羽毛布団のダウン率とは

正常なダウンボール  羽毛布団のダウン率とは、球状の羽毛と小さな羽根のフェザーとの割合のことなのです。 ダウン率の数値が羽毛の品質を表します。この数値が高ければ「一応」上質のとなります。 「一応」の訳は下記にて説明をしますが、ダウンの内訳、許容誤差、偽装等があります。 羽毛の品質は、採取した鳥の種類、ダウン率、かさ高性を合わせてご確認下さい。

ダウン率の内訳

ダウン率  球状の「ダウン」と赤い羽根募金の羽根を小さくした「フェザー」の割合をダウン率と言います。 市場にある羽毛布団の中に詰められているものは、正常なダウンの他に球状が割れたもの、未成熟なものも含まれています。 また、フェザーにおいても、ダウンに酷似したものから、ファイバー化したものも含まれています。 更に不適切な羽毛としては、損傷したフェザー、夾雑物(ゴミ)、さらには陸鳥のチキンフェザーも含まれている場合がございます。 ダウン率の数値には、割れたり未成熟なものもダウンとしてカウントされています。

ダウン率の許容誤差

ダウン率100%未満であれば許容誤差5%認められているため、各メーカーの許容誤差に対する認識にもよりますが当店では93%以上をお勧めしています。 因みにダウン率100%の許容誤差は1%までです。ダウン率が高い羽毛布団が正常なダウンボールが多いように感じます。 羽毛の品質測定値において許容誤差に対する認識がメーカーにより異なっていると思います。

羽毛布団と羽根布団はダウン率の違い

 中身の「ダウン」と「フェザー・赤い羽根募金の羽根の小さいもので長さ6cm以下)」の比率でダウンが多ければ「ウモウふとん」です。 逆に羽根(フェザー)が多い場合は「ハネふとん」です。 広告・各ショッピングサイト等で見かけるものに「暖かな羽根ふとん!今回は**記念にて増量・・・」 このような説明文は、何気なく聞いていると「軽くて・暖か」といわれている「羽毛布団」と同じような響きがあり、 混同しがちなので見極めが必要です。一応ダウンとスモールフェザーの比率が50%が境目です。 ダウン率が50%以上なら「ウモウふとん」でありスモールフェザーの比率が50%以上なら「ハネふとん」です。 「ハネふとん」の現状は、フェザー90%のものもありえます。

おすすめダウン率

 ダウン率については、現実の問題としては、85%以上を羽毛布団として扱うのが良いのではないかと思います。 あくまで当店の考えでございますが90%以上がお勧めです。

なぜダウン率90%以上がお勧めなのか

 あくまで当店の考えであることを始めに申し上げておきます。ダウン率85%の羽毛布団はコストを優先させて企画されたと考えています。 90%においてもその傾向はありますが、品質面も考慮した製品のように思えるものが多い様に感じます。 できればダウン率は93%が安心できます。最高値は97%が記憶に残っています。 たぶん100%の表示のものは無いと思います。

羽毛布団の価格差とダウン率

 下記の内容は、羽毛布団の選び方のポイントとして別途説明をしていますが、 項目毎に簡単に説明をさせて頂きます。
お問い合わせで一番多いものに「ピンからキリまで幅広いのはなぜですか?」との問い合わせ、言い換えれば「価格差」がございます。 この価格差は、基本的に中身のダウンの品質の違いによるところが大きいとご理解下さい。

1.グースダウン率90%と表示していても、純粋にグースだけとは限らない場合がございます。ダックが混入している場合もあるようです。 日本羽毛製品協同組合(日羽協)では、グースと表示している羽毛布団の場合はダックなどの混入が10%以下としています。 因みに西川三社においては、レギュラーグースでは7%以下でマザーグースでは1%以下としています。

2.ダウン率とは違いますがホワイトダウンとの表示の羽毛布団の場合、グレー系の混入率の多さにおいても価格差は少し出ます。 日羽協では、混入率は1.5%以下としています。 因みに西川三社においては1.0%以下としています。しかし、この異色のダウンはどうしても取り除くことは困難と思います。存在しうるものだとご理解下さい。

3.羽毛布団の価格差はダウンに関して言えば、ダウン率以外にダウンパワー値とか羽毛の洗浄度などがあります。 さらには、油脂分率、酸素係数などもありますが、日羽協に加盟しているメーカーでは日羽協の基準かそれ以上の基準を設けています。

ダウン率の偽装

 90%以上なら安心かと言えばそうでは有りません。 品質表示の偽装の問題は、過去の日本羽毛製品協同組合の試買テストの結果においても存在しています。 これまでにも「ダック表示に陸鳥のチキンを混在」、「グース表示にダックを混在」「マザーグース表示にレギュラーグース」等々・・・。 ダウンの産地の特定は厳密にはできませんが、採取された鳥の種類は顕微鏡で見ればダックなのかグースなのかは解ります。 ダックとグースを比べるとグースの方が枝羽が多く密生しています。 余談ですが羽毛は水鳥のものであり陸鳥にはフェザーしかありません。

ダウン率について店主の一言

 羽毛布団を購入される際には、価格は重要な項目ですが品質をチェックする必要があります。 ダウン率を見る前に採取した鳥の種類をチェックして下さい。同じ93%以上でもダックとグースでは大きく違ってきます。 基本的にグースがダックより保温性に優れています。 羽毛布団を選ぶ際には、ダウン率で選ぶ場合はグース93%以上がお勧めです。合わせて、かさ高性dp値もご確認下さい。 マザーグースと表示されている羽毛布団は、当店の基準は93%以上430dp以上としています。

ページトップへ▲

お勧め羽毛布団

9個リストアップ



Copyright(c)2014-2016 野口寝具店 Allrights reserved.