羽毛布団の内部構造と側生地の疑問

羽毛布団の内部と生地

メニュー

  • 羽毛布団の作り方

    羽毛布団の作り方。真ん中のマス目にダウンをどのように入れたのか不思議です。羽毛布団の作り方、製造工程が解れば価格差の謎も理解できます。

  • 羽毛布団の立体キルト構造

    立体キルトの羽毛布団の構造とは、まず羽毛ふとんの立体とキルトの用語の説明から致します。

  • 羽毛布団の二層式と一層立体キルト

    羽毛布団の二層式と一層立体キルト構造の違い。暖かさ、重さ、蒸れ感などの寝心地の違いについて紹介いたします。2層式のほうが少し暖かいですが少し重くなります。

  • 羽毛布団の内部構造と寝心地

    羽毛布団の内部構造による寝心地の違い。内部構造だけで保温力重さ寝心地に大きな差はありませんが、1層構造の羽毛布団より2層3層構造の方が少し暖かく層を仕切る布の分だけ重くなります。

  • 羽毛布団の側生地の種類

    羽毛布団の側生地の種類と特徴。ダウンプルーフ加工の説明。羽毛布団の側生地は超長綿が主流です。この超長綿には糸番手等のランクがあります。羽毛布団の側生地として人気のテンセル(リヨセル)を紹介するサイトです。

  • ノンダンプ生地の羽毛布団

    羽毛布団のノンダンプ生地とは、羽毛の吹き出しを防ぐダウンプルーフ加工をしていない生地です。ノンダンプ生地を使用した羽毛布団は、通気性が良くなり蒸れにくく快適ですが重くなります。洗濯をすると通気性は低下します。

  • 羽毛布団生地の通気度通気性と蒸れ感

    羽毛布団の生地の通気度は蒸れ感と深い関係があります。通気度を上げると通気性は良くなり蒸れ感は軽減しますが、ダウンの吹き出しはしやすくなります。通気度を高くしてダウンの吹き出しを抑えようとすれば羽毛布団の価格が高くなります。

  • 精紡交撚糸の羽毛布団

    高級羽毛布団の側生地として織られている精紡交撚糸の説明サイトです。精紡交撚糸とは双糸の構造に近い単糸の糸です。この糸で織られた生地は光沢が有り軽くて羽毛布団に適しています。