「コスパに優れて安くて良い羽毛布団はありませんか?」とのお問合せを頂く事が多くあります。

よくよくお話しをお聞きすると、子供さんの大学入学の為に一人暮らしを始めるに当たりお問合せを頂いているようです。

本来「安くて良い」ものは無いとは言えませんが、禅問答ではありませんが基本的に安く売られるものは高くは売れないものなのです。

要するにリーズナブルなお値段でコスパ最強の羽毛布団をお探しと理解してご提案させて頂くことが多くなった気がしています。

コスパ=費用対効果なのだから費用が安いのはよいのですが、効果が得られない羽毛布団では意味がありません。

結論を申し上げると、コスパ最強の羽毛布団の選び方のポイントはグースダウン400dpが品質条件になります。

コスパに優れた実用的な羽毛布団

羽毛布団で実用的とは、まず十分に暖かく満足できる睡眠が出来ることが条件になります。満足できるとは個人により差はあると思いますが、基本的に寒くない程度にお休み頂ける保温力があるクラスと考えています。

この条件を満たす羽毛布団とは、どのような品質条件にするべきか迷う所です。

実用的な羽毛布団はグースダウン

30余年にわたり羽毛布団を販売してきた経験から言えることは、コスパに優れて実用的な羽毛布団となるとグースダウンでダウンパワー値は400dp以上あることが条件になると考えます。

当店がダックダウンの羽毛布団を販売していない理由でもあります。この条件で線引きをしないと消費者の方を迷わすだけです。これでかなり絞り込みが出来るはずです。

後は側生地を新合繊か超長綿の60番手もしくは80番手にすることで価格ゾーンが狭まります。コスパに優れたと言う条件をどのように判断するかによります。海外縫製にするか、国内縫製にするかにより価格が異なってきます。

コスパに優れた羽毛布団

今回は、できる限り価格を抑えてのご提案させて頂きます。

  • グースダウン
  • ダウンパワー400dp以上
  • 詰め物の量 1.2kg-1.3kg
  • 側生地は 合繊または超長綿60~80番手
  • 海外縫製の日本製
  • 信頼出来るメーカー製

これ以上の条件を付けると予算オーバーになるかもしれません。

当店では、この条件にズバリ該当するものはありません。近いものはありますが50000円以上になってしまいます。

実用的な羽毛布団の価格

「50000円は高い」とのお声が聞こえました。この条件でショッピングモール等で検索すればいくらでも安い羽毛布団はあるよとのお声もあります。低価格の製品があるのも知っています。

販売しない理由は偽装が心配で売りたくないだけです。羽毛布団に関わって足かけ30余年ほぼ毎日羽毛布団のことを考えています。

破格値の羽毛布団の仕入れのご提案も受けることがございます。しかし、店主の手の感触がどうしても仕入の許可を出せないのが現状です。

グースダウンの羽毛布団としてご提案を頂いても、現物を広げてしばらく見ていれば価格交渉にいたらない場合があります。

コスパに優れた実用的な羽毛布団の指標

品質表示票を見ればグースダウンかどうかは記載があります。ホワイトダウンはほぼダックダウンです。

ダウンパワーは日羽協加盟のメーカーならロイヤルゴールドラベルが付いて入れは400dp以上です。

西川の場合はダウンパワー表示のラベルか付いているものと付いていない製品があります。その場合はグースダウンでダウン率93%以上ならほぼ400dp以上です。

詰め物の量と側生地素材は品質表示票に記載があります。超長綿かどうか?糸番手は別途添付ラベルに記載があります。コスパに耐久性を加えるなら60番手の超長綿がおすすめです。ポリエステルの側生地にすれば安くなりますが蒸れ感の問題からおすすめできません。

海外縫製の日本製かどうかは、ただ単に「日本戦」と記載されている場合は海外縫製と判断しても間違いはありません。丁寧な縫製が必要なら「国内縫製」を条件に加えてください。

最後に信頼出来るメーカーか否かについては、「メーカー名 羽毛布団」をキーワードとして検索した結果、多くの製品がリストアップされ品質がよい製品が多くあれば一応信頼は出来ます。

コスパ最強の羽毛布団

コスパ最強の羽毛布団とは、十分な保温力がある品質が前提条件になりできればリーズナブルな価格であるべきです。

「安かったので購入した羽毛布団が寒くて寝られない」とのいう話はよく聞きます。「安物買いの銭失い」にならないようご注意ください。

ただ安いだけの羽毛布団は、まず販売価格(コスト)が設定されてその条件下で製造されるため羽毛布団としての性能(パフォーマンス)が十分であるとは言えません。

まずは羽毛布団の選び方の基本としてグースとダックの羽毛の違いとダウンパワーが選ぶ際の重要な指標であることをご理解ください。

コスパに優れた羽毛布団の価格には限界があります。安くなればなるほど羽毛の偽装問題の可能性は増します。

実用的で安心なコスパ最強の羽毛布団の条件は、「400dpグースダウン+60番手超長綿であり信頼出来るメーカー製が前提条件となり、さらにリーズナブルな価格の羽毛布団となります。」

筆者:野口 英輝

関連サイト

羽毛布団の購入予算
羽毛布団購入予算決め方

購入予算はどのように決めたのか?情報の出所により予算が異なるかも?情報源はテレビ通販?寝具店?...

一人暮らしの羽毛布団

一人暮らしの羽毛布団を選ぶ際は価格優先で選ぶと失敗します。保温力重視で選んで下さい。...

羽毛布団とダクロン布団の対比

安い羽毛布団とダクロン綿の掛け布団を比較するとコスパに優れているのはダクロン掛け布団。...

激安羽毛布団のコスパ?ユニクロのダ..

激安羽毛布団は実質的には20000円前後でネット通販では日常的に販売されています。...

羽毛布団の側生地選考基準で選んだ生地
羽毛布団の側生地選定!寝心地耐久性..

消費者の方が羽毛布団を選ぶ際に側生地の素材や品質を選ぶ際の一助になればと...