寝心地探求紀行ブログ

ブログの内容

こちらのブログでは寝心地を探究するため、店主の体を使っての人体実験とは大げさですが使用感の記録を案内したりしています。

ネットでの買い物はどうしても一抹の不安があるものです。この不安を小さくするために店主の体感を商品説明に加えていきます。

またお問合せに関するQ&Aの記録なども掲載をしています。羽毛に関する商品のご案内が多くなります。

実験中の製品

薄い真綿布団を現在体感中です。当初は寒く感じましたが・・・。

真綿布団

ガーゼの洗えるのが特徴の布団なのでカバーを掛けて使うべきか迷いました。肌触りが良いのでそのまま使い実験中です。

お問合せは宝

お問合せには寝具店としては当たり前のような内容のものがございます。しかしなぜお問合せを頂いたのであろうかと考えたときに、メーカーからの受け売りの回答しかできていなく、NHKのチコちゃんに叱られる回答をしていたことに気付きました。「良いものは良い」ではなく「これがどのように良いのか?良いとこうなる」だから・・・。

例えば、ダウンパワー値の説明において、「高ければ良い羽毛布団です。あるいは暖かく保温力があります」だけでは答えになっていないことになります。ではどうして高いのか?高いとどのように良いのか?結果としてどうなのか?回答はこちらのダウンパワー値のサイトをご覧ください。

羽毛布団お問合せ

ブログの「お問合せ」カテゴリーとしてまとめていますが、最も多いご質問は羽毛布団を購入時の疑問です。どのようなクラスをどのように選べば良いのかという内容のものです。まずは、こちらの「羽毛布団の選び方」のページでランクを決めている基準値のこととかの情報を得て頂く事で、疑問の多くが解決するかもしれません。

新着記事
  • 真綿布団の体感記録

    薄手の真綿布団の使用感の記録です。入梅から梅雨開け頃にお使い頂けるほか、秋口に少し肌寒さを感じる時期の年2回お使い頂けます。お勧めの室温は22度から27度くらいです。真綿はシルクの綿のことで周りをガーゼの生地で被っているので蒸れ感が少なく快適にお使い頂けます。

  • NO IMAGE
    羽毛合い掛け布団の性能

    羽毛合い掛け布団kn-4e5870pg900の寝心地・保温力調査記録の紹介。ポーランドグース90%を700gの合い掛け布団が、寝室の温度が何度から何度までが快適に使えるかを調べる。10月初旬から使い始めて敷き寝具とかパジャマを交換しながら、如何に快適に使えるかを探求した記録。

  • NO IMAGE
    西川統合から半年

    西川統合から半年、統合を記念する商品はできていますが大きな変化はこれからの様です。羽毛布団の場合は西川三社は共通の基準を設けていたので、統合による変化は少ないと考えられます。統合を機に決算月が京都西川の場合だと1ヶ月はやくなりました。

  • NO IMAGE
    羽毛布団と20年

    羽毛布団の話題を主としたサイトを開設して2020年4月で20年になります。その間に羽毛布団は価格変動、羽毛品質の基準がかさ高値からダウンパワー値への移行。羽毛布団の質と価格の関係を見抜くコツを案内した20年。

  • NO IMAGE
    夜と朝の気温差と羽毛布団

    夜と朝の気温差が激しくなると寝具店としてお勧め商品に迷いが生じます。羽毛合い掛け布団がお勧めなのですが、具体的な内容をどのようにするべきか?温度変化と羽毛布団の関係を紹介する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする