羽毛布団の品質表示票の行間

 羽毛布団の品質表示票のサンプル画像です。検査印の部分を削除しています。

品質表示票
  • サイズ:150㎝ × 210cm シングルロング
  • 羽毛混合率:ダウン95%フェザー5%
  • 充填量:1.2kg
  • 鳥の種類:グース
  • 製造国:日本製

 この品質表示票(タグ)には布団のサイズが幅150㎝長さ210cmでシングルロングサイズであることが記載されています。

 更に側生地は綿100%の生地を使用して、ダウンとフェザーの混合率がダウン95%フェザー5%、ダウンを1.2kg充填していることが記載されています。

 ダウンの鳥の種類はグースであり最終製造国が日本と解ります。

 (株)京都西川の羽毛布団を扱われている業者の方であれば、この品番からハンガリーシルバーマザーグース(HS-M)、ダウン混合率95%、内部構造は2層式(TW)であることも解ります。

 (株)京都西川の羽毛布団のマザーグースなので、少なくともダウンパワー430dp以上であることは判ります。メーカーが違えばダウンパワーの確定はできません。

 上記の例はまだ解りやすい方だと思いますが、一般の消費者にとっては、この品質表示票からの情報だけでは、羽毛布団の良し悪しを判断出来ないのではないでしょうか。

 誠に申し訳ございませんが、マザーグースとか、ダウンパワー430dpなどの用語につきましては、羽毛布団の選び方のページの羽毛編にて説明をしていますのでご覧下さい。

羽毛布団の品質表示票の数値

品質表示票 羽毛布団のタグには記載されていない、記載されていても消費者の方には解らない情報をリストアップ致します。

  • ハンガリー産シルバーマザーグース
  • ダウン洗浄度1000mm
  • ダウンパワー430dp
  • 超長綿80番手サテン織り
  • 2層構造(TWは消費者には意味不明)

 この品質表示票の記載内容では、ダウン率は記載されていますが、それ以外のダウンの品質は解りません。側生地も綿との表示だけで詳細内容は解りません。よくあるお問い合わせの中に、”商品の説明蘭にはマザーグースと書かれているが、品質表示票には「詰め物グースダウン」との表示ですがマザーグースなのでしょうか”との質問があります。通常は、どのメーカーもマザーグースを詰めた羽毛布団の品質表示票には「グース」とだけ記載することはあります。

 品質表示票には「詰め物グースダウン」と記載して、添付ラベル等によりダウンの産地とかダウンパワー値、マザーグースのようなダウンのランクを表しています。

羽毛布団の添付ラベル

 この羽毛布団に添付されているラベルを掲載いたします。

添付ラベル
  • ハンガリー産シルバーマザーグース
  • ダウンパワー430dp
  • 日本製ふとん側生地
  • 2層構造

 どのメーカーも品質表示表の情報を補完するために別途説明書とかラベルを添付しています。ダウンの産地とか生地素材情報などがラベルで説明されています。

 しかし、添付ラベルにおいても全て補完できない場合もございます。上記の羽毛布団の場合ですと、ダウンの1000mm洗浄という表示はありません。しかし(株)京都西川の羽毛布団において、このクラスのダウンは間違いなく1000mm洗浄されています。確認済みです!。

 この画像にはありませんが、生地素材を説明したラベルが添付されている羽毛布団もございます。生地素材の表示で、例えば「綿」と表示されているだけでは品質に幅がありすぎます。綿でもギザ45など高級素材を使用したものもあります。また、日本製ふとん側生地なのか海外製なのかによっても品質に差があり価格も違います。

 同じ品質表示であっても価格差ができることになります。この様に詳しく品質を精査することで品質差が明らかになります。当然ですが寝心地も違ったものになります。

 品質表示票の「日本製」とあれば、一般的な羽毛布団の製造工程だと、ダウンの吹き込み行程が国内で行われたら「日本製」と表示されています。半製品の段階まで海外製であることが多くなっています。詳しくは、日本製羽毛布団は純国産?のサイトをご覧下さい。

 このように品質表示票とか添付ラベル以外にもメーカーの経営理念の違いなのかと思えるような品質差がございます。

日本羽毛製品協同組合(日羽協)のゴールドラベルの品質

日羽協のゴールドラベル 西川ブランドの羽毛布団には付いていませんが、日羽協が作ったダウンの品質を表すラベルです。左の黒色ラベルが最高級クラスのダウンに添付されています。

 冒頭の「(株)京都西川のマザーグースなのでダウンパワー430dp」との説明に疑問に思われた方もいるかと思います。補足いたします。(株)京都西川は、日羽協の組合に加盟していますが上記のラベルは添付していません。(株)京都西川では、マザーグースである以上はダウンパワー430dp以上と社内基準で決めています。

品質表示票の数値に許容誤差

 最後に、あくまで当店の私感でございますが、品質表示票等に記載の各々の数値においてメーカーにより差を感じることがございます。たぶん「誤差」、「許容範囲」の認識の違いだと思います。誤差とか未規定の項目を悪用しているのではないかと思えるもケースもあります。

 一例としては、品質表示票には記載されていないダウンパワー値について、あるメーカーでは、430dpと表示する場合には、測定結果の平均値が440dp以上であるとことが条件とする社内基準を設けているようです。確かにこの会社の羽毛布団は他社の440dpと表示しているものと比較しても遜色のない感触が得られます。

 残念ながら逆の場合もあります。440dp以上のラベルが付いている場合でも400dp程度かと感じるものもあります。具体的に言うと表示はマザーグースですが低クラスのグースダウンかもしれません。

 メーカーから販売店までは、製品情報は100%とは言えませんが90%以上の情報は伝わっていると思います。ただ販売店において全ての情報を説明していない場合があるように感じます。

 1例として「ポーランド産ダウン93%、側生地は綿100%の羽毛布団」この説明だけで金額表示をしている場合がございます。この条件だけでは品質差と価格差がありすぎます。

 羽毛布団の説明は、品質表示票の情報を補う詳細情報を記載すべきと思います。

 広告の表示の仕方にも問題があるように感じます。この価格差については羽毛布団の価格の謎のサイトで説明をしています。


おすすめ品

12個リストアップ