敷き布団の湿気吸収シートとは

人は一晩に、コップ1杯以上の汗をかくと言われています。このコップ1杯分の汗が敷き布団の湿気の主な原因になっています。

カラット乾燥した布団で安眠するためには、ふとんを干すか部屋の除湿をして、ふとんを乾燥させる必要があります。

しかし、干すことができない、或いは、使用中で交換ができない場合など、敷きふとんはジメジメ湿気てしまいます。特に、部屋の除湿をしても敷き布団はなかなか乾燥しません。

そこで紹介したいのが敷き布団の湿気を吸収するシートです。敷き布団と床の間に敷いて湿気を吸収します。製品の特徴と使い方をプロが案内します。

敷き布団は通年湿気る

敷き布団が湿気る季節としては、梅雨から夏が一般的に考えられますが乾燥した冬にも湿気る場合があります。

敷き布団の上部(表)は体温で暖められますが、下部(裏)は冷たい畳とかフローリング等と接しています。敷き布団と床との境目では結露が発生しています。

湿気は通年発生するため季節に関係なく除湿する必要があります。

湿気は布団のヘタリやカビの原因

布団の上げ下げ、布団干しができない単身赴任の方、汗かきの方、新陳代謝の激しい若い方の場合は敷き布団が特に湿気ています。

ふとんの湿気は、保温力を低下させるばかりか、耐久性、へたりの原因にもなっています。

汚れがひどい場合はクリーニングをお勧めします。家庭での敷き布団の洗濯はお勧めできません。

また、湿気は、カビの発生等の原因にもなっており健康・衛生面にもよくありません。

詳しくは、敷き布団のカビの原因にて。

敷き布団の湿気吸収シート

吸湿マット除湿シート

敷き布団の湿気を取りカラットさせるシートタイプの敷物が様々なメーカーから発売されています。

製品の使い方は簡単で敷き布団と床の間に敷き使用します。湿気センサーが付いていて湿気ると色が変わり、干して乾燥させてから再使用するものです。

ただし、吸湿シートは吸湿できる量には限界があり限界に達するとそれ以上吸湿はしません。

朝起きたときには敷き布団をまくりシートを干す必要があります。湿気を吸った状態で使用し続けると逆に湿気を放湿し始めます。

湿気吸収シートの乾燥方法

湿気吸収シートを乾燥させるには干すのが一番簡単な方法です。しかし、天候が悪ければ干すことは出来ないとか、毎日干すのはめんどくさいのも解ります。

そこで、簡単で最も効果的な乾燥方法を紹介します。敷き布団を半分までまくりあげてシートを空気に触れる状態にする方法です。

吸湿シート面が半分以上空気に触れる状態であれば、半分程度敷き布団と床との間に隠れていても乾燥します。隠れている部分の湿気も空気に触れている部分から放湿します。

さらにエアコン等の風を当ててやると短時間で放湿します。

敷き布団の除湿と湿気対策

湿気吸湿シートも便利ですが、基本的に敷き布団と同じように干してマットの湿気を取らなくてはなりません。敷き布団の湿気を取るには干して風を当てるのが1番です。

しかし、梅雨の時などは干すこともできません。この時期は敷き布団をまくりあげて、何か台のようなものに掛けて風が通るようにすると湿気はかなり取れます。

布団乾燥機などの使用も有効です。乾燥機の使用は取扱説明書に従って下さい。低温でされることが基本です。中綿が羽毛とかウールの場合は低温で短時間にするか、扇風機で風だけをあてるだけでも効果があります。

掛け布団での布団乾燥機の使用時の注意事項については、羽毛布団とふとん乾燥機のサイトも参考になるかもしれません。

筆者:野口 英輝

関連サイト

寝返りと体圧分散
寝返りの必要性と寝返りのし易い寝具..

寝返りはどの程度するものなのか?なぜするのか?平均的な寝返りの回数は20分に1...

敷き布団の役割と選び方

敷き寝具の中でもマットレスを含め敷き布団の役割は大切です。どのように大切なの...