羽毛布団お手入れ収納方法

羽毛布団は基本的にカバーを掛けてお使い下さい。汚れと湿気が大敵です。収納時には乾燥させて納品時のケースに収まるようにたたみ、湿気ない場所を選んで下さい。 たたみ方と禁止事項等のご案内を致します。またトラブル時の対処方法も合わせてご案内。

メニュー

  • 羽毛布団のお手入れ干し方収納

    羽毛布団のお手入れの基本はカバー交換と日陰干しです。誤ったお手入れ方法とか収納方法は羽毛布団を台無しにします。お手入れ、収納時の注意点を紹介。汗汚れ湿気を防ぎ太陽光等の強い光から羽毛布団を守ことです。

  • 羽毛布団のたたみ方

    羽毛布団のたたみ方は、サイズと収納ケースの形により少し異なります。縦の方向に細長くたたみ、「の」字の様に羽毛布団を小さくたたんで下さい。たたみ方のコツは収納ケースの大きさに合わせてたたみます。

  • 羽毛布団を長持ちさせる秘訣

    羽毛布団を長持ちさせるための秘訣。羽毛布団にカバーを掛けて使うなどとか、針穴を開けないようにするなど禁止事項のご案内です。羽毛布団を本来の寿命まで長持ちさせるルール集です。 しては守って頂きたいこととか、ケッバーを掛けての上手な使い方、ちょっとしたこつで暖かく、長くお使い頂けます。

  • 羽毛布団を圧縮袋で収納すると台無し

    羽毛布団を圧縮袋での収納保管は避けてください。強く圧縮するとフェザーの軸で生地に穴があき、ダウンは減圧状態で押さえつけられると破損します。ダウンの破損は保温力が無くなることです。どうしても使う際は、ふとんに弾力性が十分ある状態で短期間のご利用が望ましいです。

  • 羽毛布団の家庭洗濯はNG!

    羽毛布団の家庭、コインランドリーでの洗濯はNG?自分で洗ったダウンはふっくら感がでてもジャンケンのグー・チョキ・パーの状態。洗濯後の羽毛布団の乾燥は難しいので、緊急時の部分洗いでなく丸洗いはクリーニング店がお勧め。洗えるタイプの洗い方も紹介。

  • 羽毛布団のトラブル対処方法

    羽毛布団のトラブルの対処方法についてのサイトです。取扱説明に従ってお使い頂ければ長く持つものです。羽毛布団に穴が開いたなどの修理対処方法をリストアップいたしました。

  • 羽毛布団のカビ

    羽毛布団のカビを取るためには、干すかオゾン処理をするのが簡単な応急策です。カビ臭いが取れない場合はクリーニングかリフォームですが、大切なことは羽毛布団にカビ菌を寄せ付けない事です。

店主のひとこと

収納に関しては特に避けて頂きたい事は圧縮袋での保管です。羽毛布団が台無しになってしまいます。詳しくは上記のリンクサイトをご覧ください。

羽毛布団を収納時には襟元の汚れなどが気になり、ご自分で洗濯をされる方もいますが乾燥時に後悔されています。どちらも羽毛布団の買い替えをするケースが多くあります。

毎日のちょっとしたことで長くお使い頂けます。例えば羽毛布団をまくっておくことで湿気を取ることもできます。こちらの羽毛布団使い方Q&Aにまとめて紹介をしています。

関連サイト

羽毛布団選びのラベル
羽毛布団の選び方

良し悪しの基礎知識を基に羽毛と生地と内部構造を調べます。しかし品質表示の行間を読まないと安心で...

アイキャッチ
羽毛布団の購入予算?どこの何から決..

羽毛布団の購入予算をどのように決めていますか?品質の良し悪しか、価格が高い安いの判断はどの...

羽毛布団のお手入れ
羽毛布団のお手入れ干し方収納

干し方についての質問が多く寄せられます。取説には日陰の風通しの良い場所?無ければ部屋干しでも十...

アイキャッチ
使い始めガイド

購入したら早速開封をして見たいものです。取り出した後ケースは処分せずに大切に保管して下さい。...

羽毛布団圧縮袋
羽毛布団を圧縮袋で台無しに

質問のひとつに、「布団圧縮袋に入れて小さくして収納しても大丈夫?」というものがございます。...