羽毛布団の購入予算

羽毛布団の購入予算をどのように決めていますか?品質の良し悪しか、価格が高い安いの判断はどのようにしているかを、今一度考えて見て下さい。羽毛布団の価格を何から得たかにより、基準値となる品質と価格が決まるように思います。情報源としては、新聞の折り込み広告、テレビラジオの通販番組、あるいは量販店などで現物を見て情報を得られたかもしれません。

勧めは、ある程度上質の羽毛布団を扱っている専門店の情報を入手することをお勧めします。できれば複数のメーカーの製品を扱われているお店が良いと思います。初めに得た情報が基準になる可能性が大きいと思います。その情報が中立公正な標準的なものであれば良いのですが、偏った情報である場合は、その情報に基づいて選んだ羽毛布団は期待していた品質でない場合もございます。(期待外れが大きいかも?)

羽毛布団の予算の基準値

消費者の方が、はじめて羽毛布団の購入を考えた時に、どのような羽毛布団を選べば良いの判らないと思います。そのような時にテレビの通販番組で、羽毛布団の復元力をアピールするために、布団を押さえつけた手をパット離すようにするシーンをみせて、「この復元力をご覧下さい。」「今回は、フランス産ホワイトダウン85%を特別に増量して1.5kg入れています。」「ふくらみも十分なので暖かくお休み頂ける」との立て板に水のような販売トークを聞いたとします。そして今回は特別価格を用意させて頂きました。ズバリ「19,800円」と申し上げたいところですが、今回はカバーをつけての価格でお願いします。(番組は架空のものです。)

上記の通販番組の情報が、羽毛布団の標準的な価格を含めた情報になる場合が多いのではないでしょうか。簡単に言うと羽毛布団とは、19,800円程度のものだと思い込んでしまう可能性が高いと思います。

例えば上記の羽毛布団は、ダウンとスモールフェザーの比率においてダウン率は85%、フランス産ホワイトダックダウンです。たぶん側生地はポリエステル系繊維を多く含む可能性が高いと思います。もしかすると鳥特有の臭いが強い可能性もありお勧めできる品質でないかもしれません。

しかし、一般の視聴者にはテレビの影響力は大きいものです。この通販番組からは、フランス産のダウンは高級なランクであると言う情報が伝わり、更に「今回は増量」との説明にて、ダウンが多ければ多いほど暖かい羽毛布団に仕上がるとの情報が、消費者の方に記憶される可能性は大きいと思います。その情報が、羽毛布団の標準的な品質とか価格の基準として記憶される可能性は高いと思います。

羽毛布団の価格は、カバー付きで19,800円程度がスタンダードと思い込まれたとすると購入予算は約20,000円となると思います。20,000円以下の価格で販売されていたとすると「お買い得品」と考えられても不思議ではありません。この品質レベルの製品は、上質の羽毛布団を主に扱っている専門店ではたぶん扱わないと思います。ご気分を害されたならお許しを下さい。

上記の説明は回りくどいようですが、要するに羽毛布団の品質の良し悪し、価格が高い安いの判断の基となる情報のレベルが低ければ、選らばれる製品の品質レベルも低くなる可能性が大きいと言うことです。ズバリ言うと廉価版の情報を基にして羽毛布団を購入されたなら、比較する基準となる廉価版の品質レベルと同等か似たレベルである可能性が高いと思います。仮に上記の羽毛布団の情報が標準値として記憶され、その情報を基にして購入したとすれば大半の方は満足されないと私は思います。(あくまで私感。)

標準的な羽毛布団の品質評価

羽毛布団の標準的な品質評価をするための正しい情報とは、ニュートラルな立場から羽毛布団を評価できる情報のことです。この文章を作成している店主においても、ややもすれば自店舗の商品に偏る傾向があります。中立公正というのは難しいものです。

標準的な羽毛布団の品質、価格を評価する情報を入手するためには、多くの事例を参考にする以外にはないと思います。当店の説明だけでなく他店舗の情報も参考にされることが、偏らない情報を得る方法だと思います。「羽毛布団の選び方」などのキーワードとしてgoogle先生に尋ねてみるのも1つの方法です。(できればもう一度帰ってきてください。)その際に注意するポイントがございます。どのサイトにおいても自店舗で扱っている商品をひいき目で見る傾向があります。そのお店において、どのクラスの品質の羽毛布団を中心に扱っているのかを見れば、おおむねその説明文の傾向が判ると思います。

具体的に申しますと羽毛布団のダウンは2種類の鳥から採取されています。廉価版はダックダウンであり、普及品は上質ダックかグースダウンです。普及品(実用品)から高級品はグースダウンです。最高級品はマザーグースダウンです。これ以外に別格のアイダーダウンも存在します。これらの品質クラスの中でどの品質のダウンを入れたものを中心に扱っているかを見れば、そのお店の得意とする羽毛布団の品質クラスが見えてきます。どうしても主力の商品をひいき目で見る説明になる傾向があると思います。このことを認識して説明を読むことをお勧めします。

羽毛布団の品質評価

努めてニュートラル中立公正な視点から羽毛布団の品質について説明を致します。羽毛布団の品質は、中味のダウン羽毛の品質、側生地の素材と品質、メーカーの信頼度によりほぼ決まります。基本的には価格と品質は比例しているとご理解下さい。寝具店の立場から見て特別安い価格での販売は希です。

寝具を購入する際に予算もあると思いますが、睡眠が私たちにとってどれだけ大切なものかを認識してください。まずは、購入予算を決めずに複数のサイトで羽毛と側生地の予備知識を得てから、複数のサイトで希望ランクの製品をリストアップされることです。その際にそのお店の信頼度も合わせて見て下さい。例えばメーカー希望小売価格から値引きをされていても、肝心のメーカー名の記載が無いなどのケースもございます。

ニュートラルな、中立公正な立ち位置から羽毛布団の選び方についてページを別に用意致しました。当店の傾向としては、実用ランクの品質以上のランクをお勧めしているため、ややグースダウンを中心に説明をしている傾向にあります。ダウン、側生地、内部構造などについて品質通りの説明に徹したと思っています。廉価版のものは廉価版として、品質の良いものは上質品として説明をしています。

筆者:野口 英輝

関連するサイト案内