カバー、シーツに関する疑問

布団カバーには袋状のものからシーツの1枚ものもあります。掛けカバーにおいては表面の中央部がレースで鏡になっているタイプのものもございます。

カバー交換

カバーの交換はやはり1枚もののシーツが簡単です。ただ掛ける場合は敷き布団を巻くように折り込まなくてはならず少し不便です。シーツはその役割をパッドに移行してきたように思います。洗濯のし易さの点では1枚もののシーツが取り扱いやすく目的別に選んで下さい。

メニュー

  • 布団カバーのサイズ

    布団カバーのサイズについて具体的にどの寸法大きさのカバーを選べば良いのか。ふとんの実寸と同じかプラス5~10センチ大きいサイズです。特に敷き布団とかマットレスで厚みのあるものに掛けるカバーは10cm程度縦横に長いサイズのものが必要です。

  • 布団シーツの干し方

    大きな布団、シーツ、タオルケット等の寝具を洗濯した時に早く水きりができる干し方。干し方を工夫することで短時間で乾きます。竿を2本使いM字型に干す方法もあります。

  • ふとんカバーの役割と寝心地

    ふとんカバー役割と機能性。ふとんカバーは汚れと摩耗防止だけでなく、温度調節、湿度調節、軽さ柔らか等の寝心地を追求したものがあります。さらにアレルギー対策なども付加されています。生地素材の品質により寝心地に差が出るため慎重にカバー選びをしてください。

関連サイト