マザーダックダウン羽毛布団

マザーダックダウン羽毛布団の中には、ダウンパワー440dp以上のダウンである証のプレミアムゴールドラベルが付いているものがあります。 このラベルがマザーグース羽毛布団に添付されているのなら不思議ではありません。 しかし、同じプレミアムゴールドラベルがマザーダックの羽毛布団に付いていて、更にマザーグースの羽毛布団よりはるかに安い価格で販売されています。不思議なことです。

マザーダックダウンとは

寝具業界にはマザーダックという明確な基準あるいは規定は、2014年現在において当店の知る限りにおいてはありません。勉強不足なのかもしれません。当然ながら「マザーダック」という言葉は知っています。十分に成長したダックもしくは産卵用のダックを指しているのかもしれません。また、プレミアムゴールドラベルを添付したマザーダックダウンを充填した羽毛布団に触れたこともございます。ダウンの産地は中国吉林省とのことでした。

プレミアムゴールドラベル羽毛布団には、マザーグースとマザーダックの2種類のダウンを詰めたものが存在しています。プレミアムゴールドラベル羽毛布団は、グースダウンを必ず使用していると思わないでください。2013年はじめに、プレミアムゴールドラベル付き羽毛布団にマザーダックを詰めたものがあることを知りました。当時は、体格の大きいダックから採取して手選別で作られた品質かと思いました。しかし、中国のある地域には440dpを出せるダックが存在しているようです。そしてプレミアムゴールドラベル付きマザーダックの羽毛布団は、マザーグースの羽毛布団よりはるかに安く販売されています。

マザーダック≠マザーグース

「マザーグース」と「マザーダック」は同じように「マザー」が付いていて、一般の消費者にとっては混同して受け止めがちと思います。プレミアムゴールドラベルの添付されたマザーダックの羽毛布団が安ければ、マザーグースの羽毛布団と思い込んで購入する消費者の方もいるのではないかと思います。

ダウンパワー440dpのマザーダックを充填したの羽毛布団は、2013年ころから見かけるようになったと記憶しています。2012年の秋からマザーグースの入荷が遅れがちになっていました。マザーグースは高級品の代名詞と言っても過言ではないと考えます。事実人気があります。マザーダックが表舞台に出てきたきっかけは、2012年秋の入荷の遅れと関係があるのではと思います。ダウンパワー440dpのマザーグースの「代用品」として市場に出てきたのではと思います。

マザーダック羽毛布団の安さ

あくまで当店店主の私感です。品質の違いがあるから値段の違いがあるのです。同じ品質でグースとダックの文字の違いだけであれば、同じ価格で販売できると考えます。安く販売するには安くする理由があるのです。安く仕入れができたからという理由はこの場合通用しません。そのお店に安く販売した業者なりメーカーはなぜ安くしたのか?禅問答ではありませんが、品質差があるため安くなっていると考えます。

マザーダック羽毛布団の弾力性

現物のマザーダックとマザーグースの羽毛布団を並べて、手で押さえて弾力性を比べるとマザーダックの方が弾力性は強く、品質的に優れたように感じると思います。安くてふくらみが良ければ、お買い得品の様に感じるかも知れませんが、仮にダウンパワー値が同じで反発力が弱くてもマザーグースが品質は優れています。

440dpマザーダックダウンと有名メーカーの羽毛布団に使用されている420-430dpクラスのレギュラーグースを比較するとグースが優れていると思います。見た目は440dpとダウンパワー値は高く優れている様ですが、長期間使用する耐久消費財である布団の場合は、やはり耐久性の点から当店ではグースをおすすめしています。

ダウンの品質、つまり保温力と温度調節機能に差があるから価格差ができています。簡単に言うとダックとグースではダウンの内部構造に違いがあります。詳しくはダックとグース羽毛の違いのページをご覧ください。

詳しくは、羽毛布団の品質の違いについて説明をしている羽毛品質での羽毛布団の選び方のサイトをご案内いたします。お役に立てれば幸いです。ご満足のいくレベルの羽毛布団をお選びいただき、すっきりとした目覚めをして頂く事を願っています。

筆者:野口 英輝

関連するサイト