羽毛布団の価格?あなたの睡眠の価値は菓子パン半分?

 羽毛布団を選ぶのに迷ったら、なぜ眠るのかと考えて下さい。睡眠は脳と体をリフレッシュすることです。心地よく眠り、「すっきりとした目覚」ができたなら、きっとその日は素晴らしい1日になることでしょう。健康的な暮らしは快眠から得られます。そのための寝具は大切な生活用品です。

 羽毛布団を選ぶ時に何を基準に選ぶかにより、お勧めできる羽毛布団が異なります。保温力を優先するのか?、価格を優先するのか?あるいは寝心地感を優先させるのか?色々な選び方の基準があります。保温力を優先する場合は羽毛布団の価格と保温力(暖かさ)のページをご覧下さい。価格を優先する場合は、当店の羽毛布団では価格順に並べ替えて選んで下さい。羽毛布団の選び方において価格差(品質差)が生まれる背景などを説明したサイトは、羽毛布団の選び方のページをご覧下さい。

あなたの睡眠の価値は菓子パン半分

 人は食べることと眠ることは避けることはできません。断食も継続できず、また眠らずにいることもできません。ちなみに、ギネスブックの不眠記録は、265時間12分で11日間というものがございます。眠ることは食事とともに大切なことです。

 20万円と10万円の価格のふたつ羽毛布団があったとして、1年の内で10月の中旬から5月中旬まで使うとしたら7ヶ月使うことになります。1年は365日なので、365日/12月×7月とすると約210日となります。羽毛布団の使用年数はおおよそ15年とすると、210日×15年とすると3150日使用することになります。20万円の羽毛布団の場合、20万円を3150日で割ると1日あたりの単価は64円となります。10万円の方は32円と言うことになります。32円では菓子パンは買えないかもしれません。10万円の羽毛布団の一日当たりの価格は菓子パン半分程度です。この価格は高いと言えるのでしょうか。

 寝るためには羽毛布団だけでは眠れません。当然、敷き寝具とかカバーが必要になります。その他の寝具を仮に6万円として、1年365日使い耐用年数を10年と設定すると1日当たり約16円となります。計算を単純化するために、その他の寝具は共に同じ6万円のものを使用するとすとします。20万円の羽毛布団で寝る人の寝具の1日当たりの価格は、羽毛布団の64円とその他の寝具の16円の合計で80円となります。10万円の方は48円になります。

 20万円の羽毛布団との組み合わせの寝具だと80円が、あなたの明日の素晴らしい1日のための睡眠に必要な費用(寝費)です。心地よく眠り、「すっきりとした目覚」ができたなら、きっと素晴らしい1日になるでしょう。果たしてあなたの睡眠の価値はいくらぐらいなのでしょうか?考えると眠れなくなりそうです・・・。朝の「すっきりとした目覚」は確かにその日一日が充実した日になります。そのための価格が48円なのか80円なのかで迷っているのでしょうか。

あなたにとって食事と睡眠どちらが重要?

 食事と睡眠どちらも重要です。欠くことはできないものです。あなたの朝食が仮にモーニングサービスとすれば、コーヒーとトースト+サラダ、おまけして「ゆで卵」を付けたとするとお値段はいくらぐらいでしょうか?庶民的なお値段としては400円~程度だと思います。いやいや朝食は食べないという方もいるかもしれません。それではエンゲル係数ではありませんが、夕食が仮に特売品の80円のパンが1個だとすればいかがでしょうか?80円という価格は高いのでしょうか。

 明日と言う日を素晴らしい1日とするためには質の良い睡眠が必要です。その睡眠のための大切な道具である寝具の一晩の価格が、特売品の食パン1個の値段と同額とすれば、20万円は高いでしょうか?安いのでしょうか?あえて「特売品」と致しましたが、普通の菓子パンのお値段は100円以上はすると思います。10万円の羽毛布団と敷きふとんで寝る場合の費用(寝費)は48円となります。食事に置き換えるなら菓子パンの半分しか食べていないことになります。質の良い睡眠を得ることは質の良い食事をする事と同様に大切なことです。あなたの一晩の睡眠の価値は菓子パン半分の価格で良いのでしょうか?

寝具は「すっきりとした目覚」を得るための道具

 睡眠は、今日の疲れを取り大切な明日の日に備えるために、脳と体をリフレッシュすることです。深い睡眠を取ることで成長ホルモンを分泌しています。私はこの年だから成長はしていないと思われるかもしれませんが、このホルモンは傷ついた細胞を補うため、新たな細胞を作っています。身長は伸びていないかもしれませんが髪の毛は伸びています。

 寝ることは、食事と共に私たちの体を再生させるために重要なことです。寝ることはサボルことではありません。睡眠は脳と体をリフレッシュすることであり、寝具はそのための重要な道具だと考えて下さい。

 あなたの夕食が特売品の菓子パン1個あるいは半分だとしたら・・・。20万円は果たして高いものでしょうか?菓子パン半個の羽毛布団は高いのでしょうか?

 上記の設定条件は、地域の季候、羽毛布団の素材によっては合わない場合もあるかもしれません。日本国内の平均的な季候と、平均的な使用年数と思われる数値を基にして計算してみました。1年のうち7ヶ月も使わない方もいるでしょう。12月から4月までの5ヶ月として、15年も使わずに10年としても10万円の羽毛布団は1日当たりの価格は60円です。60円では菓子パン1個は買えないと思います。少々荒削りな計算でございますが、睡眠の大切さと寝具が睡眠のための大切な道具であることを、ご理解頂ければと願いこのページを作成致しました。

 出費に占める食費の割合をエンゲル係数とするなら、寝具が占める割合を「寝るゲル係数」「よくねる係数」とでもすると、1日あたり80円の寝具の価格は高いのでしょうか?20万円の価格の羽毛布団もご検討頂ければと思います。20万円と言わず1,000,000円以上の製品もございます。寝具は食事のように味覚でダイレクトに感じることはできませんが、さらに上質の寝心地を味わって頂ければと願っています。当店の羽毛布団の保温力を料理に例えて説明をしたサイトを設けました。あくまでも「当店の商品に関して」との冠を付けている点ご理解くださいますようお願いいたします。

 最後に、羽毛布団の購入時のチェックリストをご案内いたします。当店サイトの選び方のページもご覧頂いた後、購入される前にご覧頂きたいページです。

ページトップへ▲

おすすめ品

12個リストアップ


Copyright(c)2014-2018 野口寝具店 Allrights reserved.