羽毛布団マザーグース

1/2頁

マザーグースダウンの品質

マザーグースの人気はダウンボールが密で大きいため、保温力と温度調整機能に優れ少量でも十分に機能するため軽い羽毛布団に仕上がることです。

ただし少量でも暖かいのは事実ですが、一定の保温力を確保するためには適量充填する必要があります。購入の際にはダウンの充填量を確認して下さい。

マザーグース羽毛布団の羽毛のランクは、ダウン率とダウンパワーで判断ができます。ダウンの指標として鳥種混合率がありますが数値としては表示されていません。

当店のマザーグース羽毛布団は93%430DP以上であることを品質条件としています。西川製のマザーグースは鳥種混合率1%以下でありプレミアムゴールドラベルが添付されている製品は10%未満です。

羽毛の産地は、ポーランドとハンガリーを中心にロシア、ウクライナ産をご提案しています。

メーカー毎にマザーグースダウンの品質基準(定義)は異なり、西川(株)のマザーグースなら93%430DP以上と設定されているが、この基準より低く設定しているメーカーもあります。詳しくは下記のサイトをご覧ください。

マザーグース
羽毛布団マザーグース

マザーグースは保温力と温度調節機能が通常グースより優れています。しかし品質ランクには幅があり購...

羽毛布団の西川基準
西川基準とゴールドラベル

西川基準とプレミアムゴールド基準の差異?西川はゴールドラベルを付けない理由とは...

日羽協のプレミアムゴールドラベルが付いていればマザーグースであるとは限りません。93%440dpの条件を満たすダウンならタックダウンにも付きます。詳しくは下記サイトをご覧ください。

プレミアムゴールドラベル
プレミアムゴールド羽毛布団

日羽協がダウンの品質基準を4ランクに区分した最高ランクのラベル!マザーグースとは限りません。...

羽毛布団の選び方に悩まれたなら下記のサイトをご覧ください。羽毛布団のランクの違いは、ダックダウンとグースダウンとマザーグースの違いでもあります。

羽毛布団選び方ラベル
羽毛布団の選び方

良し悪しの基礎知識を基にダウンと生地と内部構造を調べます。しかし品質表示の行間を読まないと安心...

羽毛布団のおすすめサイズ

羽毛布団に使用する羽毛がマザーグースとなると、膨らむ力・ダウンパワーは高くなり布団のボリュームは増します。

布団が温まると布団の厚みは増し布団のサイズは少し縮む傾向があります。寝返りが多い方とか体格が良い方はシングルサイズよりダブルがおすすめであり、ダブルサイズでお二人で使用している場合はサイズアップがおすすめです。

マザーグース羽毛布団の寿命

マザーグースの羽毛は飼育期間が長く、十分に成鳥になっているためダウンも丈夫であり丁寧に採取されているため耐久性に優れています

しかし、マザーグースを使用した羽毛布団の寿命も長いと言うことはできません。羽毛布団の魅力は暖かさと軽さと快適な温度調節にあります。この魅力の中の軽さと快適性は羽毛だけでなく、側生地の素材と品質にも関係しています。

そのため軽くて吸湿性の良い柔らかな側生地を使用するとどうしても薄い生地になり寿命は短くなってしまいます。マザーグースの品質ランクを上げれば上げるほど上質の側生地を使うため上質のマザーグース羽毛布団の寿命は長くはありません。

ダブルの羽毛布団の場合はお二人で使用することが多いため、どうしても寝返り回数も二人分になるため羽毛の摩耗も激しいため、通常ダブルの羽毛充填量は1.6kgですが寿命の事を考慮して100g増量する場合もあります。

二人で使用するダブル羽毛布団などは、国産の側生地を丁寧な縫製の国内縫製が耐久性にも優れておすすめです。

羽毛布団の寿命について詳しくは下記サイトをご覧ください。

羽毛布団の寿命
羽毛布団の寿命

ふとんの寿命は、買い替えを検討されたタイミングかもしれません。使用期間は10年から15年ぐらい...

関連サイト

ダウンパワー
ダウンパワーとは

羽毛布団の保温力の指標!ダウンパワー440dpのダウン1gの無加重の体積は500mlペットボト...

ダウン率
ダウン率とは

この比率は、布団の暖かさと耐久性の目安となるものです。この数値が高ければ「一応」上質と言えます...

アイダータックダウン
アイダーダックとは

アイダーダックの保温力は、ダウンの塊を手に載せるだけで暖かさを感じることができます。アイダーは...