羽毛布団打ち直しリフォーム・リサイクルの疑問

メニュー

  • 羽毛布団打ち直しリフォーム

    打ち直した羽毛布団の品質を数値化して費用対効果を判断!打ち直した羽毛布団の品質は新品の8割以下!リフォームをお勧めできる羽毛はマザーグース、使用期間は10年未満、回数は1回まで。ダックはおすすめできません。

  • 羽毛布団のクリーニング

    羽毛布団のクリーニングの時期と回数と方法のご案内。カバー交換を多くするのと汗ばむ時に合い掛け布団を使用して羽毛布団を汚さずクリーニングは約8年に1回。洗濯方法は水洗いか弱ドライクリーニングがお勧め。

  • 羽毛リサイクル

    羽毛布団の処分に困っている方が多くなっています。ダウンが高騰したことでリサイクルして再生利用することが可能になってきています。使用済み羽毛布団の回収方法の多様化が期待されています。

  • 不要羽毛ふとん回収再生の絆プロジェクト

    羽毛ふとんリサイクル再生の絆プロジェクトの詳細。羽毛布団回収企画・現在計画中。課題は運賃の高騰による羽毛ふとん回収費用です。

  • 羽毛布団処分は粗大ゴミかリサイクル

    羽毛布団を処分する方法には、粗大ゴミとして破棄するかダウンをリサイクルして再利用するグリーンダウンとして有効活用する方法があります。不要羽毛ふとんは捨てる前に、リサイクル再生もご検討下さい。

  • リサイクル羽毛の品質基準

    リサイクル羽毛の品質基準が日本羽毛製品協同組合により策定されています。鳥インフルエンザによるバージンダウンの高騰により、リサイクル羽毛の再評価にともない品質基準が設けられたのだと思います。