赤ちゃんのベビー羽毛布団

ベビー用の羽毛布団についてお問い合わせを頂きました。どの様な布団が良いのか解らないとのことでした。

ベビー用羽毛布団にするべきなのか、他の素材の掛け布団にするべきなのか迷われている様子です。

ベビーセットの組布団には羽毛布団と肌かけふとんの両方が含まれています。ゴアラミネート加工のタイプのベビー羽毛布団もあり様々なタイプの製品が販売されています。

赤ちゃんのベビー寝具

赤ちゃんなので暑い寒い重いなどは、泣くことでしか伝えるすべがありません。

暑くてもふとんをはいだり、逆に寒いからふとんを掛けたりも当然できないため、寝具が快適な眠りの条件を整えられるものであるべきと考えます。

赤ちゃんには羽毛布団の温度調節機能は勧めできます。赤ちゃんの寝具は洗濯のことも同時に考える必要があります。

赤ちゃんのベビー羽毛布団

赤ちゃん用なので体温調節をするために、冬には肌掛けとの併用で対応するためなのか、大人用のようにボリュームがあるものは少ない様な気がします。

こちらに大人用の羽毛布団の選び方のページを用意しています。

洗濯はできるものもあるようですが、基本的にカバーの交換をお勧めいたします。洗濯は2日-3日は乾かないためオフシーズンでないとできません。

羽毛布団の色柄は生成りが一般的でカバーの柄で楽しんで頂いているようです。赤ちゃんが楽しんでいるより親の方が楽しんでいるように思います。

アレルギー等の心配がある方は、高密度の生地のカバーとかゴアラミネート加工の羽毛布団にするとよいでしょう。ただしゴアラミネートはクリーニングが出来ないことを承知の上でご購入ください。

赤ちゃんのベビー用羽毛布団の品質

赤ちゃんのベビー羽毛布団のサイズは、95cm✕120cmのサイズが一般的です。ダウン率は85%から90%が多いのではないでしょうか。

ダウンの種類はグースの文字が使われているものが少ないのでダックダウンが多いと思います。

洗浄は、洗浄水の透明度が1000mm以上(業界基準の2倍)になるまでされていると思います。

ダウンの量は200g-300g程度が多く、肌かけふとんと組み合わせて使用する場合はダウンの量は少ないタイプもございます。購入時はダウンの量も注意する必要があります。

ふとんの面積からすると大人用のものよりダウン量は少なくなっています。

側生地は、ポリエステルと綿の合繊が多いように感じています。たぶん洗うことを考慮してのことだと思います。

ゴアラミネート加工のものには綿素材のものもあるようです。ゴアラミネート加工の羽毛ふとんは西川(株)をはじめ国内では何社か製造しています。

羽毛布団は洗うと本来の性能が無くなっていきます。ダウンの吹き出しとか、温度調節機能とか、保温力とか・・・。

現状のベビー用の羽毛布団に対する店主の真意は行間から・・・。

オーガニックコットンの赤ちゃん寝具

赤ちゅんの肌に優しい柔らかさはオーガニックコットンでない一般のコットンとの差はありません。

無農薬での栽培は地球環境に優しいことは間違いありませんが、残留農薬の有無とか製品自体に違いはありません。

またアレルギーの方に優しいかもしれませんが、これも通常のコットンと何も違いはありません。

赤ちゃんの羽毛布団の側生地にオーガニックコットンが使用されたとしても同様です。違いがあるとすれば店主の勉強不足です。お許し下さい。

関連サイト

赤ちゃんの敷き布団の硬さ
赤ちゃんのベビー用敷き布団の硬さは..

赤ちゃんの布団を購入する際に、掛け布団と敷き布団と枕等を組み合わせたベビーセットの布団を購入される方...