布団の価格の疑問

羽毛布団の価格はいくらくらいが相場なのか?いくらくらいなら布団として使えるのか?安いのか高いのか何が基準となっているのか?解らないことばかりだと思います。原因は高級品と廉価版の区別できないことにあると思います。そこで高級と廉価のクラスの見分け方とか、価格と暖かさの関係、アウトレット品の現状などについて項目毎に案内を致します。原毛ダウン羽毛の値上がりとともに曖昧な商品説明が多くなったと感じています。

メニュー

  • 羽毛布団の価格差の謎

    同じ品質表示でも価格差があります。価格差は、高級な製品との共通部分のみ誇大表示することも原因です。安い品には安いなりの訳があります。都合の悪い情報は表示しないか小さな文字で書かれています。価格差の謎を具体的事例のご案内。

  • 羽毛ふとんは菓子パン半個

    10万円の布団の価格は高いのか?寝費と食費を比較すると、10万円の布団の一日当たりの価格は、菓子パン半分の32円。食事と睡眠は不可避です。エンゲル係数ならぬ「ウモウフトン係数」あなたの睡眠の価値?

  • ふとんの暖かさと価格の関係

    布団の価格と暖かさ保温力の関係、価格が高いほど暖かいのか、安い羽毛ふとんは暖かくないのか?この関係を説明いたします。布団の暖かさ保温力は、ある一定レベルまでは比例致します。一定レベル以上の価格になると寝心地と比例していきます。

  • アウトレット羽毛ふとん

    西川アウトレット品の動向。そもそもアウトレット品は、如何なるものでお買い得なのか?今後は西川アウトレット品は皆無!原毛羽毛の高騰により見込み生産による過剰生産はあり得ないと思われます。西川三社の統合により更にアウトレット品は激減。

  • 原毛ダウン羽毛の価格

    2013年からダウン価格の動向について、その年の価格を含めて動向を記載しています。2016年のダウンの産地偽装問題、2017年の鳥インフルエンザの大流行、ダウンは年々値上がりを続けています。市場では2019年西川三社の統合など

関連サイト

店長お勧め商品