羽毛布団はグースダウン

羽毛布団はグースダウン

羽毛布団はグースダウンがお勧めです。世界有数の羽毛精毛会社において、「1羽の鳥の価値においてグースダウンは6%ウェイトを占め、ダックは半分の3%である」との説明を受けました。単純に羽毛の品質とは言えないかも知れませんが市場価値が反映された結果であることは間違いないでしょう。

グースとダックのダウンボールの違い

グースダウンボール構造

ダウンボールの大きさは鳥の体格に比例して、グースダウンが大きく少量でも保温力と温度調節機能が働きます。ダックは小さいのでグースと同じ保温力を得るには多く必要になります。多くなると重さだけでなく温度調節機能が低下します。

ダウンボールの構造は、写真の様に核を中心に木の幹と枝の様な構造になっています。グースとダックのダウンボールにおいては、この枝の付き方と太さにに違いがあります。

グースの構造は、羽枝の太さが細くてしなやかですが、ダックは太く張りが強い特徴があります。羽枝から枝分かれした小羽枝の付き方も、グースは密に枝分かれしていますが、ダックの枝分かれは粗く先端部に片寄っています。粗いと空気が移動しやすく保温力は下がります。毎日使う羽毛布団においては、寝返り等の際にダウンボールは押しつぶされています。しなやかさがなければ枝が折れやすく耐久性において劣ることを意味します。詳しくは羽毛品質の違いのページをご覧下さい。

羽毛布団はグースに限定販売

当店は、マザーグースを中心にグースダウンに限定して羽毛布団を販売をています。低価格の製品を販売するためにダックダウンはグースダウンの代用品として使われていると考えています。

羽毛布団の製造コストを考えて下さい。生地、縫製、ダウン、吹き込み、吹き込み口を閉じる、収納ケースが主なコストです。同クラスのダウンをグースからダックに変更してもコストは大きくは変わりません。 しかし、販売価格を抑えるには製造コストを下げる必要があります。そのためグースダウンを使用しないだけでなく、生地、縫製等の他のコストも下げることになっています。ズバリ申しますグース羽毛布団で無いことは低品質につながっています。

消費者の方に、グース羽毛布団の品質を丁寧にご説明すればご理解頂けると信じています。当店の試算では10万円の羽毛布団は1日あたり菓子パン半個の価格でした。(マザーグース羽毛布団15年使用)

グースダウンの産地

グースダウンの産地は、アジアでは中国、ヨーロッパではハンガリー、ポーランドをはじめ周辺国、ロシアとウクライナ、カナダ等があげられます。

羽毛の最大の輸出国のハンガリー産グースの供給元としては、FBZ社が世界最大の規模です。ポーランド産グースといえばアニメックス社が主要供給会社になります。ちなみにポーランド最大の羽毛供給会社アニメックス社はグースしか飼育していないと聞いています。中国産の主なグースは、ハンガリー系のグースが持ち込まれたものです。国によりグースの種の違いがあります。

グース羽毛布団の中でもマザーグース

ダウンボールの大きさと成熟度の点から言えば、グースの中でも長期(4年程度)にわたり飼育されているマザーグースダウンです。ただ生産量も限られているため高価になってしまいます。詳しくは、マザーグース羽毛布団のページにて。

グース羽毛布団にはグースの文字

マザーとダウンの文字だけではマザーグースではありません。マザーグースダウンには必ずグースの文字が含まれています。マザーダウンと記載されている場合はマザー+ダック+ダウンからダックの文字を抜いたものと思います。注意が必要です。中国から輸入されているダックを充填したプレミアムゴールドラベル付きの製品がございます。現物を確認いたしましたが販売にはいたっていません。他にも勘違いしやすい用語がございます。

グースダウンの優劣

例えばハンガリー産440dpグースダウンと中国産440dpグースダウンのどちらかを選ぶとなれば、当店では間違いなくハンガリー産440dpグースダウンです。ポーランドとかハンガリーのダウンは、地理的位置による気候の違いからか、耐久性というべきか回復力に優れているように思えます。

上記の羽毛の評価は当店の私感も含みます。異なる評価も当然あると思います。羽毛の品質についてのお問い合わせの中で多い質問に「ポーランドとハンガリーのダウンはどちらが優れているか?」答えは、ポーランドとハンガリーの国単位でダウンの品質に優劣は付けられず各農場単位で評価は異なります。羽毛の全輸入量の80%はアジア産のものです。ポーランド産、ハンガリー産のマザーグースは輸入量の1%か2%程度ではないかと思います。

羽毛布団を購入される際には、予備知識を得てから選ばれることをお勧めいたします。上のマザーダウンの様な言葉を見たときに「マザーグース」と思い込み購入してしまったと言うケースも出てくると思います。当店ではニュートラルな視点からの羽毛布団の選び方としてサイトを作成いたしました。ご参考にして頂ければ幸いでございます。

羽毛布団はグースにこだわる理由

同じダウンパワー値のグースとダックダウンの羽毛布団の場合、側生地、構造、洗浄度など他の条件が同じならグースダウンをお勧めします。ダウンボールの大きさ、内部の羽枝の付き方と太さによる保温力と耐久性にあります。当店がグース羽毛布団にこだわる理由です。

上記のグースの6%とダックの3%の価値であることを思い出して下さい。ダックダウンはグースダウンに比べて半分の価値になります。このことはダウンの取引における人気度だと考えられます。以上のことから羽毛布団に使用されているダウンは、基本的にはグースダウンが第一であり、製造コストを抑えるためにダックダウンが代用品として使用されていると考えます。ダウンの市場価格は品質に基づいたものと考えられるため、やはりグースダウンの羽毛布団をお勧めします。

価格で羽毛ふとん選びに迷われているなら、こちらの羽毛布団は菓子パン半個の価格をご覧下さい。また、ネット検索で探して買おうと決めたなら、注文前にこちらの羽毛布団購入時のチェックリストのサイトで品質を調べて下さい。

筆者:野口 英輝

関連するサイト

羽毛布団の品質ダウンパワー
1グラムの羽毛の体積
マザーダックダウン・マザーダウン
マザーグースダウンではなく、グースでもなくダックダウン
メーカーの信頼度での羽毛布団の選び方
羽毛品質を知っているメーカー名の記載は?
羽毛布団購入時のチェックリスト
商品説明の行間に注意ポイントが
羽毛布団の臭い、原因と対策
飼育期間の長いグースが安心