羽毛布団を柄で選ぶ

柄での選び方

羽毛布団の選び方において、価格の次に気になるのが柄ではないでしょうか。確かに柄は寝具店が仕入れる際にも気になります。 しかし、とりあえず品質を優先して選んで下さい。

羽毛布団の柄と色調

柄で羽毛布団を選ぶのは最後の基準にして頂く事をおすすめします。寝具のような使用期間が長い、耐久消費財の布団の柄は飽きの来ないものが理想です。カバーの柄に影響を与えない淡い色調がおすすめです。また淡い色調の場合は汚れたことが解るので、クリーニングに出すタイミングが解り易いメリットもあります。

お任せ柄の羽毛布団

お任せ柄、言いかえれば柄を選べない羽毛布団の品質についての注意点をご案内します。まずはじめに申し上げておきますが、お任せ柄の全ての製品に該当することではありません。例えば「ポーランド産マザーグース93%、430dp、超長綿60番糸サテン生地、日本製」この品質にもランクがあることは下記のリンクサイトの説明の通りです。

しかし、柄を選べないことは、柄が異なる可能性が高いことです。羽毛布団の柄が異なることは、生地が異なる可能性が高いことを意味します。また残り生地(売れ残った)で、まとまった数量がない場合が多くあります。縫製工場も異なる可能性が高くなります。結論から言えば品質にばらつきがある可能性が高いと言うことです。

売れ残った理由は色々あります。販売店は残った理由が何であるのかを見抜く必要があると思います。上記の条件を満たす羽毛布団には、海外製の生地を海外で縫製したものもあれば、国産生地を国内縫製したものもあります。詳しくは、下記のリンク「側生地の素材での選び方」とか「純日本製羽毛布団の選び方」を合わせてご覧頂ければと思います。

同一メーカーの羽毛布団においても、超長綿60番糸サテン生地のランクは、幅がありすぎるといっても過言ではありません。更に縫製工場が日本でない場合を想定すると、海外製の生地の可能性は高くなります。

視点別の羽毛布団の選び方

羽毛布団の基本的な選び方
軽くて暖かく温度調節機能で選ぶ
羽毛の品質での選び方
鳥種とダウン構造の違い 羽毛量 洗浄度 臭い
側生地素材と品質での選び方
海外?国産生地?素材とランク?国内縫製?
内部構造の選び方
内部構造の違いによる暖かさ?重さ?蒸れ感?
メーカーの信頼度での選び方
羽毛品質を知っているメーカー名の記載は?
サイズでの選び方
より広く、より長いサイズの羽毛布団
羽毛布団のランキングと口コミ情報
口コミ情報は現在販売中の製品情報でないかも
純日本製の羽毛布団の選び方
日本製と表示していても純日本製は少ない
羽毛布団の選び方注意点18箇条
購入時の注意点18箇条+・・・
おすすめ羽毛布団
暑がり、寒がり、適温、蒸れ感、軽さは?