羽毛布団のロングロングサイズ

羽毛布団で短い人は長いロングロングサイズ230cm

日本人の体格も大きくなっています。標準サイズの羽毛布団では長さに短く足が出て寒い人もいます。高身長の方にはロングロングサイズの長い羽毛布団がございます。標準サイズの長さは210cmですが、身長が高い方がうつ伏せに寝ると足が背伸びをした状態になります。230cmの丈の長いふとんでリラックスしてのびのびとお休みください。また、すこしの手間でゆっくりとお休み頂くこともできます。掛けふとんも長いサイズがお勧めですが、身長が高い方がうつ伏せになると敷きふとんマットレスの長さも同様に標準的な長さ210cmでは短いはずです。長いサイズの敷きふとんも作ることができます。大きさの規格では、ロングロングがついているサイズを指定して下さい。

身長が高い人に必要な長いロングロングとは

ロングロングサイズがなぜ必要なのかをご理解頂くためには、身長が高い人がうつ伏せで寝た姿を想像して頂く事がよいと思います。ちょうど背伸びをした状態になるわけです。頭は掛けふとんから出るとしても、暖かくお休み頂くためには肩口と足下には少し余裕が必要となります。仮に身長が170cm後半の方が背伸びをした状態となると、標準サイズの210cmでは丈に短いため肩口と足下に余裕が無い状態になります。短い寝具では足を曲げたり腰を曲げたりしないと寒くて寝られません。疲れが十分に取れない状態です。

人は疲れを取るために眠るのです。疲れを取るとは睡眠は脳と体をリフレッシュすることです。リラックスしていない足を曲げたり腰を曲げた状態では疲れは取れません。身長が高い人がリラックスした状態で眠るためには、寝具も丈の長いサイズのものが必要になります。ロングロングサイズは230cmの長さがあり標準サイズより20cm長く作られています。20cm長い分が余裕となりリラックスした状態でお休み頂くことができます。健康的な暮らしは快眠から得られます。睡眠のための道具である寝具は慎重にお選び下さい。

寝具の長さにおいて特に注意をして頂きたい事は、成長期のお子さんの体格に合った長さの寝具を用意して頂く事です。少し長いロングロングサイズではなく、子供用の寝具では足下が寒く感じているかもしれません。成長期にあるお子さんの寝具は、少し早めに大人用サイズの寝具にされることをお勧めします。また中学生以上で身長が高いお子様の場合は、標準より少し長いロングロングの寝具に早めにされることをお勧めします。成長期のお子さんの不自然な寝姿勢は、発育に悪い影響を与えるため十分に注意をしてあげて下さい。

ブライダル寝具も長いロングロングサイズ

ご夫婦お二人でひとつの寝具でお休みになる場合は、背の高い人に長さを合わせないと短い寝具ではリラックスしてお休み頂けないことになります。丈に長いロングロングサイズの寝具はシングルだけでなく、他のダブル、クイーン等のサイズもございます。標準より少し長いダブルロングロングもございますが、身長が高い方は体格も良い場合が多いので、横幅にも広いクイーンロングロングの羽毛布団をお勧めいたします。キングサイズでもロングロングを作ることは可能と思いますが、大きさの観点から普段のお手入れの際の取扱いにくいと思います。

ロングロングサイズのふとんをセットでご購入される場合は、カバーなども合わせて購入されることをお勧めいたします。ロングロングサイズは受注生産になる場合が多いと思います。受注生産の場合は納期が2週間以上かかる場合が多いと思います。

標準サイズで短い場合は長くする対策

羽毛ふとんが短いと感じられたら、長いふとんにする事はできませんが少しの手間で心地よく眠ることができる場合がございます。羽毛ふとんは使用しているうちに、ダウンの膨らむパワーにもよりますが長さが厚みに化けていきます。このようになると元々の長さがなくなり、ふとんが短く感じ足下が寒くなり熟睡できなくなります。

ふとんが短く感じたら足下の両角を持ち布団を数回振ってやると、中味のダウンが均等になり本来の長さを取り戻すことができます。少なくとも10cmは長いふとんとして使うことができます。2日から3日程度に一度は振ってやることで快適にお使い頂く事ができます。ふとんを振る際には、ふとんは大きいので周辺に障害物がないか注意をして行って下さい。

もう一つの方法としては、羽毛ふとんの上に薄いタイプの肌布団もしくはタオルケットを足下部分に掛けることで、ふくらみと足下部分の保温効果をアップする事ができます。上に掛けるものは植毛された毛布はお勧めできません。植毛には順目と逆目というように方向性があるため、使用中にどうしても一方方向にずれていくためです。ベッドでは特にお勧めできません。 ベッドではベッドケットをお勧めします。

ダウンパワーが大きいほどふくらむ傾向がありますが、このダウンパワーは保温力と関係しているため、ダウンパワーの低いダウンを使うことはできません。上記の対応をして頂いても、どうしても短いと感じられる場合は少し長いロングロングサイズのタイプのふとんをお勧めします。

長いロングロングサイズの羽毛ふとんを購入される前に、次のサイト羽毛布団の選び方をご一読願えれば幸いでございます。