羽毛布団品質はダウンパワー値に比例

 羽毛布団の特徴である軽さと暖かさは、羽毛の品質評価値であるダウンパワー値に比例します。 なぜ軽くて暖かなのか?それは中綿に羽毛(ダウン)を使っているからです。 これでは答えにならないのでダウンパワーを簡単に説明致します。ダウンはタンポポの綿毛のように枝羽を放射状にのばしています。 この枝羽の間に空気をためています。羽毛布団が暖かいのは、この空気と羽毛素材の熱伝導率が低いため熱が逃げないからです。 この空気をためる力量を現したものがダウンパワー値です。

ダウンボール  この空気をためることは、「綿花」からとれたワタの布団も同じですが、 同量のワタと比べるとダウンの方がより多くの空気を囲いこみ保温力があるです。 羽毛布団の方が、綿ワタと比べると少量で軽くて暖かな布団に仕上がります。 ただ、ダウンの品質にもランクがあり、この品質により羽毛布団の軽さと暖かさに違いができます。 このランクを評価する基準値が「ダウンパワー」です。

 2012年より羽毛の品質評価基準が「かさ高値」から 「ダウンパワー(体積cm3/g)」のダウン1g当たりの体積表示に移行しました。 基本的に良いものは体積の数値も大きくなります。 ただ2012年製造の製品でも「かさ高」表示のラベルが添付されているものもあり、 以前購入されたものには、「かさ高値」の表示がされていました。

羽毛布団のダウンパワー

ダウンパワー測定  ダウンパワーは、羽毛の品質差を数値化したものとご理解下さい。 羽毛布団に充填されたダウンパワー値のランクは、350dp(廉価品)~380dp(中級品)~410dp(高級品)~430dp(最高級)です。 かさ高性

 ダウンパワーとは、JIS(日本工業規格)で定めた「かさ高性」試験の値です。 その内容は、気温20度、湿度65%で、30グラムの羽毛を内径29cmの円筒に自然落下させて94.3グラムの円盤をのせて加重、 2分後の底から円盤までの高さを計測してダウン1g当たりの容積を表したものです。 ダウンパワーの最高値は500dp以上のものもあるようです。 仮に525dpのダウンがあるとすると1gで525mlのペットボトル一本分のダウンパワーとなります。 しかし、ペットボトル内のダウンは加重されていないため、440dpのダウン1gで充満状態になると思います。

 ダウンパワーを測定するためには、一定の条件下で試験する必要があります。そのため試料を前処理しています。 スチームを当て乾燥して、温度、湿度を一定にした環境に一定時間放置する必要があります。 この時間が必要なためダウンパワー値を出すには早くても2日は必要になります。

羽毛布団のかさ高値

かさ高性  かさ高は、羽毛のパワー(品質)の差とご理解下さい。 130mm(廉価品)~160mm(中級品)~170mm(高級品)~180mm~最高は190mm位です。 かさ高性

 JIS(日本工業規格)で定めた「かさ高性」試験の値です。その内容は、 気温20度、湿度65%で、30グラムの羽毛を内径29センチ、高さ50センチの円筒に自然落下させて120グラムの円盤をのせて加重、 2分後の底から円盤までの高さです。2013年前半まではこの評価値を添付した羽毛布団が多く市場にありました。 その後ダウンパワー値のラベルになっていきました。

 かさ高値とダウンパワー違いは、 かさ高値は、従来の前処理はドライヤー法で重さは120gの円盤にて加重した数値です。 ダウンパワーの前処理はスチーム法で重さは94.3gの円盤にて加重した数値です。

 同じ重量の同じ試料のダウンを、ドライヤー法とスチーム法で処理をするとスチーム法で処理をした方が体積(かさ高も同様)は大きくなります。 日本羽毛製品協同組合では、かさ高値180mmはダウンパワー440dpと掲載されていますが、西川ブランドの羽毛布団では、 かさ高値180mmは、430dpと440dpのふたつに表示しています。

 羽毛布団に添付されるラベルにダウンパワー値と同じようなフィルパワー値があります。 羽毛が空気をため込む量を測定した値ですが、ダウンパワーとは少し測定方法が異なります。 そのため再現性においてはダウンパワー値が優れています。羽毛布団の評価値としてはフィルパワーよりダウンパワーがお勧めです。

ダウンパワー値とゴールドラベル

ダウンパワー値とゴールドラベル  ダウンパワー値は、日本羽毛製品協同組合(日羽協)が発行する四種類のゴールドラベルで判断することができます。 例えばプレミアムゴールドラベルの裏面には、ダウンパワー440dpと記載されています。 羽毛布団でお勧めするのはロイヤルゴールドラベルのダウンパワー400dp以上です。かつまた、グースダウンであることです。

ダウンパワー400DPと440DPの差

 ダウンパワー値とは、布団の側生地の中と同じような環境を再現した状態でダウン1g(1円玉の重さ)あたりの体積値のことです。 羽毛布団を購入に際してダウンパワーで迷われたときは、羽毛布団の品質表示の行間を読むのサイトをご覧下さい。 ダウンパワー440dpのダウン1gの体積は、ほぼ500mlのペットボトル1本分です。

 シングルロングSLの羽毛布団で具体的に違いを説明します。 いま仮に、ダウンパワー値が400dpと440dpのふたつのダウンを1200g充填した2枚の布団を例として説明をします。 布団の面積は210cm×150cmなので、1cmの厚みの容積は210cm×150cm×1cmなので31500cm3となります。

ダウンパワー値40dp

 ダウンパワーは1g当たりの容積なので、1200gだと40dpの1200倍の48000cm3になります。 48000cm3は31500cm3の約1.5倍です。単純に40dpの違いを布団での違いに置き換えると1.5cmの厚みの違いになります。 ただし、羽毛布団では内部キルト構造の違いとか側生地の重さなどにより、ダウンパワー40dpの差は布団の厚みとしてでません。 この40dpの違いはボリューム感として少しの違いがでる程度です。暖かさは少し違いがあります。 そのためダウンパワー400dpのダウンをシングルロングの羽毛布団に充填する場合は、保温力を補うために充填量を100g多い1.3kgにする場合があります。

 ダウンパワーは、羽毛布団の厚みを表す数値ではありません。布団の厚みは内部構造と生地の重さ(厚み)とダウンの量に関係します。 仮に60番手と80番手の側生地に同じダウンパワー値で同量の羽毛を充填すると、80番手の側生地の羽毛布団が生地が軽い分僅かですがボリュームがでます。

 あくまでも私感ですが、個々のメーカーの個性の違いなのか? 控えめなダウンパワー値で表示している様に感じられるメーカーもあります。やはり、信頼できるメーカーを選ぶことが大切です。 ある羽毛布団メーカーの商品開発担当者の弁によると、430dpの表示をするにはダウンパワー値を測定した平均値が440dpをクリアすることを社内規定にしているとのことでした。 やはり羽毛布団は、信頼できるメーカー・販売店から購入されることをお勧めします。

 ダウンパワー値の僅かな差は公的な検査機関で調べないと解りませんが、同じ充填量であれば40dp違う場合はボリューム感の違いとして表れます。 当然のことですが保温力の違いが出ます。そのため当店では羽毛量を100g増量するとか内部構造を2層にした羽毛布団を作っています。 ロイヤルゴールドラベルのダウンパワー400dpは従来のかさ高では165mmです。ダウンパワー値10dpは、かさ高値5mmに相当します。

ダウンパワーとダウン率

 ダウンパワー値が高ければ通常はダウン率も高くなります。 ダウン率のサイトをご覧下さい。 どちらかの数値が極端に高いことはありません。

グースとダックのダウンパワー

ダウンボール羽枝  グースダウンとダックダウンは粒の大きさだけではありません。羽枝の太さと小羽枝の付き方に違いがあります。ダックダウンは羽枝の幹が太く小羽枝も先端に集まる傾向があります。 このことは、ダウンパワーが出やすいこと意味します。ダウンボールの内部には空洞が出来ていることを意味します。 ダウンパワー値が保温力を表す指標とするならば、ダックダウンのダウンパワー値から10dpから20dp引いた値で良いのではないかと当店では考えます。

 保温力をダウンパワー値で置き換えるとするならば、当店の評価では400dpのダックダウンは20dp引いた値380dpとの認識でも良いのではないかと考えます。

ページトップへ▲

お勧め羽毛布団

10個リストアップ


Copyright(c)2014-2016 野口寝具店 Allrights reserved.