ふとん寝具の選び方

ふとん寝具は寝る道具

寝ることは疲労回復すること細胞リフレッシュすること

寝ることは、傷ついた細胞をリフレッシュして、身体の各所にたまったストレスを取り除くことです。決してサボることではありません。寝ている間に成長ホルモンを分泌させて細胞を再生させています。睡眠とは、身体の各所に溜まった歪みを寝ている間にほぐし取り除くことで、すっきりとした目覚めをむかえ、充実した一日を過ごすための準備の様なものです。人生を有意義なものにするベースを作ることかもしれません。どうか寝具は慎重に選んで頂けたらと願っています。ふとん寝具の選び方の基本は、掛け布団、敷きふとん、枕、補助寝具に分かれます。

自分に合った寝具の選び方

自分に合った寝具とは、まずは大きさ特に長さは大切です。竹輪ふとんになっては寒くて寝られません。また太い人はワンサイズアップすることで暖かくお休みいただけるのではないでしょうか。また、体重が重い方は敷き布団の硬さにも配慮する必要があります。柔らかすぎると体が沈み込み過ぎて寝姿勢が悪くなりリフレッシュできなくなります。このページでは、これまで紹介してきた寝具の選び方をピックアップして紹介いたします。

羽毛布団の選び方

羽毛布団は高価なうえに中味が見えず、例え見えたとしても品質を見極めることができないため、羽毛布団を買う際にどのランクのものを買えば良いのか迷われることと思います。そこで価格差(品質差)が生まれる背景と満足できる羽毛布団の選び方についてニュートラルな視点でご説明致します。羽毛布団の選び方。品質表示票の行間を読むのサイトにてご案内いたします。このページからのリンク先には、ネット上で羽毛布団を購入する際の落とし穴(注意点)についても紹介しています。

寝返りと敷きふとんの硬さ

敷きふとんとマットレスを合わせて「敷き寝具」としてご案内いたします。敷きふとんとマットレスには本来別々の役割がありますが、硬さという点において敷き寝具として説明をさせていただきます。寝返りのしやすさと敷きふとんの硬さの関係?として敷き寝具をとらえると、体圧分散もある程度重要ですが体が敷き寝具に沈み込みすぎると寝返りはうちにくくなります。こちらの敷き布団の選び方のページがお役に立てたなら幸いです。

自分に合った枕の選び方

これまで枕の新製品が出るたびに色々試してみましたが、製品の状態で自分に合ったともうすべきか、おさまりの良い枕に出会えませんでした。もっとも残念であったのがウレタン素材の低反発枕でした。自分の高さに合うように高さを調整をするため、カッターナイフで切り取っていくと、途中から低すぎるように感じ・・・途中で調節をあきらめ前の枕を使うようになりました。2万円の枕がゴミになってしまいました。そこで、自分に合った枕の選び方のページでは、高さを自在に調節ができ復元できる枕を紹介いたします。

品質表示票による寝具の選び方

品質表示費用には、主要部分毎に素材を表示しています。寝心地求める寝具の選ぶには、この主要部位毎の素材を確認する必要があります。

品質表示票の組成

品質表示費用には、側生地は綿30%ポリエステル70%の様な表示がございます。この様な場合にはポリエステル素材の特徴が寝心地に大きく関係することになります。

主要部分毎の素材の組合わせによっても寝心地が変わります。他の例では麻パットにおいては、側の表面は麻なのですが中身のワタはポリエステルわたを充填としている場合は、ポリエステル素材の特徴が寝心地に関係してしまいます。

素材の品質ランク

素材の特徴においても、素材の基となる原始素材の違いがあります。例えば綿素材であれば、エジプト綿のギザ45とかインド綿のラムコなどは素晴らしい品質です。

店主のふとん寝具の選び方

ふとん寝具は、体の疲労を取るために使います。疲労を取るためには脳も含めて体をリラックスさせる必要があります。リラックスするためには、温度・湿度・体圧分散の調節管理が必要です。温度・湿度・体圧分散の調節をコントロールする道具が寝具です。

温度・湿度・体圧分散の調節をコントロールするためには、体に合ったサイズと寝室の温度に応じた保温力、湿度調節機能が必要になります。これらの機能は、寝具の素材と素材品質に大きく関係しています。

ふとん寝具の選び方は、体に合うサイズであること、温度湿度調節機能を品質表示票などを総合的に判断する事です。基本的に温度湿度調節機能は金額に比例しています。