プレミアムゴールドラベル付き羽毛布団とは

 プレミアムゴールドラベルとは、このサイトをご訪問頂いた方はすでにグーグルにて検索をさた方と思います。 簡単に言いますと、日本羽毛寝具製造業協同組合(日羽協)が発行するダウンの品質基準を表すラベルです。 ダウンパワー440cm3/g以上のダウンを充填したことを表すものです。(ダウンにはグースとダックの2種類があります。) このラベルが、マザーグース羽毛布団に添付されているのなら不思議ではありません。 しかし、同じプレミアムゴールドラベルがマザーダックの羽毛布団に付いていて、更にマザーグースの羽毛布団よりはるかに安い価格で販売されています。 寝具店にとっても不思議なことです。

プレミアムゴールドラベルとは

 日羽協が発行するラベルでありダウンパワー440cm3/g以上のダウンを充填している羽毛布団に添付されています。通常はマザーグースが充填された羽毛布団に添付されています。 ダウンパワー440cm3/g以上のダウンとは、十分に成長した産卵用のグースから採取されたダウンを選別してできるクラスです。 一粒一粒のダウンボールが大きいために1グラム当たりの容積が大きく、より多くの暖かい空気を包むことができます。 プレミアムゴールドラベル以上の品質でダウンパワー470cm3/g以上のダウンも手選別を重ねることで存在しています。(プレミアムゴールドラベルは添付されていません。)

 この日羽協が発行したプレミアムゴールドラベルは、組合に加盟している羽毛布団メーカーにより購入され添付されています。信頼関係で成り立っている制度です。 そのため、プレミアムゴールドラベルの裏面には、メーカーの名前が記載されています。ラベルを添付するのですから、メーカーは充填したダウンの品質を当然把握しています。 ダウンパワー440cm3/g以上のダウンを充填している羽毛布団にしか、プレミアムゴールドラベルは付けられないのですから、このラベルが付いていれば440cm3/g以上のダウンなのでしょう。

マザーダックとは

 寝具業界にはマザーダックという明確な基準あるいは規定は、2014年現在において当店の知る限りにおいてはありません。勉強不足なのかもしれません。 当然ながら「マザーダック」という言葉は知っています。 十分に成長したダックもしくは産卵用のダックを指しているのかもしれません。 また、プレミアムゴールドラベルを添付したマザーダックダウンを充填した羽毛布団に触れたこともございます。ダウンの産地は中国とのことでした。仕入れて販売をするにはいたりませんでした。 まだしも、プレミアムゴールドラベルが付かないマザーダックダウンのほうが安心かもしれません。

 通常グースとダックの体格を比較すると、グースが大きく当然ダウンの一粒の大きさも大きいわけです。 交配を重ねて新たなダックの種ができ、そのダックの体格はグース並に大きいという話も聞いたことがありません。 とするならば、体格が劣るダックから採取されたダウンを選別に選別を重ねて、プレミアムゴールドラベルが添付できるまで選別をして、ダウンパワー440cm3/g以上のダックダウンを作る方法が考えられます。 しかし、機械ではできないと思います。仮にそのようなダックダウンが存在したとするなら、手選別による以外に方法は考えられません。 手選別となるとコストが気になります。現状はプレミアムゴールドラベル付きマザーダックの羽毛布団は、マザーグースの羽毛布団よりはるかに安く販売されています。

マザーグースとマザーダックの羽毛布団の価格差

 マザーグースとマザーダックの羽毛布団の価格差を考えると、ダウンパワー440cm3/g以上を実現させる方法としては、ダックの新種もしくは手選別以外の方法と考えられます。 コスト的に安くでき大量に作る方法となると、何らかの方法でパワーアップ加工しか考えられません。この問題を解決しない限り取り扱うわけにはいけません。

 自然な状態のダックダウンではなく、何らかの加工によりダウンパワーが上がっているとするなら、ダウンパワー440cm3/gのマザーダックはダウンボールが背伸びをしている状態であると考えられます。 コスト的に安くでき大量に作る方法でない限り、ダウンパワー440cm3/gのマザーダックの羽毛布団の売価からは考えられません。 背伸びをさせられた状態でダウンパワーを測定しているとするなら、背伸びをした状態は長くは続かないと考えられます。 (上記の考えはあくまで当店の推測でございます。事実確認はできていません。)

マザーダックの羽毛布団は2013年ころから

 ここからもあくまで当店店主の私感です。ダウンパワー440cm3/gのマザーダックを充填したの羽毛布団は、2013年ころから見かけるようになったと記憶しています。 2012年の秋からマザーグースの入荷が遅れがちになっていました。マザーグースは高級品の代名詞と言っても過言ではないと考えます。事実人気があります。 「マザーグース」と「マザーダック」は同じように「マザー」が付いていて、一般の消費者にとっては混同して受け止められがちだと思います。 マザーグースの人気とプレミアムゴールドラベルの添付されたマザーダックの羽毛布団が安ければ、マザーグースの羽毛布団と思い込んで購入する消費者の方もいるのではないかと思います。

この文章を作成している店主ですら、「マザーダックとマザーグース」ややこしくて整合性がとれた文章になっているか心配になるほどです。

マザーグースとマザーダックは別物

 ここからもあくまで当店店主の私感です。品質の違いがあるから値段の違いがあるのです。違いがあると思います。 同じ品質でグースとダックの文字の違いだけであれば、同じ価格で販売できるはずだと考えます。このような文章を書くから「ひねくれた性格」と私自身感じます。 安く販売するには、安くする理由があるはずです。安く仕入れができたからという理由はこの場合通用しません。そのお店に安く販売した業者なりメーカーはなぜ安くしたのか? 禅問答ではありませんが、品質差があるため安くなっているのだと考えます。

 ここからもあくまで「ひねくれた性格の店主」の私感です。事実を検証したわけではありませんので、そこのところをふまえてお読み下さい。 店主の考えでは、背伸びをした状態のダウンは、時間の経過と共に縮んでいくと思います。長続きはしないものです。一粒一粒のダウンが縮むと羽毛布団のボリュームは出なくなります。 羽毛布団が「へたる」と言うことは、暖かくなくなります。問題は時間の経過がどの程度なのか1ヶ月なのか?たぶん・・・。

 羽毛布団の品質の違いについて説明をさせて頂いた羽毛布団の選び方のサイトをご案内いたします。お役に立てれば幸いです。 ご満足のいくレベルの羽毛布団をお選びいただき、すっきりとした目覚めをして頂く事を願っています。

ページトップへ▲