羽毛布団のパワーアップ

今お使いの羽毛布団を暖かくパワーアップするには、熱を留める空気層を作ることです。ダウンボールが膨らむ力も必要ですが、満遍なく空気層を作らないと空気層が、薄い場所があるとそこから熱は逃げてしまいます。また、ふとんと体を密着させること、体にフィットさせることで熱を逃がさないことも大切です。

羽毛布団工夫でパワーアップ

羽毛布団をより暖かく快適にお使い頂くには、カバーを掛けた状態で足下の両角を持ち、ふとんを振ってやるとダウンが均等になり快適に暖かくお使い頂けます。ふとんは大きいので周辺に注意をして下さい。

このようにすると縮んでいたふとんが、本来の長さに戻り各マス目内のダウンの片寄りがなくなり均一な厚みを取り戻すことができます。

羽毛布団の厚みが均一になるとことは、熱が逃げる薄いところがなくなることなので保温力が増し暖かくなります。ちょっとした使い方の工夫で暖かくなります。

購入した羽毛布団を使い始める時にも同じようにすると布団はフカフカになります。

羽毛布団を干すことで暖かくする

一晩にコップ1杯分の汗をかくと言われています。この汗でダウンボールが湿気て本来のダウンボールの大きさまで枝羽をひろげられず、熱を蓄えることができない状態になります。

この状態から脱するには、羽毛布団を干すか風をあててダウンを乾燥させることで、ふとんの厚みも回復して暖かくお使い頂けます。

干すのは面倒な方には、起床時に羽毛布団を裏返し畳の上とかソファーの上に広げて置くだけでも布団の湿気は取れます。

カバーと毛布の併用で羽毛布団を暖かく

羽毛布団はできるだけ洗わずに使う方が長持ちします。カバーを掛けてお使い頂くようおすすめしています。カバーを掛けることでも保温力は増します。ふとんの凹凸部分をカバーで被うことで空気層を作り熱を逃がさず保温力をアップさせることができます。

毛布と併用することでも羽毛布団は暖かくなります。毛布との間に空気層を作ることで保温力をアップすることができます。毛布が上か下かの疑問があるようですが、毛布の種類により異なります。詳しくはこちらの毛布は上か下か?のサイトで説明をしています。

毛布以外でもふとんの上にケット類を掛けることで、マス目内のダウンが押され均一になり、また押されたふとんは体にフィットしやすくなり保温効果が上がり暖かくなります。最近はインナーケットとしてウールとか化学繊維のニットの生地等で綿を包んだ薄いケットなどがあります。ケット類は羽毛布団の寒さ対策として役に立ちます。

綿毛布のカバーで暖か

毛布の中でも植毛されたものは毛に方向性があるため、毛布の上に羽毛布団を掛けると毛布の毛の順目の方向に布団がずれる場合があります。綿の毛布生地にて作られたカバーは、ふとんと一体になるのでズレることも無く保温性をアップさせ暖かくお使い頂けます。

このカバーは肌に当たる面は綿毛布の様な厚い生地であり湿気を吸収しやすく羽毛布団内に湿気が移りにくくダウンも湿気にくい特徴があります。

羽毛布団をクリーニング洗濯で暖かく

羽毛布団も長年使用すると中のダウンボールに汗とか脂が付いて汚れてきます。ダウンが汚れると枝羽を広げることが出来ずに、熱を蓄える空気層を作ることができなくなります。ふとんのかさ高がなくなったと感じたら、クリーニングに出されて汚れを取ることで暖かさを回復させることができます。クリーニングに出してもボリュームがでない場合は羽毛布団の寿命と思われます。

最近は家庭で洗える羽毛布団もございます。ご自分で洗う場合は、羽毛布団の洗濯のページを一読下さい。専門のクリーニング店に出されることをおすすめします。

リフォームで羽毛布団を暖かく?

ふとんの膨らみがなく暖かく無くなった場合は、リフォームすることで暖かくなる場合があります。ただしクリーニングしてもボリュームが回復しない場合は、費用対効果の面からあまりおすすめできません。

ダウンが格子状のマス目から隣のマス目に移動して、ふとんが薄くなった場合は販売店にご相談下さい。中味のダウンの状態によりリフォームも可能です。

関連サイト

羽毛布団のお手入れ
羽毛布団のお手入れ収納

干し方としまい方は、取説には日陰の風通しの良い場所?無ければ部屋干しで可!しまう前の乾燥は必要...

羽毛布団の生地とキルトの疑問
キルトと生地の疑問

ふとんの内部はどのような構造になっているのか?作り方の工程とか生地素材の種類などについて解説し...

羽毛布団のサイズQ&A

掛け布団のサイズは体を被って少し余るくらいのサイズが必要です。特に羽毛...

羽毛布団での肩口を暖かく

羽毛布団は軽くて暖かく「暖かい雲」に被われて寝ている様との評価を頂いてい...