羽毛布団の内部と生地

羽毛布団の品質はダウンの品質と深い関係があります。しかし、布団内部の構造とか生地の素材の種類とか品質によっても寝心地が大きく変化します。

このページでは、羽毛布団がどのように作られているのか?基本的な構造とか生地の素材についてQ&Aリストをまとめています。

メニュー

  • 羽毛布団の作り方

    羽毛布団の作り方。真ん中のマス目にダウンをどのように入れたのか不思議です。羽毛布団の製造工程が解れば価格差の謎も少しは理解できます。側生地の縫製は手間かかるので海外縫製も多くなっています。

  • 羽毛布団の立体キルト構造

    立体キルトの羽毛布団の構造とは、まず羽毛ふとんの立体とキルトの用語の説明から致します。格子状の各ブロックの境目部分の内部構造が立体的に縫製されていることを意味します。

  • 羽毛布団の二層式と一層立体キルト

    羽毛布団の二層式と一層立体キルト構造の違い。暖かさ、重さ、蒸れ感などの寝心地の違いについて紹介いたします。2層式羽毛布団のほうが少し暖かいですが少し重くなります。

  • 西川ダブルフェイス羽毛布団

    職人技が生み出すダブルフェイス羽毛布団。生産効率が決して良くない製造工程なのに四半世紀も継続されています。その訳は、ダブルフェイス羽毛布団のまろやかな温もりで体を包む寝心地です。

  • 羽毛布団の内部構造と寝心地

    羽毛布団の内部構造による寝心地の違い。内部構造だけで保温力重さ寝心地に大きな差はありませんが、1層構造より2層3層構造の方が少し暖かく層を仕切る布の分だけ重くなります。

  • 羽毛布団の側生地の種類

    羽毛布団の側生地の種類と特徴。ダウンプルーフ加工の説明。羽毛布団の側生地は超長綿がお勧めです。この超長綿には糸番手等のランクがあります。最近人気のテンセル等の新合繊とか精紡交撚糸の側生地の紹介サイト。

  • ノンダンプ生地の羽毛布団

    羽毛布団のノンダンプ生地とは、羽毛の吹き出しを防ぐダウンプルーフ加工をしていない生地です。ノンダンプ生地の羽毛布団は、通気性が良くなり蒸れにくく快適ですが重くなります。洗濯をすると通気性は低下します。

  • 生地の通気度通気性

    羽毛布団の生地の通気度は蒸れ感と深い関係があります。通気度を上げると通気性は良くなり蒸れ感は軽減しますが、ダウンの吹き出しはしやすくなります。通気度を高くしてダウンの吹き出しを抑えようとすれば羽毛布団の価格が高くなります。

  • 精紡交撚糸の羽毛布団

    高級羽毛布団の側生地として織られている精紡交撚糸の説明サイトです。精紡交撚糸とは双糸の構造に近い単糸の糸です。この糸で織られた生地は光沢が有り軽くて柔らかく羽毛布団に適しています。

  • ゴアラミネート羽毛布団

    ゴアラミネート羽毛布団は、通気性と微粒子の不透過性を兼ね備えているのが主特徴です。アレルギーの方にはお勧めです。ゴアラミネート羽毛布団は通常の綿生地の1.3倍通気性が優れ蒸れにくい事もお勧め。この特性を活かすための寝具を紹介。

羽毛布団選びのラベル
羽毛布団の選び方

良し悪しの基礎知識を基に羽毛と生地と内部構造を調べます。しかし品質表示の行間を読まないと安心で...

ダウンパワー
ダウンパワーとは

羽毛布団の保温力の指標!440dpのダウン1gの無加重の体積は500mlのペットボトル約2本分...

羽毛布団の寿命
羽毛布団の寿命?何年使えるか?買い..

ふとんの寿命は、買い換えを検討されたタイミングかもしれません。使用期間は10年から15年ぐらい...

アイキャッチ
購入時の疑問

ふとんを購入するとなると、どのようなものを選びどこで買えば良いのか?色々な疑問が吹き出してきま...

ダウンの疑問
ダウンの疑問集

ダウンに関するQ&Aサイト集。ダウンボール、ダウンパワー、ダウン率、マザーグース等について説明...

アイキャッチ
価格に関する疑問

羽毛布団の価格はいくらくらいが相場なのか?いくらぐらいなら布団として使えるのか?安いのか...