各売場にご案内

  • 羽毛布団
  • 羽毛布団シングル
  • 羽毛布団ダブル
  • 羽毛布団クイーン
  • 西川羽毛ふとん
  • カバー
  • 敷きふとん
  • ムートン
  • カシミヤ毛布
  • 敷きパッド
  • 肌夏掛けふとん

寝具とは

 心地よく眠り、「すっきりとした目覚」ができたなら、きっと素晴らしい1日になることでしょう。 健康的な暮らしは、快眠から得られます。そのための寝具は大切な生活用品です。

 寝具を選ぶ際に価格は重要ですが、良く似た製品でも製品の開発の背景を見ると、 品質(寝心地)を優先した製品とコスト(価格)を優先した製品があります。 この違いは、耐久性の違いもさることながら、寝心地、使用感の著しい違として現れます。
「すっきりとした目覚」を得るために、どうか慎重に寝具を選んで頂ければと願います。

 寝ることは食事と共に私たちの体を再生させるために重要なことです。 寝ることはサボルことではありません。寝具の価格を睡眠費(寝費)とするなら、この寝費を食費と比較すると決して高くはありません。 睡眠は脳と体をリフレッシュすることであり、寝具はそのための重要な道具だと考えて下さい。

 寒いから、暑いから寝具を購入される場合が多いと思いますが、冬の1日の睡眠と寒さが和らいだ春の1日の睡眠の価値に違いは無いと思います。 特に春先の木の芽が芽吹く時期は、ホルモンバランスの乱れが生じやすい時期でもあります。より質の良い睡眠をとることは睡眠は脳と体をリフレッシュさせ、 すっきりとした目覚ができれば、その日は素晴らしい日になると思います。 寒いから暖かい布団を購入する方は多いと思いますが、この時期は特に睡眠のための道具である寝具に注意を向けて下さい。 春先の木の芽時期には、合い掛け布団に替えることで、暑くなく寒くなく適温の状態でお休み頂くことができます。 合い掛け羽毛布団は、春先だけでなく秋にもお使い頂けます。春と秋に年に2回、おおよそ4ヶ月はお使い頂ける重宝な寝具です。

 地球温暖化の影響により夏の温度がだんだん高くなってきています。暑さ対策のための「ヒンヤリ感」を前面に出したものもございますが、 上手く使えば便利なものですが、身体の冷やしすぎに注意して下さい。特に小さなお子さんとか、ご高齢の方のご使用にあたっては注意が必要です。 初夏、秋口の朝には冷えすぎる場合がございます。心配なのは暑い夏の睡眠時にエアコンによる身体の冷やしすぎることが気になります。 新しい技術を活かした製品もありますが、ムレ感の少ない寝具には、「麻」「シルク」などの自然繊維で作られた製品がございます。冷やしすぎ寝冷えにはお勧めしたい寝具です。

 寝床内の熱の6割以上は敷き寝具に伝わっています。言いかえると敷き寝具に奪われています。敷き寝具は体重をかけて密着した状態であり熱が伝わりやすいと言えます。 寒さ対策には敷きふとんとかパッドの検討も重要です。敷き寝具の硬さですが健常者には硬めのものをお勧めしています。沈み込むタイプのものはお勧めしていません。 特に夏には身体と寝具が密着してその面積も広いため暑くて眠れないと思います。 敷き寝具は弾力性の高いマットレスト、身体とマットレスの間で保温と体圧分散を補完する敷き布団、パッドがお勧めです。掛け布団は羽毛布団がお勧めです。

 枕についてご案内ですが、現在のところこれなら大丈夫であろうとお勧めできる枕にあたっていません。これまでたくさんの枕を試してきました。 高すぎる場合は中のウレタンを、カッターナイフで削ることもしましたが・・・・。現在試験中の枕が有るので80%以上の満足感が得られれば出品いたします。 枕の高さは敷き布団の硬さ、身体の沈み具合と関係しています。店頭で枕のお試しコーナーで試したとしても、 自宅に持ち帰りご自分の敷き布団の上に置くと、お店で試したときの感覚と異なるのは当然のことです。寝具店なら当然このことは知っているはずと思います。 このように書くと枕が売れなくなるかも・・・・。でも正直にお話すべきと思います。 ご自分の枕をバスタオルで作る方法は自分の枕を作るにて説明をしています。

 お問い合わせが最も多いのが羽毛布団についてです。確かな判断基準がないためだと思います。 そこで自店での取扱商品に偏ることなく、ニュートラルな視点からの羽毛布団の選び方のページを作りました。 羽毛布団を購入する際は、品質表示票はもちろんですが、羽毛布団を製造したメーカー名の確認が大切です。羽毛、側生地にはランクがあります。 高級羽毛布団の説明文と共通する言葉だけを前面に出した広告に注意してください。

 また、寝具のQ&Aコーナーでは、 寝具の素朴な疑問から、より快適に使うための工夫、裏技を紹介しています。 業界関係者には、日常的で当り前と思っていることが、あまり知られていなかったりします。 皆様からご質問・裏技紹介のお便りを頂ければと願っています。
・・・・・損得より先に善悪を・・・いつも心に。   

 こちらが現在 販売中の商品リストです。お客様にご提案したいと店主が感じたものを、販売している関係で商品点数は限定されています。

ページトップへ▲