羽毛布団の選び方とは

羽毛布団を初めて買う方から、買い替えで今回は暖かさ重視で選びたいとか軽さ重視で選びたいなど、多くの方が羽毛布団の選び方で悩まれています。

軽さ・暖かさ・温度調節機能といった羽毛布団の魅力は、羽毛生地内部構造の調和が生み出しています。

羽毛と生地と内部構造には羽毛布団の品質を分ける指標があり、この意味が解れば羽毛布団の基本的な選び方は習得できます。

しかし、羽毛布団の選び方での究極の問題は、同じ品質指標の羽毛布団でも価格差がありどれを選べばよいのか解らないと言うことです。

価格差は、基本的に品質差なので見落とした指標があるのか?気付いていない違いがあるはずです。

羽毛布団のプロの選び方は、品質表示票と添付ラベルを深読みして商品説明に無い違いを見分けています。例えば隠れた品質指標とも言える製造工程の違いです。海外製の生地を海外で縫製しても日本製羽毛布団として販売されています。

さらに、品質指標を保証するメーカーの信頼度が低いと安心して買えません。専門店はメーカーの信頼度も考慮して選びます。

羽毛布団の選び方は、羽毛と生地と内部構造の品質指標と製造工程とメーカーの信頼度をチェックすることです。それでは各項目毎にプロの着眼点を織り交ぜ説明します。

目次

  1. 羽毛布団の品質指標での選び方
    1. 羽毛の品質指標と注意点
    2. 生地の品質指標と注意点
    3. 内部構造の違い
  2. 製造工程での羽毛布団の選び方
    1. 日本製羽毛布団の実情
    2. 日本製羽毛布団の証
    3. 「純」日本製羽毛布団の選び方
  3. 羽毛布団選びとメーカーの信頼度
  4. 羽毛布団の選び方で気になるポイント
  5. 寝心地での羽毛布団の選び方
    1. 軽さ重視での羽毛布団選び
    2. 暖かさ重視での羽毛布団選び
    3. 温度調節重視での羽毛布団選び
    4. 寝心地と耐久性の関係
    5. 羽毛布団のサイズ選び
  6. まとめ
  7. おすすめの羽毛布団選びの指標

羽毛布団の品質指標での選び方

羽毛布団の基本的な選び方に必要な羽毛と生地と内部構造の指標の意味と、プロが指標を見る際の着眼点を解説します。

品質指標は、布団に縫合された品質表示票(品票)と添付ラベルに記載されています。

羽毛布団の品質表示票の行間を読む選び方

羽毛の品質指標と注意点

羽毛布団の魅力と最も関係が深い羽毛の品質指標について説明します。

羽毛とは

ダウンとフェザー

羽毛はダウンとも呼ばれています。ダウンは写真左の様に立体的(ボール状)に羽枝と呼ばれる枝を広げたダウンボールと、写真右の様に平面的な小さな羽根のフェザーを含みます。

羽毛布団の商品説明ではダウンボールのことを単にダウンとか羽毛と呼びます。

ダウンボールとは

羽毛の保温力と温度調節機能はダウンボールの大きさと内部の密生度に比例

ダウンボールは中心の核から放射線状に羽枝を生やしています。この羽枝には小羽枝と呼ばれる枝が生えています。羽枝の長さと本数によりダウンボールの大きさと密生度に違いが出ます。

ダウンボールが大きく羽枝と小羽枝の密生度が高ければ、ダウンボール内により多くの空気(熱)を包み込むことができます。また、温度調節機能は羽枝と小羽枝の開閉で行うため、羽毛の保温力と温度調節機能はダウンボールの大きさと内部の密生度に比例します。

羽毛の指標

羽毛のランクを分けるのは、採取した水鳥の種類、飼育期間、ダウン率、ダウンパワー値、産地国、洗浄度などです。

羽毛を採取した水鳥の種類

羽毛が採取される水鳥はグースとダックの2種類です。グースには飼育期間が長いマザーグースが含まれます。鳥の種類は品票もしくは添付ラベルに記載されています。

飼育期間は、ダックで6-7週、グースだとダックの2~3倍長い16-18週、産卵用のマザーグースは4年で1年以上飼育して成鳥になってから羽毛を採取します。

ダック、グース、マザーグースの順にダウンボールは大きく羽枝も長く本数も多く密生度が高くなります。

羽毛の保温力・温度調節機能・耐久性の評価は、ダック、グース、マザーグースの順に良くなります。グースとマザーグースがおすすめ!

羽毛の保温力・温度調節機能・耐久性の評価は、ダック、グース、マザーグースの順に良くなります。グースとマザーグースがおすすめ!

マザーグースのランク

マザーグースには、マザーのマザーと言うべきグランドマザーグースの存在とか精毛度の差と採取時期により品質に差がでます。詳細情報は添付ラベルに記載されています。

ダウン率とは

羽毛の内訳はダウンとフェザーであってダウンの割合がダウン率です。

羽毛の内訳はダウンとフェザーであってダウンの割合がダウン率です。品票に記載されています。

保温・温度調節機能はダウンボールの働きによるものなので、ダウン率の高い羽毛布団が良質です。

また、この比率が高いほど耐久性にも優れています。

ダウンパワーとは

ダウンパワーとは一定条件下の羽毛1グラムあたりの体積のことですが、ダウンパワー値は羽毛の保温力の指標になります。単位はdp値で表され最大値は470dp位です。下の写真の様な添付ラベルで表示されます。

ダウンパワー値が大きければ、少量の羽毛で保温力を確保できるため羽毛布団は軽くなります。

また羽毛は使っていくうちに摩耗してdp値も少しずつ下がるため、この値が高いほど耐久性にも優れます。

ダウンパワーは羽毛布団の選び方での保温力と耐久性の目安であり値が高いほど良質で400dp以上がおすすめです。

ダウンパワーは羽毛布団の選び方での保温力と耐久性の目安であり値が高いほど良質で400dp以上がおすすめです。

羽毛品質と日羽協ゴールドラベル

日羽協の添付ラベル

日本羽毛製品協同組合(日羽協)のゴールドラベルはダウンパワー値とダウン率により4種類です。

ゴールドラベルでおすすめは、プレミアムゴールド(440dp・93%)とロイヤルゴールド(400dp・90%)です。

羽毛の充填量

羽毛の充填量はダウンパワー値とダウン率により『適量』が決まります。これらの値が低い場合は保温力を補うために羽毛を増量します。充填量は品票に記載されています。

充填量で布団を選ぶ際は、400dp・90%以上のダウンならシングルで1.2kg-1.3kg、ダブル1.6kg-1.7kgを目安にお選び下さい。440dp・95%のグースならシングルで1.0~1.1kgで保温力は十分です。

ダブルは耐久性を配慮して上質ダウンでも1.7kgにする布団メーカーもあります。

羽毛布団の保温力は基本的にダウンの質と量で決まります。保温力=dp値✕ダウン率✕量です。3項目全て確認してお選びください。

ダウンの色

ダウンの色はホワイト、シルバー、茶系などです。色の違いによる保温力・温度調節機能の差はありません。価格はホワイト系が人気なのでやや高くなります。品票もしくは添付ラベルに記載されています。

シルバー系が野生種に近いため耐久性に優れるとの説もありますが、ダウンの色は羽毛布団選びにおいて重要度は低いです。

羽毛の産地

羽毛布団選びでは、羽毛の原産のチェックは品質保証の点から重要です。品票もしくは添付ラベルに記載されています。

有名な産地としてはポーランドとハンガリーです。次いで欧州諸国、ロシア、中国、カナダ他です。羽毛の質と気候の関係は、寒くて乾燥した地域で飼育されたものが良質で耐久性に優れています。

羽毛布団選びでは、羽毛の原産国のチェックは品質保証の点から重要

原産国のチェック

寒さ厳しい欧州のポーランドやハンガリーは羽毛の産地として有名です。この羽毛布団には、その欧州産の羽毛を使用」の広告を、プロが読むと「この羽毛布団は欧州産(原産国不明)のたぶんダック羽毛を使用」となります。プロの着眼点は産地と採取した鳥の種類とかダウン率などです。

羽毛の洗浄度とは

洗浄度の500mmとか1000mmは羽毛を洗浄した水の透明度です。羽毛の洗浄度は回数ではなく洗った水の透明度です。添付ラベルで説明ですが無い場合もある。

羽毛の臭い

羽毛の獣臭は、未成熟ダウンに残っている油脂が主な原因です。洗浄度も臭いと全く無関係ではありませんが、臭いのもとの油脂は1000mm洗浄しても残っています。臭いのレベルの記載はありません。

おすすめの羽毛の品質指標

羽毛の指標はグースダウンで93%400dp以上をお選び下さい。おすすめはマザーグース93%440dp(西川(株)は430dp)以上です。

生地の品質指標と注意点

羽毛布団の生地素材は、シルク、超長綿、合繊、ポリエステル等です。素材毎に肌触り、柔らかさ、重さ、蒸れ感、耐久性が異なり品質と価格に幅があります。

生地素材と品質は羽毛布団の選び方での主要3項目のひとつです。主な素材毎に特徴を説明いたします。品票には素材の組成のみ記され詳細情報は添付ラベルで説明されます。

シルクの特徴

シルクは柔らかく肌触りも良く高級羽毛布団に使われています。上質の超長綿を使った柔らかな布が開発されたため、高級品においても超長綿が主流になっています。

超長綿の特徴

超長綿の側地は、繊維の長い綿花を紡いだ糸で織った布で柔らかく吸湿性に優れています。糸の太さと紡ぎ方と織り方により厚みと柔らかさが異なります。

超長綿の指標のひとつが糸の太さを表す糸番手であり、数値が大きくなるにつれて糸は細くなります。細い糸の布は薄くて軽いのが特徴です。

薄い側地は軽いだけでなく柔らかく体にフィットして保温性がアップします。さらに薄いため体の熱が羽毛に伝わりやすく温度調節機能にも優れます。

糸の種類は、紡ぎ方により単糸、高級品に使われる双糸、精紡交撚糸があります。

糸番手は、単糸は50~100番、双糸は200~340番、精紡交撚糸は360tとか480tです。糸の太さは、200双糸は100単糸に精紡交撚糸360tは180単糸に相当します。

平織りツイルサテン

側地の織り方には、サテン織り・ツイル織り・平織りがあります。ポピュラーなのはサテン織りです。

ツイル織り・平織りは細番手の100単糸でも「カパカパ」と少しペーパー音がします。

合繊の特徴

綿とポリエステルとかテンセル等を混合した側地です。柔らかいのが特徴です。

ポリエステルの特徴

ポリエステルは軽量で安いのが魅力ですが、蒸れ感と静電気が気になります。

ダウンプルーフ加工とは

ダウンプルーフ加工

一般的な羽毛布団の側地は、羽毛の吹き出しを防ぐために経糸と緯糸の織り目を塞ぐダウンプルーフ加工がされています。

この加工をしないノンダンプの側地もあるが絡む羽毛との組合わせなどで使われています。

おすすめの羽毛布団の側地

おすすめの側地は、柔らかさと耐久性の両方を兼ね備えた国産の80番手・サテン織りの超長綿です。耐久性を重視なら60番手、軽さ柔らかさフィット性を重視するなら100番とか200双糸以上の国産超長綿をお選び下さい。 国産の側地をおすすめする理由は下段にて説明します。

内部構造の違い

内部構造の大きな違いは1層か2層・3層かの違いです。仕切り方、内部構造はキルトとかキルティングとも呼びます。添付ラベルでの説明です。

立体1層キルト構造

立体1層キルト

羽毛布団の内部は基本的に格子状に仕切られています。布団の表と裏側地はマチ布を介して立体的に縫合されます。

立体1層構造は、最もシンプルな構造なので製造コストも低く最も多くの羽毛布団に採用されています。

2・3層キルト構造

2層3層キルト

2層構造は、上下の層でマス目の数を違えて境界部の位置をずらし布団の厚みを平均化して熱を逃げくくしています。

3層構造は2層構造に中層を挿入したものです。中層には羽毛を入れるタイプと入れないタイプの2種類です。

ハイマチキルト

立体1層キルト マチ幅を広くしハイマチキルト

ハイマチキルトとは、図の様にマス目の境界部で布団の厚みが薄くならないように、マチ布を広くして布団の厚さを平均化して保温力を上げています。

ハイマチの幅は、7cm~10cmと幅が様々あり、ハイマチの場合は下記の密閉キルトと通常セットで採用されます。

密閉キルト

密閉キルト 完全立体キルト

密閉キルトは完全立体キルトと呼んでいるメーカーもあります。

密閉キルトとは、隣のマス目に羽毛が移動しにくい構造なので長く安定した状態でお使い頂けます。

耐久性、軽さ、保温力を重視して選びたいとか、寒がりで暑がりの方にはハイマチ密閉キルトをおすすめします。

ハイマチ密閉キルトは理想的な内部構造ですが縫製が複雑で価格が高くなるのが欠点です。コストを抑えた準完全立体キルトのタイプもあります。

ヨーロピアン(たたき)キルト

ヨーロピアンキルト

このキルティングは、マス目間の境の所にマチ布が無いため、あまり保温力を必要としない夏用の肌布団に用いられています。

羽毛布団では三層構造の一部のタイプとか肌布団と合い掛け布団を2枚組み合わせたタイプのものに用いられています。

マス目の数とフィット性

一般的なマス目の数は、シングルでは横に4マスと縦に5マスの20マスです。このマス目の数を増やすことでフィット性が少し増し保温性がアップします。

羽毛布団の指標での選び方まとめ

羽毛布団の選び方の基本は、指標をベースにランクを判定することです。

指標での羽毛布団の選び方で重要なことは、関連する複数の指標を同時にチェックすることです。例えばマザーグースならダウン率、ダウンパワー、充填量、産地、色などを同時にチェックすると、もしもダウンパワーが低いとか充填量が少なかったりすれば価格差の原因が判明します。

しかし、羽毛布団の指標が同じであれば価格も似ているはずですが、条件を絞り検索すると大きな価格差があります。

価格は闇雲に付けているわけではなく、価格差はランク差と考えるべきです。おもてに表れていない指標があるはずです。詳しくは下記をご覧ください。

製造工程での羽毛布団の選び方

製造工程の違いが、同じ品質条件の羽毛布団で大きな価格差を生む原因のひとつです。最終の製造工程が日本なら品票もしくは添付ラベルに日本製と記載されます。

羽毛布団の製造工程と価格差

「西川 羽毛布団 マザーグース・・・ 日本製」の条件で絞り込んでも大きな価格差があります。どこかに品質差があるためです。

羽毛布団の製造は、布を染色加工する工程・縫製工程・羽毛を吹き込む3つの工程から成ります。

日本製羽毛布団の製造工程を3パターンを紹介いたします。

製造工程の違いが、同じ品質条件の羽毛布団で大きな価格差を生む原因
  • 海外製の生地を海外の工場で縫製して羽毛の吹き込みだけが日本国内
  • 国産生地を海外の工場にて縫製して国内で羽毛を充填
  • 全工程を国内で仕上げる

日本製羽毛布団の実情

日本製羽毛布団の添付ラベル

日本製のラベルが付いていても、日本製の条件を国産生地、国内縫製、国内での羽毛の吹き込みとするなら真の日本製羽毛布団の割合は少ないのが現状です。

海外縫製は珍しくなく100%海外縫製のメーカーも存在します。

日本製羽毛布団の証

日本製は商品の強力なセールスポイントです。真の日本製なら国産生地・国内縫製と明記するはずです。

例えば、「日本製ならではの丁寧な仕上げ、厳格な品質管理の工場にて縫製・・」との説明は海外の工場の可能性大です。真の日本製なら『国産生地国内縫製』の8文字で明確に伝わります。逆にこの8文字が無ければ海外生地・海外縫製の可能性は大です。

『純』日本製羽毛布団の選び方

真の日本製羽毛布団を選びたいなら、国産生地・国内縫製の8文字か精紡交撚糸、羽毛を充填後に縫合する西川のダブルフェイスキルトなどの高級羽毛布団の指標が鍵になります。ただし高級品の100単糸超長綿でも海外製は存在します。

羽毛布団選びとメーカーの信頼度

上記の「西川羽毛布団 ポーランド マザーグース・・・」の検索条件から「西川」を除くとさらに価格差は大きくなります。品質指標はメーカーの信頼が前提です。専門店はメーカー選びにもこだわっています。

メーカーの許容誤差の認識の差

許容誤差を認めない厳しい会社もあれば、日羽協の試買テストで表示内容との大きな差異があり退会に至った事例もあります。おすすめできないメーカーがあります。

製造会社名の記載の有無と信頼度は、羽毛布団の選び方において最もチェックすべき指標です。メーカーの信頼度は取扱店舗の数に比例します。

取扱店舗の数が多いかどうかを調べる方法は、通販モールにて「羽毛布団 メーカー名」で検索すれば簡単に判明します。多く出てくるメーカーが業界事情に詳しい寝具店が選んでいることになります。

有名メーカーの羽毛布団なら全て上質か?といえばそうではありません。製品ラインナップは幅広くあります。

製造工程の違いとメーカーの信頼度は、羽毛布団の選び方の盲点なので注意ください。

羽毛布団の選び方で気になるポイント

羽毛布団の選び方で気になるのが価格・相場と柄とクチコミ・ランキング情報ではないでしょうか?、どれくらいの価格のものを買えば失敗しないのか?相場はどれくらいか?価格は羽毛布団を買う際に最も気になる点です。

羽毛布団の価格・相場

羽毛布団の価格帯を大きく分けるのがグースかダックかの違いです。

今回はグースのシングルサイズの相場について案内します。(2021年現在)

プレミアムゴールドのマザーグースだと90,000円前後からです。

ロイヤルゴールドだと50,000円前後からです。(通常のダックはこの価格未満)

ダブルサイズはシングルサイズの1.4倍~1.5倍です。

品質指標の違い、製造工程の違い、メーカーの信頼度により価格差はあります。

高級羽毛布団と廉価版の違いは、製品寿命では無く寝心地の違いです。価格優先での選び方はおすすめできません。

柄優先での選び方

羽毛布団はカバーを掛けて使って頂きたいので柄はカバーで隠れてしまいます。注意点は柄込みの場合、柄が異なれば生地が異なり縫製工場も異なる可能性があります。

クチコミ・ランキングでの選び方

クチコミをされた方は、色々なランクの布団を試されたのでしょうか?購入された布団以上の寝心地の製品がある可能性は大です。

売り上げランキングと寝心地は比例していません。安いから売れたのかもしれません。

寝心地での羽毛布団の選び方

羽毛布団の軽さ・暖かさ・温度調節機能・耐久性は、羽毛と生地と内部構造の3項目の調和です。

例えば「暖かさ」は羽毛の質と量、さらに内部のキルト方式が深く関係し、生地の質も全く無関係ではありません。選び方のポイントは、羽毛と生地と内部構造の調和を調べることです。

暖かさを優先すると温度調節と軽さに影響が及びます。

暖かさを優先しがちですが心地良い寝心地を求めるには、軽さ・暖かさ・温度調節機能が程良く調和する必要があります。3つの項目の関係を順番に解説します。

軽さ重視での羽毛布団選び

羽毛布団の重さは、ダウンと側地と仕切り布(マチ布)の重さです。軽く仕上げるにはダウンと側地と仕切り布の軽量化です。

暖かさ重視での羽毛布団選び

羽毛布団の暖かさは、ダウンの質と量、それに見合うマス目の仕切り方と側地の素材と質が関係します。

温度調節機能重視での羽毛布団選び

羽枝

羽毛の温度調節機能とは、羽枝を開閉することで熱量を調節する働きのことです。この機能は羽毛の質に比例します。

温度変化を羽毛に素早く伝えるには、側地は薄い方が伝わり易く綿素材の細番手のものがおすすめです。

内部構造もシンプルな1層タイプの布団が温度調節にはおすすめです。

寝心地と耐久性の関係

耐久性重視での羽毛布団の選び方は、丈夫な厚い側地、上質ダウン、丁寧な国内縫製、さらに密閉キルトのような羽毛の片寄りが少ない構造がおすすめです。

サイズでの羽毛布団選び

羽毛布団の寝心地探求には品質も重要ですが、一番大切なことは体を余裕で被うサイズをお選びください。

まとめ

羽毛布団の選び方は、羽毛・生地・内部構造の指標の意味を理解して、寝室の温度と自分の体質と体格を考慮して好みのタイプの布団を選び、品質と価格が適切かを知るために製造工程とメーカーの信頼度のチェックをおすすめします。

おすすめの羽毛布団選びの品質指標

  • 羽毛は保温力に優れたグースダウン、ダウン率93%、ダウンパワー400dp以上。おすすめはマザーグース。
  • 生地のおすすめは吸湿性・寝心地・耐久性を考慮して国産80サテン超長綿!耐久性重視なら60番手、寝心地重視なら100番単糸・200双糸以上をお選び下さい。
  • 内部構造は立体1層構造がおすすめですが、寝室温度が低いとか寒がりの方は2層3層タイプの布団をお選び下さい。
  • 信頼できるメーカーの国産生地・国内縫製の羽毛布団がおすすめ!専門店はメーカー名のチェックからはじめます。
  • サイズは体を被う十分な丈と幅の布団をお選びください。

上記の5項目をもとに可能な限りベースアップをおすすめします。お好みに合わせて羽毛の質と量・側地の素材とランク・内部構造をお選び下さい。必ずメーカーの信頼度と製造工程はチェックしてください。

筆者:野口 英輝

関連サイト

羽毛布団購入時チェックリスト
羽毛布団購入時のチェックリスト

購入時にチェックするポイントをリスト化いたしました。勘違いしそうなポイントを紹介致します。...

ダウンの疑問
ダウンの疑問集

ダウンに関するQ&Aサイト集。ダウンボール、ダウンパワー、ダウン率、マザーグース等について説明...

羽毛の品質
ダウン品質の見分け方

品質の違いを、品質表示票、添付ラベルの数値や業界用語で理解することはいささか骨が折れます。そこ...

アイキャッチ
羽毛布団は側地素材

側生地の素材は、超長綿、シルク、合繊等があります。素材ごとに、肌触り、柔らかさ、軽さ、吸湿性、...