 工場直売の羽毛布団とは、まさしくアウトレットに他ならないわけですが、工場直売のアウトレット品は、はたしてお買い得なのでしょうか。 何となく「工場直売」とか「工場直売」との響きは魅力を感じるのも事実です。直売は流通の中間マージンをカットできる分は魅力的です。 しかし、工場直売のアウトレット羽毛布団はお買い得品なのか?ただ安価なだけと言うだけではお買い得とは言えません。

羽毛布団が工場直売されるまでの工程、直売システムとは

 羽毛布団の製造は、側生地素材の選定から始まります。羽毛布団の側生地を生地屋から購入します。その際に日本製か外国製かが問題です。 外国製にも高級品はありますが、基本的に安価な生地が多いと思います。

 側生地が決まれば、格子状にブロックを作るように仕立てます。この工程も日本で行う場合と国外で行う場合がございます。国産生地の場合は国内の可能性が大きいと思います。 外国製の場合は外国で仕立て日本に輸入される場合が多いと思います。最終の仕立て工程が日本国内の場合はどちらも日本製です。 ほぼ外国性の工場直売のアウトレット羽毛布団もあるかもしれません。

 日本国内で使用されている羽毛(ダウン)は、100%輸入品と言ってもよいと思います。 側生地においては、製造されている国内外の割合を見てみると、かなりの割合で海外で製造されていると思います。 ダウンを吹き込む直前まで縫製された側生地は、3ヶ所から4ヶ所程度側端部にダウンの吹き込み口が開いています。 更に各ブロック間はホースを通す通路があり、吹き込み口から各ブロックごとにホースを入れて吹き込みます。 多くの羽毛布団が縫製工程までを海外で行われ、ダウンの吹き込みを日本国内で行い、吹き込み口を縫合して完成です。 この吹き込み作業が日本国内で行われた製品は日本製として流通します。

 しかし、完成品に近い状態まで海外で製造して、最後に品質表示票を日本国内で縫合すれば日本製という話も・・・。 このように製造された工場直売のアウトレット羽毛布団も、お買い得感満載に受けとめられがちです。 このケースも工場直売アウトレットの一例です。

工場直売の羽毛布団の品質

 羽毛布団の品質の見分け方は、羽毛布団の選び方。品質表示票の行間を読むサイトにてご案内をしていますが、 現物を見ると側生地の品質は確かめることができますが、羽毛布団の品質を基本的に決めるのは見えない中味のダウンの品質です。

 中味のダウンは100%輸入品と申し上げましたが、そのダウンが採取されてから、消費者の方に製品として届くまでの流れをご案内いたします。

ダウンが羽毛布団として消費者の方に届くまで

 下の表はダウンが農場で採取され製品になり、お客様に届くまでの過程です。

北欧など各国にある水鳥の飼育農場。全輸入量の80%はアジア産

集荷過程

各農場からダウンを集める協会・組織

商社の介在

輸出入に携わる商社が介在します。商社はダウンに触れることはありません。

商社からメーカー

製造メーカー
ダウンを検査後洗浄選別して側生地に吹込ます。ダウンの品質を当然知っています。

メーカーから寝具店

販売店では、側生地越しにダウンの品質を推測しています。
店の眼力は?

お客様にお納め

お客様では、
はじめの羽毛布団で印象が決まります。上質であれば良いのですが?

 ふとんの中味のダウンの品質を知っているのは、側生地にダウンを吹き込んだ工場の人です。 ダウンの品質を把握しているのは工場、言いかえればメーカーなのです。工場直売の羽毛布団のメーカー名を確認して信頼できるメーカーか否かが問題です。 アウトレット品は信頼できるメーカー製か否かで、お買い得かが決まると言っても過言ではありません。

工場直売羽毛布団のダウンの洗浄選別

羽毛布団のメーカーでは、メーカー(工場)に納入されたダウンの品質を検査して、間違いが無ければ洗浄、選別をする作業をするのが一般的な工程です。 この工程を厳格に行っているか否かにより、仕上がった製品の品質に大きな差ができます。工場直売のアウトレット品が厳格な検査を行っているかが問題です。偽装の話は珍しくありません。

 ある有名メーカーにおいて、納入された原毛ダウンの品質をサンプリング検査をしたところ、契約内容の品質を満たさないものであったため、 納入業者に返品をしたという話を聞きました。さすがに有名メーカーは厳しい検査をされていると安心致しました。 ところで、その話を聞いた時に思ったのですが、この返品されたダウンの行き先は?。日本に輸入されたダウンが輸出されることはまず有りません。 たぶん検査基準のあまいメーカー、あるいは品質よりコストを優先するメーカーに販売されたと考えられます。 信じられない事ですが、ダウンを納入する業者が添付したダウンの品質証明書を信用して、納入されたダウンのサンプリング検査をしていないメーカーの話も聞いたことがございます。 このようなメーカーのアウトレット羽毛布団は、お買い得と言えるのでしょうか。

工場直売のアウトレット購入前に

 羽毛布団を買う際の立ち位置は、消費者の方々も当サイトの作者・店主の立場も変わりはありません。「買う」か「仕入れる」かの言葉の違いだけだと考えます。 基本的に消費者の方、使われる方の満足を得られなければならないわけです。これまで寝具店として色々な勉強をさせて頂きました。その中には苦い経験もございます。 メーカーのなかでも間違っても買いたくないメーカーもございます。信頼に値するメーカーなのかを十分に確認して購入、仕入れる必要があると感じています。 寝具店の仕入れは、生産過剰かどうかは別にして、まさに工場直売の羽毛布団を仕入ることです。 ズバリ申し上げると仕入れたくない工場直売の製品もあると言うことです。 もちろんアウトレット品においてもメーカーの信頼性が重要です。

工場直売のアウトレット羽毛布団はお買い得か

 当店が扱っている羽毛布団のメーカーは、確認はできていませんが基本的に工場直売はしていない思います。 工場直売はお買い得かの結論は、「中味のダウンの品質を知っているのはメーカーなのです。」この言葉にあります。 お買い得かどうかは、工場直売アウトレットをうたい文句にしている工場の名前、言いかえればメーカー名の信頼度によると思います。

羽毛布団をアウトレットとして工場直売だけしている工場とは

 逆転の発想をするといかがでしょうか。羽毛布団を工場直売だけしている工場とは、寝具店に納入していない工場と言うことになります。 ズバリ言うと寝具店が取引をしない工場と言えます。だから工場直売をしているとも言えますが、寝具店はどのような羽毛布団を仕入れて販売するかは上記の通りです。 過剰生産による工場直売(アウトレット品)なら理解できますが、2013年以降の原毛ダウンの高騰(2014年には為替レート変動も含めると約3倍)により過剰生産をする余裕はないと思います。 アウトレット品でないとすると、工場直売と言うことは製品企画の段階からアウトレットとして直売をする計画であったことになります。寝具店に納品しない工場(メーカー)と言うことです。 工場直売がお得かどうかは、ここまでの説明の行間をご覧下さい。

有名ブランド西川のアウトレット羽毛布団は?

 寝具メーカーとして有名な西川ブランドのアウトレット品について次のサイトにて案内をしています。 西川のアウトレット羽毛布団ご参考になれば幸いでございます。 お買い得品が見つかれば良いのですが・・・。

ページトップへ▲

おすすめ品

12個リストアップ