羽毛布団カバーの掛け方

カバーの簡単な掛け方と裏技

羽毛布団

まず、表の柄が見えるようにふとんを広げます。(左が足下)

ふとんの上に置く

布団カバー側端のファスナーを開き、カバーを裏返しにします。

裏返したカバー

2で裏返したカバーを表生地を下にしてふとんの上におく。

接続部

赤い印の所で、ふとんとカバーのひもを結びつける。

側端の開口部よりふとんの片方の角を引き出す。

側端のファスナーが開いたところから右奥の隅(赤印)を引き出す。

開口部よりふとんの他方の角を引き出す。

5と同様に左の隅も引き出す。5と6は同時に可能。

ふとんを全て引き出す。

ふとんを、袋状のカバーの中に全ていれる。

ファスナーの辺の接続部を留める

赤の印の所で、ふとんをひもで結びつける。

ファスナーを閉じる

側端のファスナーを閉じれば完了。

布団店では当たり前が裏技

ふとんカバーの中にもぐり込み、カバーのヒモを布団に結びつけている方もいました。裏技とは言えませんが、この方法を説明すると「えっ!なるほど」と喜んでくれました。特に羽毛ふとんは柔らかいので上記の方法が便利だと思います。

羽毛布団の接続部分には、ループ状の紐が付いています。4角と4辺の中央部の8ヶ所が一般的ですが、中には10ヶ所のタイプがございます。カバーを選ぶ際には注意して下さい。ヒモまたはホック付きのテープが付いていない場合は布のヒモを縫い付ける方法もございます。綿、ポリエステルの綿ふとんの場合は、ふとんの対応位置にヒモを取り付けることもできますが、羽毛布団の方に縫い付けて追加することはお勧めできません。ふとんカバーには色々な仕様があります。羽毛布団カバーの選び方のサイトを作りました。最近は紐がホック付きテープになっているものもあります。

カバー交換のサイクルのアンケートコーナーを設けています。宜しければアンケートにご協力下さい。特に羽毛布団は汚れが大敵です。交換は早めに行って下さい。クリーニングはできるだけ避けてください。