毛布は羽毛布団の上か下か

毛布は羽毛布団の上に掛けるか?

羽毛布団は冬の間は1枚で大丈夫と申し上げたいのですが、秋から春まで1枚で十分暖かい場合もあります。しかし、秋とか春にはダウンの温度調節機能が働いて適温で心地よい場合がありまが、真冬には羽毛布団1枚では少し寒い日もあり、毛布を掛けると暖かくお休み頂けることもあります。

毛布は羽毛布団の上か下か

寝室の環境(室温)とか個人の体質の違いにより、同じ羽毛布団でも1枚で十分暖かい場合もありますが、毛布を掛ける必要がある場合もあります。そこで問い合わせが多いのが、毛布をふとんの上に掛けるのか?ふとんの下に掛けて使うのか?という質問です。どちらでも良いように思いますが、考えると眠れなくなりそうです。

毛布の特性により上下を選ぶ

寝具業界では、一般的に羽毛布団の上に毛布を掛けてお使い下さいと案内をしていると思います。しかし、近年、ふとんの下に入れて使用するタイプの肌掛けが発売されています。当店が思うには、フィット性がよく薄手のものは、体とふとんの間に入れて使用した方が暖かいと思います。ふとんの上に掛けることで保温性を高める毛布は、厚いタイプで少々重いタイプがお勧めです。

植毛の毛布はずれ落ちる

羽毛布団と毛布を併用される場合は、毛布の表面の植毛が方向性(毛並み)があるものではなく、ループしているタイプのものをお勧めします。マイヤー毛布などの毛並みに方向性があると、羽毛布団か毛布のいずれかが移動して、どちらか一枚しかないことになり寒い思いをします。特にベッドでお使いの場合は注意して下さい。

羽毛布団の上に掛けて良い毛布とは

毛布をふとんの上下どちらに掛けても個人の自由です。しかし、より暖かくお使い頂くことができる毛布についてご案内をいたします。毛布自体の保温力も多少関係しますが、羽毛布団の上から少し重しをかけて、体に布団がフィットする様にする事で熱を逃がさず、暖かくお使い頂けるタイプの毛布です。少し厚みがあるタイプで当然植毛の方向性の無いタイプがおすすめです。植毛の方向性のある毛布を羽毛布団の上に掛けて、ベッドで使用すれば如何に相性が悪いかご理解頂けます。

羽毛布団の下に掛けて良い毛布とは

はじめに当店では羽毛布団の上に毛布を掛けることに限定はしいないと申し上げましたが、羽毛布団の下にかけて頂くことで暖かい毛布もございます。基本は植毛に方向性が無いタイプの毛布です。綿毛布のような薄いタイプの毛布を羽毛布団の下に入れる事で、ふとんと体と敷き寝具との間にできる三角形の隙間を埋めることができます。このようにすることで熱を逃がさず暖かく寝ることができます。

毛布の特性で羽毛布団の上下を選ぶ

「毛布は羽毛布団の上に掛ける」と限定しないで下さい。毛布の毛並みとか厚さなどの特性により布団の上に掛けるか下に入れるかを選んで下さい。毛布にこだわる必要はありません。タオルケットなどでも布団を上から押さえる効果がケット類で保温効果はあります。

羽毛ふとんの寒さ対策については羽毛布団とインナーケットのページにてご案内致します。

毛布とカバーが合体した羽毛ふとん用カバー

羽毛布団1枚で寒い場合はタオルカバーという、肌にあたる部分は綿毛布のような生地で作られたふとんカバーがあります。そのカバーを羽毛布団に掛けることでフィット性が増し暖かくお休みできます。普通のカバーよりは少々重くなります。またフリースのような生地のパジャマの場合は絡みやすくなるので寝返りの際は注意して下さい。

初冬から毛布が必要なら買い換?

初冬から寒い場合は寿命かもしれません。しかし、寒さの原因は敷き寝具にある場合が6割程度あります。敷き寝具にも注意してください。購入当初は寒くなかったが毛布を掛けなくては寒くなった場合とか、10年以上使用している場合などは、寿命がきたのかもしれません。買い換えのタイミングかもしれません。こちらが当店の羽毛布団の選び方のサイトです。 寒がりの方は、一層構造より二層構造がお勧めです。

羽毛布団の打ち直しリフォームについてご案内をしていますが、ダウンの品質状態が良いものでないと、対費用効果の点においてお勧めではない場合もございます。