高級羽毛布団の品質は非表示部分に秘密

 高級羽毛布団の品質は、中味のダウンの品質と側生地の品質さらに製造工程が大きく関係しています。 メーカーは中味のダウンの品質と側生地の品質もちろんのこと全製造行程を知っていますが、 消費者の方は中味を見ることすらできません。仮に見えたとしても消費者の方には品質の判断はできないのが現実と思います。 そこで、高級羽毛布団の品質と製造行程についてどのような違いがあるのかご案内いたします。 まずは、ピンキリの品質の両極端を除いて品質がどのように順位付けされているか? 高級羽毛布団の製造工程の実情、価格差、別の言い方をすれば布団のランクを見極める方法についてご案内させて下さい。

 高級羽毛布団の品質の違いは、ダウンの品質、側生地の素材品質、内部構造の違い、メーカーの信頼度、日本製(純日本製)なのか生地・縫製の仕上がりにより決まります。 さらに日本製の内容を細かく分析すると、ダウンは輸入品ですが国内で洗浄されたものか?(高級品に詰められているダウンは国内で十分な洗浄をされています。) 側生地は国産品か、生地の縫製は国内工場か、ダウンの吹き込み工程は日本国内か??? 純日本製かどうかはメーカーの営業担当でも即答できない製品もあると思います。

羽毛布団の品質はダウン品質

高級品は上質グースダウン

羽毛布団に使われている主なダウンには、グースとダックの2種類の鳥があります。 グースとダックの品質を比較するとグースの体格が大きく、ダウンの粒も大きいグースがお勧めです。 グースダウンの中でも産卵用に飼育されてた成長した親鳥から採取したマザーグースがお勧めです。 高級羽毛布団を選ばれるならマザーグースです。当店では冬用では基本的にグースのみ取り扱っています。

マザーグースの採取時期

 マザーグースダウンは農場により異なるようですが、1年間に2回ほど採取されています。その中でも晩秋に採取されたダウンが優れています。 高級羽毛布団を選ぶなら晩秋に採取されたマザーグースがお勧めです。

高級羽毛布団のダウン率

 羽毛布団の中味はダウンとフェザーです。この割合をダウン率と呼びこの比率が高いものがよいものです。 高級羽毛布団を選ばれるなら最低でも93%は必要です。 ただし、同じダウン率でも採取する鳥の種類、ダウンパワーの違いにより保温力に差があります。

ダウンパワーとは

 ダウンの品質を表すものにダウンパワー値があります。この値が高いダウンは弾力・保温性に優れています。 高級羽毛布団を選ぶには、マザーグースでダウン率93%以上、ダウンパワー430cm3/g以上の品質がお勧めです。 マザーグースの表示だけでなくダウン率とダウンパワー値を必ず確認して下さい。

 高級羽毛布団を選ぶなら、やはりマザーグースは重要なキーワードとなります。 ただ、実用的なクラスの場合は、ダウンパワー400cm3/g以上のグースダウンであれば十分に暖かいと言えます。

プレミアムゴールドラベル

日本羽毛製品協同組合(日羽協)ラベル

 日本国内における羽毛製品メーカー、販売企業が加盟する組合です。 開封して中身を見ることのできない羽毛布団等について、 品質基準の策定を行い、各メーカーに対し画像の4種類のゴールドラベル(品質ラベル)を発行しております。 西川ブランドの製品には付いていませんが、高級羽毛布団を選ばれるならプレミアムラベル付きがお勧めです。


高級羽毛布団のダウン産地

 ダウンの産地は、北欧産で北緯50度ラインの産地がお勧めです。 これらの地方の冬は極寒であり、鳥自身が生き抜くためには保温力のあるダウンが必要なためであり人気がある訳です。 ただし、日本に輸入されているダウンの80%はアジア産(主に中国産)です。ポーランド産は1~2%程度、ハンガリー産は5~6%程度です。 高級羽毛布団に充填されているマザーグースになると更に少なくなります。

高級羽毛布団には、ハンガリーとポーランドのダウンが充填されたものが多いです。ただし、高級ダウンは産地を限定するものでもありません。 ダウンの産地もチェックポイントですが、マザーグースでダウンパワー430dp以上かどうかを重要視された方が高級品に近づきます。

高級羽毛布団のダウン量

 中身のダウン量は品質により適量がございます。 高級羽毛布団のダウンはマザーグースを前提にしているため、シングルサイズなら1.2kgから、ダブルサイズなら1.6kg-1.7kgです。 極上マザーグースとか高ダウンパワーのダウンはシングルサイズで1.0kg-1.1kgで十分です。

高級ダウンの洗浄度

 品質管理の良い布団メーカーのダウンは、国内で選別・洗浄、殺菌等の高水準の処理をしています。 この処理は、ダウンの品質を左右する大切なの工程です。洗浄度とは洗浄水の透明度のことです。 高級羽毛布団となると業界基準の2倍の1000mmの透明度のダウンがお勧めです。

高級羽毛布団のダウン品質

 高級品となると日羽協が発行するプレミアムゴールドラベルを付けた信頼できるメーカーの製品です。 メーカー名の表示が無いものはお勧めできません。西川ブランドにはこのラベルが付かないため、 ダウンパワー値で言うなら430cm3/g以上であり、かつまた「信頼できる」メーカーの製品と言うことです。 最高級ダウンのアイダーダックについては別途サイトを設けました。


高級羽毛布団の側生地

 高級羽毛布団に使われる生地素材は、以前はシルクが1番人気でしたが最近は日本製の生地で超長綿が1番人気です。 その中でも100番単糸、200双糸以上の極細の糸で織られたものが人気です。さらには精紡交撚糸の480tなども開発されています。 綿以外では、テンセルとか蓄熱効果等の機能を付加されたポリエステル生地なども高級羽毛布団に使われいます。

日本製の生地

 日本製の羽毛布団の多くは、コストを下げるために海外製の生地を使用しています。日本製との違いは、柔らかさとしなやかさが違っています。 同じ番手の糸でも重さが異なったりします。高級羽毛布団の側生地は、80番単糸、200双糸以上とか付加価値の付いたポリエステル等の日本製です。 糸番手が細い分だけ生地は柔らかく軽くなります。

 超長綿の側生地は、同じ織り方、同じ糸番手でも柔らかさフィット感において品質の差を感じます。 糸になる前の原綿が、スーピマ、インド綿(ラムコ)、エジプト綿のギザ45、新疆綿などの上質の綿花の場合は生地が柔らかです。 これらの上質の綿花から紡いだ糸で織られた超長綿の場合は日本製の可能性が高いです。 100番糸までは海外製の生地もあるので、日本製の生地か否かの確認が必要です。 高級羽毛布団を選ぶなら日本製の超長綿の生地がお勧めです。

高級羽毛布団のキルト構造

内部構造

 羽毛布団の一般的な構造には、下のイメージ図の様に左からヨーロピアンキルト、立体キルト、2層(3層)キルトがございます。 冬用では、立体構造、2層、3層構造が一般的なのですが、高級品はマチ布の縫製の仕方に違いがあります。 高級羽毛布団は日本製の生地を国内での縫製しています。


ヨーロピアンキル 立体キルト 2層(3層)キルト

マチ布の特徴

 高級羽毛布団のマチ布は、隣のマス目にダウンが移動しないように密閉状態になる様に縫製されています。 また、1層立体構造の場合は、マチ幅が広くとる傾向にあります。またシングルサイズではマス目の数がやや多い傾向にあります。 マス目の数が増えるとフィット性が増しダウンの片寄りを防ぐことができます。 高級品羽毛布団にはこのような仕様が多いと思います。製造コストはアップするためお値段は高くなります。

縫製の品質

 高級羽毛布団の縫製は、日本国内のハイレベルの縫製工場にて行われています。有名メーカーにおいても縫製を外注している場合が多いと思います。 自社工場ではダウンの吹き込みをして完成させているケースが多いと思います。問題は外注先の技術レベルです。 高級品は国内縫製ですが、この縫製工場にもレベルがあります。高級品の縫製は国内でもトップクラスの工場にて縫製されています。

高級羽毛布団の品質

 羽毛布団は軽くて暖かであることが特徴です。軽くするためには軽い側生地と少量の詰め物で仕立てることです。 軽い側生地は糸番手の細い糸で織られた生地を使用することになります。 少量のダウンで十分な保温力暖かさを確保するには、ダウン率、ダウンパワー値の高いダウンを使うことです。 更にハイマチ密閉キルトで軽い構造であっても保温力のあるものを作ることです。 この様な条件を重ねていくと高級品になり結果として価格も高くなります。

 軽さと暖かさのどちらを優先するかによって多少の違いはありますが、羽毛布団の品質は価格に比例しています。

当店の高級羽毛布団の特徴

  • ダウンはマザーグースであること。
  • マザーグース以外では440dp以上であること。
  • ダウン率93%、ダウンパワー430dp以上。
  • ダウンの洗浄度は1000mm以上であること。
  • 100単糸または上質綿花の80番手以上の超長綿。
  • 綿以外の生地では日本製の生地であること。
  • 日本製生地を国内縫製している日本製であること。
  • ハイレベルの縫製工場での縫製。
  • 信頼できるメーカーの製品であること。

怪しい高級羽毛布団の品質

  • メーカー名の記載の無い。
  • エクセル/ニューゴールドラベルが付いている。
  • ダウン率が93%未満、ダウン率が430dp未満。
  • ダウンと生地の品質バランスが良くないもの。
ページトップへ▲


Copyright(c)2000-2016 野口寝具店 Allrights reserved.