マザーグース羽毛布団

羽毛布団の人気はグース(鴨goose)羽毛の保温力にあります。グースの中でもマザーグースの羽毛は保温力と温度調節機能に優れています。では一般的なグースとマザーグース羽毛の違いどこなのか?疑問に思われることでしょう。まずはマザーグースとはどのような鳥なのか、そして通常のグースとの違いと購入時の注意点についてご案内いたします。

目次

グース農場

マザーグースとは

マザーグースは、食肉用に育てるグースの卵を産卵する親鳥のことです。マザーと言っても雌鳥だけでなく、孵化するには雄と雌の両方が必要です。雄雌の割合はポーランドのアニメックス社では雌4羽に雄1羽の割合です。

マザーグースの飼育期間は1年から4年と言われています。1年未満はマザーグースの範疇に含まれないことになります。十分に成長した親鳥と言えます。通常のグースの飼育期間が16-18週間であるのに比べて長期間飼育されています。その為、体の大きさだけでなくダウンボールも大きくなります。

マザーグースとグース

グランドマザーグース

ホワイトグース

DNAの保存のため純血のグランドマザーグースが存在して、この鳥の卵からマザーグースは生まれます。この鳥からとれたダウンの羽毛布団は別格です。たしかに食肉用に飼育しているグース農場には、ホワイトグースのはずなのに茶色い羽根が混じったグースもいます。(写真の中央の1羽)人のほくろのような存在と思います。

通常のグース

マザーグースが産卵した鳥は食肉用に育てられ、食肉の副産物として羽毛が採取されています。この採取された羽毛をレギュラーグースダウンとかグースダウンと呼んでいます。採取方法はブラシの機械で採取する会社と手で丁寧に採取する会社があります。手で採取された方が損傷も少なく良質のダウンに仕上がります。上の図の様に供給量はマザーグースの何十倍もあります。

マザーグースと通常グースとの違い

マザーグースのダウンボール

マザーグースとレギュラーグースの違いは、飼育期間の違いによるダウンボールの大きさ(羽枝の長さ数)の違いです。マザーグースはダウンボールが大きいので少量で保温力が確保できます。

マザーグースと通常グースの違いは、保温力、温度変化対応域、温度調節機能、耐久性です。

マザーグースは寝室の温度変化域がグースに比べて幅広く対応でき、温度変化に素早く対応できるため快適な羽毛布団に仕上がります。レギュラーグースで同じ保温力を持たせるには少し増量しなければなりません。しかしその分重くなるのと温度変化に反応する速さが遅くなります。

マザーグースの保温力と温度変化対応域

羽毛の温度調整対応域

マザーグースの保温力

マザーグースと通常のグースの羽毛の品質差は、保温力の違いがまず1番にあげられます。保温力とはどれだけの寒さに耐えられるか断熱性の違いです。

マザーグースの温度変化対応域

マザーグースであれば、室温が仮に0℃から21℃の変化に対応して寝床内温度を一定に保つとします。通常のグースの場合では、3℃から20℃の域しか対応できないと考えれば羽毛品質の一面がご理解頂けると思います。通常のグースダウンの温度調整対応域の3℃を0℃にするために100g程度を増量するケースもあります。ただし増量すると20℃が19℃になり使用出来る期間が短くなります。

マザーグースの温度調節機能

羽毛は温度調節のためダウンボールの羽枝を開閉しています。羽毛を過度に増量することは、満員電車で手足を曲げ伸ばしできないのと同様に羽枝が開閉しづらく温度調節が素早くできません。温度の数値に関しては説明のために仮に設定した数値です。マザーグースとレギュラーグースの違いは耐久性の差もあります。

マザーグースとグースの耐久性

マザーグースは飼育期間が1年以上でありグースの16-18週と比べ長いため、羽枝の本数と長さ、さらにダウンの核の成熟度が高く耐久性に優れています。また丁寧に採取されたマザーグースダウンは傷が少なく耐久性に優れます。

通常のグースダウンには、マザーグースの手前の段階で採取されたダウンがあります。十分に親鳥に成長したグースから採取されたダウンはタウンパー440dpもあり得ます。このグースダウンの品質はほぼマザーグースです。このクラスのグース羽毛は価格がお手頃で品質が良いのでお勧めです。

マザーグースのランク

マザーグースならば高級羽毛布団であるとは限りません。ダウンパワー値とかダウン率の違いによりランクがございます。

マザーグースの品質表示

羽毛布団に付いている品質表示票には、マザーグースでも「マザー」の文字がなく「詰め物グースダウン」と表示される場合が多くあります。通常は添付ラベルにてマザーグースの産地、採取時期、色等の説明がされます。

マザーグースのダウンパワー

マザーグースと表示をしているが、ダウンパワー値を見るとレギュラーグース並の羽毛布団も見かけます。当店の基準ではダウンパワー値は430DP以上と考えていますが、430DPに満たない品質でもマザーグースの表示をしているものも見かけます。

マザーグースの採取時期

マザーグースの採取時期により保温力に差がでます。晩秋に採取されたものは冬用のダウンです。また、冬を越した後に採取されるダウンは量も多く高品質です。ただし真冬の間は屋内での飼育のため、ホワイトダウンは少し色がくすみがちです。

羽毛の枝羽の構造は樹木に似ています。晩秋のダウンの枝羽の状態は樹木で言えば葉を沢山付けた状態です。夏に取れたダウンの枝羽は樹木が冬に葉を落とした枝だけの状態を想像して下さい。夏ばての影響からかダウンの量も少なく品質的も低下しています。採取時期もマザーグースの品質に関係します。

例えば、上質のダウンを手作業で選別した後に残ったダウンはダウンパワーも低くなっています。この残ったダウンは「マザーグース」とは言えないと思います。あるいは夏季に採取されたダウンもランクが低いものです。羽毛布団を購入する際はダウンパワー値もチェックして下さい。

スティッキーダウンの羽毛布団

リンケージダウン,スティッキーダウン

マザーグース中でも、ダウン同士が絡む特性をもったものをスティッキーダウンとかリンケージダウンと言っています。絡むことでダウン同士の隙間がなくなりより保温力が増します。ポーランドとかハンガリー産の上質のスティッキーダウンは、ごく一部の限られた量しかありません。スティッキーダウンの冠をつけた低品質の羽毛布団もあるので注意して下さい。

マザーグースのランクは、日本に輸入された後の処理によっても違いが出ます。業界基準は羽毛を洗浄した水の透明度が500mmですが、当店が扱っている西川のマザーグースにおいては1000mmになるまで洗浄をしています。ポーランドのアニメックス社とかハンガリー産のFBZ社のマザーグースは、工場にて1000mm洗浄をすでにされています。洗浄回数と羽毛品質は関係ありません。汚れている羽毛は洗浄回数が多くなり油脂分の低下にもつながります。

マザーグースの産地

羽毛の産地は、順不同にポーランド、ハンガリー、ロシア、ウクライナ、カナダ、中国などがあります。マザーグースダウンは産地国を表示されています。飼育場の自然環境・地理的位置による気候の違い・飼育方法により品質差がでます。同じダウン率、同じダウンパワーでも市場原理により価格差が生まれるのは品質に差があるからです。

具体的には、ポーランド産とかハンガリー産のマザーグースより中国産が安く取引されています。この差について大手の羽毛供給会社の説明を要約すると、羽毛布団の使用期間が長いことを考慮したときに違いがでるためとのことでした。

よくある質問に、ポーランド産とハンガリー産のマザーグースではどちらが優れているのか?答えはどちらとも言えません。厳密にはグース種は違いますが両国とも国産事業として品種改良に取り組んでいます。この2国においては、産地国での優劣より精毛工程の違いを比べて下さい。具体的にはダウン率とかダウンパワー値の差で優劣を判断することなります。ただし、メーカーの信頼度も合わせて考慮して下さい。ポーランド産(アニメックス社)、ハンガリー産(FBZ社)は有名です。

下記の写真は、上がポーランドのマザーグース農場です。下の写真はポーランドのレギュラーグース農場の写真です。金網の中には入れません。

ポーランドのマザーグース農場

農場内に入るには、雑菌の侵入予防に部外者はビニール袋を靴の上に履いています。

ポーランドのレギュラーグース農場

マザーグースのトレーサビリティ管理

2010年以降は羽毛の産地に関して、トレーサビリティ管理を厳しくするメーカーが増えたように感じます。西川(株)の羽毛ふとんにおいてはトレーサビリティが明確でないダウンはマザーグースの表示しない様になっています。基本的に「ダウンパス」のラベルはつきません。例えダウンパワーが440dp以上であろうと飼育農場が明確でないものはレギュラーグースの扱いとのことです。

マザーグース羽毛布団の注意点

羽毛布団のラベル等に素晴らしい品質のマザーグースと記載されていても、中身が説明どおりであるかは寝具店でも確実に見分けるのは難しいものです。判断基準にメーカーの信頼度も含めていることは当店だけではないと思います。羽毛布団をネット通販で購入される際には注意下さい。当店ではメーカー名の記載が無いものは論外です。

マザーグースの鳥種鑑別混合率

鳥種鑑別混合率とは、グースダウンの中にダックなどの別の種類のダウンが混入している比率のことです。本来は100%であるべきですが混入している場合があります。

日本羽毛製品協同組合(日羽協)では許容範囲を10%未満としています。西川(株)の羽毛ふとんにおいてはレギュラーグースの場合7%以下であり、マザーグースの場合だと許容範囲を1%以下としています。なぜこの様なルールが寝具業界に存在するのか?偽装の文字が浮かびます。

マザーグースの充填量

マザーグースダウンは確かに保温力に優れています。少量でも暖かいとの説明も間違いではありません。しかし、ダウンパワー値430DP-440DPのグースダウンの場合ですと、通常はシングルで1.2kgの充填量です。ダウン率とダウンパワーが上質のグースでない場合は、シングルの充填量を1.1kgにすることは少ないと思います。

確かにコウダ種のマザーグースとか、手選別を繰り返し行った上質羽毛は少量でも十分な場合がございます。例えば、ダウン率97%470DPのグースダウンを充填する場合などはシングルですと1.0kgで十分です。ダウンの品質に応じて適量を充填することで暖かくて軽い羽毛布団に仕上がります。マザーグースと表示していれば全て良いものだと考えず、ランクがあることを前提にして選んで下さい。

筆者:野口 英輝

羽毛布団売り場

関連するサイト