マザーグースダウンの良さ?

マザーグースダウンの羽毛布団は高評価を得ています。どこがどのように良いのか?通常のグースとの違いは何なのか?等の質問について説明を致します。

まずはマザーグース(Mother Goose)とはどのような水鳥なのかを説明をした後に、マザーグースと通常のグースのダウン品質の違いと特徴を説明いたします。

簡単に言うと、マザーグースとグースの違いは飼育期間の違いによる生育の度の違いです。そのためダウンボールの大きさと成熟度に差があります。結果としてマザーグースの羽毛布団の方が保温力とか温度調節機能と言ったダウン品質と耐久性に優れています。

目次

グース農場

マザーグースとは

食肉用に育てるグースの卵を産卵する親鳥のことです。マザーと言っても雌鳥だけでなく、孵化するには雄と雌の両方が必要です。雄雌の割合はポーランドのアニメックス社では雌4羽に雄1羽の割合です。

マザーグースの飼育期間は1年から4年と言われています。1年未満のグースは範疇に含まれないことになります。十分に成長した親鳥と言えます。

通常のグースの飼育期間が16-18週間であるのに比べると長期間飼育されています。その為、体の大きさだけでなくダウンボールも大きくなります。

グース

グランドマザーグース

ホワイトグース

コウダ・ヴィエルカ国立動物飼育科学研究所の管理下でDNAの保存のため純血のグースが存在して、この鳥の卵からマザーグースは生まれます。

マザーのマザーと言うべき鳥からとれた羽毛は別格であり最高級ランクの羽毛布団に使用されます。

たしかに食肉用に飼育しているグース農場には、ホワイトグースのはずなのに茶色い羽根が混じったグースもいます。(写真の中央の1羽)人のほくろのような存在と思います。

マザーグースと通常グースとの違い

ダウンボール

マザーグースは飼育期間が長いため通常のグースと比べると、羽毛の羽枝が長く本数も多いためダウンボールが大きく成長しています。

羽枝の本数と長さ核の大きさの違いは保温力の違いとして表れます。羽枝の本数が多く長ければ包み込む空気の量も多くなります。結果として熱量も多く蓄えることができます。

中心部の核が大きく成長していて丈夫であり羽枝が抜け落ちにくく耐久性に優れています。

羽毛のイメージ図

ダックとグースとマザーグースのダウンボールのイメージ図

マザーグースの基準

マザーグースの厳密な業界の基準値となるものはありません。西川(株)の主な基準はダウンパワー値430dpダウン率93%鳥種混合率1%以下となっています。言いかえれば各社毎に基準があることになります。

マザーグースの基準は、産卵用に飼育された親鳥から採取されたダウンであることは前提として、一般的にはプレミアムゴールドラベルの基準か西川(株)の基準の430dpダウン率93%をクリアしたものになります。

グースダウンは、400dp90%のロイヤルゴールドラベル以上が一般的な基準となります。そのため93%440dpのグースダウンも存在します。

通常グースとの違いは、保温力、温度変化対応域、温度調節機能、耐久性です。ダウンパワー値の差として表れます。

同じ生地の羽毛布団のシリーズ

温度変化対応域とは、寝室の温度変化に対応して羽毛が蓄熱・放熱する機能が働く上限と下限温度域のことです。

羽毛布団の保温力と温度変化対応域

羽毛布団の保温力の違いとは、どれだけの寒さに耐えられるか保温力(断熱性)と温度変化対応域の違いです。

羽毛の温度調整対応域

マザーグースの保温力では、室温が仮に0℃から21℃の変化に対応して寝床内温度を一定に保つとします。

他方、通常のグースの場合では3℃から20℃の域しか対応できないと考えれば、保温力の違いをご理解頂けると思います。

通常のグースの温度調整対応域の3℃を0℃にするために100g程度を増量するタイプもあります。

ただし、増量すると20℃が19℃になり温度変化対応域がせまくなり使用出来る期間が短くなるのと、増量した分重くなるのと温度変化に反応する速さが遅くなります。

温度の数値に関しては説明のために仮に設定した数値です。

マザーグースの温度調節機能

羽毛は温度変化に応じて羽枝を開閉しています。この機能を利用して羽毛布団は適温の状態を保っています。

羽毛を過度に増量することは、満員電車で手足を曲げ伸ばしできないのと同様に羽枝が開閉しづらく温度調節が素早くできません。

通常のグースと比べてマザーグースは、羽枝の本数が多く長く伸びているため少量でも保温力が確保できます。そのため羽枝の開閉がスムースに行われ、熱を蓄えたり放熱したりする温度調節機能に優れています。

通常のグースとの耐久性の違い

マザーグースは飼育期間が1年以上でありグースの16-18週と比べると長く、そのため羽枝の本数と長さ、さらに羽毛の核の成熟度が高く耐久性に優れています。また丁寧に採取されるため傷が少なく耐久性に優れます。

羽毛の採取方法

マザーグースの採取方法は基本的に手摘み(ハンドピック)です。その為に核とか羽枝が傷つきにくく耐久性に優れた良質の羽毛が採取されます。

基本的にと申し上げたのは、母鳥としての役目を終えた後はスローターハウス(食肉加工工場)において、通常のグースと同様に電気ショックにて気絶させた後と殺され機械で羽毛を採取されます。

ただアニメックス社では、通常グースでもと殺後に手作業でダウンを採取しています。会社により採取方法に違いがあります。

羽毛を採取されたマザーグース

ダウンを採取されたマザーグース

精毛工場に集まった羽根

採取されたダウン

精毛前の羽根

各袋にはidタグが付けられていて、どの農場で何時採取されたものかは瞬時に解るようになっています。

精毛前の羽根

通常のグースダウンには、マザーグースの手前の段階で採取された羽毛があります。十分に親鳥に成長したグースから採取された羽毛は440dpのものもあります。このクラスのグース羽毛布団は価格がお手頃で品質が良いのでおすすめです。

羽毛の耐久性

羽毛は使用するにつれ少しずつ摩耗していきます。その際に羽枝の部分的な破損とか核から抜けてしまう場合もあります。摩耗する過程で、羽枝が長ければ長い程、あるいは本数が多いほどダメージは少なくなります。

下の画像をご覧ください。左から徐々に羽枝の摩耗が進んでいっいてます。

羽毛の摩耗劣化

通常のグースより羽枝が長く本数が多い分マザーグースは耐久性に優れています。

羽毛布団の寿命
羽毛布団の寿命?何年使えるか?買い..

ふとんの寿命は、買い換えを検討されたタイミングかもしれません。使用期間は10年から15年ぐらい...

羽毛布団選びのラベル
羽毛布団の選び方

良し悪しの基礎知識を基に羽毛と生地と内部構造を調べます。しかし品質表示の行間を読まないと安心で...

マザーグース羽毛布団の品質ランク

マザーグースならば全て高級羽毛布団であるとは言えず、ダウンパワー(かさ高)とかダウン率の違いによりランクがあります。

ランクの違いは、グースの種の違いと飼育方法、飼育環境、飼育期間、採取時期、精毛行程の違いによるものです。

羽毛はダウン(綿毛)とフェザー(小さい羽根)からなり、ダウン率とはダウンの割合のことです。

ダウン率
羽毛布団のダウン率とは

この比率は、布団の暖かさと耐久性の目安となるものです。この数値が高ければ「一応」上質と言えます...

品質表示の記載

羽毛布団に付いている品質表示票には、マザーグースでも「マザー」の文字がなく「詰め物グースダウン」と表示される場合が多くあります。

通常は布団の添付ラベルにて産地、色等の説明がされます。採取時期に関しては記載されていない場合があります。

マザーグースのダウンパワー

マザーグース羽毛は、食肉用のグースの卵を産む為に飼育されている親鳥から採取された羽毛です。しかし、厳密な品質基準は定めれていないようです。羽毛布団メーカーの考え方の違いなのか?ダウンパワー値の下限値がメーカーにより異なっています。

Mother Gooseと表示して販売していてもダウンパワー値を見るとレギュラーグース並の羽毛布団も見かけます。

当店の基準ではダウンパワー値は430DP以上と考えています。

ダウンパワー
ダウンパワーとは

羽毛布団の保温力の指標!440dpのダウン1gの無加重の体積は500mlのペットボトル約2本分...

羽毛の採取時期

羽毛の採取時期により保温力に差がでます。晩秋に採取されたものは冬用の羽毛です。また、冬を越した後に採取される羽毛は量も多く高品質です。ただし真冬の間は屋内での飼育のため、ホワイトダウンは少し色がくすみがちです。

羽毛の枝羽の構造は樹木に似ています。晩秋の枝羽の状態は樹木で言えば葉を沢山付けた状態です。夏に取れた羽毛の枝羽は夏ばての影響からか枝も小さく弱々しい状態であり、羽毛の量も少なく品質的にもよくありません。採取時期もマザー・グースの品質に関係します。

例えば、上質の羽毛を手作業で選別した後に残った羽毛はダウンパワーも低くなっています。この残った羽毛は「マザーグース」とは言えないと思います。あるいは夏季に採取されたものもランクが低いものです。羽毛布団を購入する際はダウンパワー値もチェックして下さい。

色による品質の違い

羽毛の色にはホワイト、シルバー、ブラウン系があります。有名なホワイト・コーダは言うまでもなく白色です。

色による品質の違いはありません。ダウン率、ダウンパワー値により品質は判断すべきです。ただ生地の色が生成り、白色の場合は、ブラウン系は透けて見える場合があります。

ダウンカラー
羽毛の色の違い

ホワイトグースとシルバーグースどちらが良いのですか?というご質問があります。結論から言えば、色...

産地による品質の違い

羽毛の産地は、順不同にポーランド、ハンガリー、ロシア、ウクライナ、カナダ、中国などがあります。飼育場の自然環境・地理的位置による気候の違い・飼育方法により品質差がでます。同じダウン率、同じダウンパワーでも市場原理により価格差が生まれるのは品質に差があるからです。

具体的には、ポーランド産とかハンガリー産の羽毛より中国産が安く取引されています。この差について大手の羽毛供給会社FBZ社の説明を要約すると、ふとんの使用期間が長いことを考慮したときに違いがでるためとのことでした。

よくある質問に、ポーランド産とハンガリー産ではどちらが優れているのか?答えはどちらとも言えません。厳密にはグース種は違いますが両国とも国産事業として品種改良に取り組んでいます。

この2国においては、産地国での優劣より精毛工程の違いを比べて下さい。具体的にはダウン率とかダウンパワー値の差で優劣を判断することなります。ただし、メーカーの信頼度も合わせて考慮して下さい。

ポーランド産(アニメックスanimex社)、ハンガリー産(FBZ社)は有名です。

羽毛の産地ロゴ
ダウンの産地

ポーランド、ハンガリー?産地はどこがよいのか?寒い地域の産地のものが保温性に優れています。耐久...

下記の写真は、上がポーランドのマザー農場です。下の写真はポーランドのレギュラーグース農場の写真です。金網の中には入れません。

ポーランドの農場

農場内に入るには、雑菌の侵入予防に部外者はビニール袋を靴の上に履いています。

ポーランドのレギュラーグース農場

トレーサビリティ管理

2010年以降は羽毛の産地に関して、トレーサビリティ管理を厳しくするメーカーが増えたように感じます。西川(株)の羽毛ふとんにおいてはトレーサビリティが明確でない羽毛はMother・Gooseの表示をしない様になっています。

例えダウンパワーが440dp以上であろうと飼育農場が明確でないものはレギュラーグースの扱いとのことです。そこに西川ブランドのこだわりを感じます。

マザーグース羽毛ふとん購入時の注意点

羽毛ふとんのラベル等に素晴らしい品質のMother・Gooseと記載されていても、中身が説明どおりであるかは寝具店でも100%確実に見分けるのは難しいものです。判断基準にメーカーの信頼度も含めていることは当店だけではないと思います。

ネット通販で購入される際には注意下さい。安心なのは有名ブランドの製品です。当店ではメーカー名の記載が無いものはおすすめしていません。

ポイントは、ダウンパワーとダウン率に注意してご購入頂ければと思います。

鳥種鑑別混合率

鳥種鑑別混合率とは、グースダウンの中にダックなどの別の種類のダウンが混入している比率のことです。本来は100%であるべきですが混入している場合があります。

日本羽毛製品協同組合(日羽協)では許容範囲を10%未満としています。西川(株)の羽毛ふとんにおいては許容範囲を1%以下として、レギュラーグースの場合7%以下です。なぜこの様なルールが寝具業界に存在するのか?偽装の文字が浮かびます。

充填量

マザー・グースは確かに保温力に優れています。少量でも暖かいとの説明も間違いではありません。しかし、430DP-440DPのグースダウンの場合ですと、シングルロングSLの羽毛ふとんの場合で通常は1.2kg(ダブルは1.6kg)の充填量です。ダウン率とダウンパワーが高い場合は、SLサイズの充填量を1.0kg~1.1kgにして軽くて暖かいふとんに仕上げる場合があります。

ただし、ホワイト・コウダ種とか手選別を繰り返し行った上質ダウンは少量でも十分な保温力が得られます。例えば、97%470DPのグースダウンを充填する場合などはシングルSLですと1.0kgで十分なボリュームです。ダウンの品質に応じて適量を充填することで暖かくて軽いふとんに仕上がります。マザーグースと表示していれば全て良い製品だと考えず、ランクがあることを前提にして十分に内容を確認して選んで下さい。

プレミアムゴールドラベルの注意点

日羽協のプレミアムゴールドのラベル付きだからマザーグース羽毛ふとんとは限りません。このラベルは440dp93%の羽毛製品に添付されています。ダックダウンの製品にも付いています。

羽毛の品質
ダウン品質の見分け方

品質の違いを、品質表示票、添付ラベルの数値や業界用語で理解することはいささか骨が折れます。そこ...

まとめ

マザーグースは、羽毛の一粒一粒が大きく保温性と温度調節機能、耐久性に優れています。しかし、ダウンパワー値とかダウン率などの指標により品質ランクが分かれているため、購入時にはメーカーの信頼度と合わせてチェックする必要があります。

羽毛布団はダウン品質だけでなく側生地の素材、内部のキルト構造も寝心地に関係しています。専門店のおすすめは、マザーグース430dp93%以上の品質で、側生地は綿でも80サテンの上質の超長綿を使い立体一層キルトの羽毛ふとんです。

筆者:野口 英輝

関連するサイト

羽毛布団メーカー
メーカー名の有無?信頼度?

西川以外にも低知名度の良品もあります。しかし、会社名だけで品質を聞くに及ばない場合もあります。...

プレミアムゴールドラベル
プレミアムゴールドラベルとは

日羽協が発行している品質基準を示す4種類のラベルのうちのひとつです。その中でも最高級の品質の製...

アイキャッチ
高級羽毛布団

最高級羽毛布団とはどのようなものか?正直に申し上げますと判りません。これまでに見た最...

羽毛布団購入時チェックリスト
羽毛布団購入時のチェックリスト

購入時にチェックするポイントをリスト化いたしました。勘違いしそうなポイントを紹介致します。...