羽毛のランクを見分ける

羽毛布団のランクは、基本的に中身の羽毛のランクに比例します。しかし消費者の方にとって、羽毛の品質の違いを、品質表示票、添付ラベルの数値や業界用語で理解することはいささか骨が折れます。そこで羽毛の品質を見分ける基本的な方法を項目毎に説明しながら、消費者の方が見逃しがちな情報(注意点)もご案内いたします。

羽毛とは

ダウンとフェザー

羽毛は、基本的に食肉用に飼育された水鳥から採取したダウンとフェザーの混合物です。この混合物をダウンあるいは羽毛と呼んでいます。羽毛の品質は、採取された鳥の種類、ダウンとフェザーの混合比率、ふくらみの程度、洗浄度など複数の基準によりクラスが分かれます。

羽毛の中綿としての人気

ふとんの中身には、もめん綿、化学繊維綿、ウール、シルク、そして羽毛などがあります。各素材毎に特徴があり保温力、温度調整機能が異なります。素材の中でも羽毛が軽くて保温力・温度調整機能に優れた空気層を作るので人気があります。

空気層と羽毛ダウン

羽毛の品質により作ることができる空気層の体積に差があります。また羽枝の開閉により空気の対流をコントロールする機能にも差があります。この差はフェザーではなくダウンボールと呼ばれている羽毛一粒の形態の違いによるものです。

羽毛のランク差の要因

羽毛のランク差は何によりできるのか?基本的にはダウンが採取される鳥の種類と採取後の精毛処理により差ができます。具体的には、ダウンボールの大きさ、羽枝の密生度、ダウンとフェザーの割合、クリーンな度合いがあります。

羽毛が採取される鳥の種類

羽毛の鳥の種類はグースとダックです。おすすめはダウンボールが大きいグースです。ダウンボールが大きければ、少量でも保温力のある軽い羽毛布団になります。

また温度調整機能もダックよりグースが優れています。グースの中でも食肉用のグースの卵を産むマザーグースと呼ばれている1年以上飼育された成鳥のダウンが上質です。羽毛のランクは、ダック、グース、マザーグースの順に高品質になります。

鳥種によるダウンボールの違い

各々のダウンボールを下図にイメージ化しました。グースとダックはダウンボールの大きさと構造(羽枝の密度と太さ)に違いがあります。ダウンボールは大きい方がより空気を内包して、羽枝が密な方が空気の流れをコントロールし易いため、ダックとグースではグースダウンが保温力と温度調整機能に優れています。

ダックダウンの特徴

グースと比較するとダウンボールが小さく、中心の核から放射線状にでている羽枝が太くて張りがある。更に羽枝に付いている小羽枝の付き方に特徴があり、赤い円の中心部に少なく先端部に集まる特徴があります。その為中心部が空洞化して保温力が低くなっています。

グースダウンの特徴

ダックと比較するとボールが大きく、中心の核から放射線状にでている羽枝が細くてしなやかです。更に羽枝付いている小羽枝の付き方もまんべんなく付いており、ダウンボールの中心部もダックと比べると密で保温力に優れます。

マザーグースダウンの特徴

通常のグースと比較するとボールが更に大きく、中心の核から放射線状にでている羽枝の本数も多くなります。また核も大きくなり耐久性に優れています。中心部も通常のグースに比べ更に密な状態でさらに保温力に優れます。

空気対流のコントロール

布団の中の空気層は熱を蓄えたり放出したりして、身体と外気の間で断熱材のような働きをしています。空気層の中の空気の流れを小さくすることで熱は蓄えるられます。ダウンボール内部の隙間を密にして空気の流れを抑え保温しています。

ダウンボール内部の隙間の密度とは、羽枝の本数と長さと小羽枝の付き方により差が出ます。ダックの密度は低くグースが密であり、この違いが保温力の差として表れます。隙間の密度は小羽枝の開閉でも調整ができ、この働きにより温度調節がされています。

羽毛の品質基準ダウン率

羽毛布団の品質表示票

羽毛は、ダウンとフェザーの混合物です。この混合率のことをダウン率と言います。例えばダウン率93%なら品質表示票にダウンが93%でフェザーが7%と記載されています。この数値が高いほうが良い羽毛です。なぜなら保温、温度調節はフェザーではなくダウンボールが主に機能しているためダウン率が高い方が上質の羽毛と言うことになります。

ただし、ダウン率にはダウンボールが割れた羽枝とか、未熟ダウンも含まれるため1つの品質基準と捉えて下さい。ズバリ言うならダウンとフェザーの比率だけを表したものであり、ダウンボールの大きさとか密生度を表す基準ではないと言うことです。ダウン率が低い場合は充填量で保温力を補完する傾向です。

羽毛の品質基準ダウンパワー値

ダウンパワー値は、羽毛品質の中でも空気層を形成する値を数値化したものです。布団の中の環境に近い条件でのダウン1gが占める体積のことです。

羽毛布団のダウンパワー値ラベル

ダウンパワー値の記載は品質表示票には通常ないため、写真の様な値を示すラベルが添付されています。メーカーにより仕様は多少異なります。写真は京都西川の430dpを表すものです。

ダウンパワー値と暖かさの関係は、値が大きくなるほど保温力が増し温度調節機能もよくなります。この数値が大きいほど品質がよくなります。低ダウンパワー値の場合は、ダウン率同様に充填量で保温力を補完する傾向です。

ダウンパワー値の注意点

ダウンボールが絡み合うスティッキーダウンあるいはリンケージダウンとも呼ばれる羽毛があります。ダウンボール間の隙間がふさがり熱を逃がしにくいという特徴があります。また、絡むことでダウンが生地から吹き出しにくくなるため、通気性を優先するノンダンプ生地の羽毛布団に使用される場合もあります。通気性については生地編で説明致します。

ただ絡む特性のためにかさ高がでにくく、ダウンパワー値の表示をしていない場合があります。その代表がアイダーダックです。また絡み具合にも強弱があります。

ダックダウンの特徴として羽枝の軸が太く弾力性が強いため、同じダウンパワー値のグースダウンより保温性はやや劣ると考えています。

日本羽毛製品協同組合のラベル

日本羽毛製品協同組合の羽毛布団添付ラベル

日本羽毛製品協同組合(日羽協)は、羽毛製品で経済産業省の認可を受けた団体です。日羽協に加盟しているメーカーの製品では、組合が発行するプレミアムゴールド/ロイヤルゴールド/エクセルゴールド/ニューゴールドの4種類のラベルでおおよそのおおよそのダウンパワー値とダウン率が解ります。ラベルは写真の右から左に向かって品質が良くなり価格も高くなります。このラベルは西川の羽毛布団には付いていません。

プレミアムゴールドラベル裏面

山甚物産(株)の羽毛布団のプレミアムゴールドラベルの裏面です。ダウンパワー値440dp、日本羽毛製品協同組合の記載があります。No P-13195の下に(株)北陸ヤマジンと書かれているので、羽毛を充填した工場が解ります。充填工場は関係会社以外にも外注先の場合もあります。

日本羽毛製品協同組合のサイトで注意喚起されていますが、正規流通のラベルかの確認が必要です。偽装ラベルの可能性もあり得ると考えるべきです。

フィルパワー値

アパレル業界では羽毛品質をフィルパワー値で現していますが、測定方法が異なるため混同しないようにして下さい。詳細はこちらのフィルパワーで説明します。

ダウンパワーラベルの種類

ダウンパワー値を表すラベルは日羽協以外のラベルもあります。日羽協に加盟していないメーカーの羽毛布団に添付されているようです。

羽毛の充填量

ダウンの充填量は、品質表示票に記載されています。ダウン率とダウンパワー値が高ければ充填量は少なく、低い場合は増量して保温力を確保します。

増量すると重くなり、温度調節機能は低下します。また、極端に増量すると張りすぎてしまい、体に添いにくくなるため暖かくありません。ただし、上質ダウンで100g程度の増量なら保温力と耐久性はアップします。

ダウン率とダウンパワーの数値により充填量は決まります。例えば、ダウン率93%で400dpであれば充填量は、シングルでは1.2kg~1.3kg、ダブルでは1.6kg~1.7kgとなります。ダウン率とダウンパワー値が高ければ、シングルの充填量は1.0kg~1.1kgで十分です。

低価格の羽毛布団では、粗悪ダウンを品質表示票の数値以上に入れることもある様です。また、ダウンボールを本来の自然な姿より更に背伸びさせた状態に薬品を使用したパワーアップ加工をしたダウンも存在します。当初のふくらみは、すぐに消えてペシャンコになり干してもふくらみません。

羽毛布団の保温力

羽毛の保温力を判断するなら、充填量×ダウン率×ダウンパワー値でおおよそ判断できると思います。ただし信頼できる数値であること、過度の充填量でないこと、スティッキーダウンとかダックダウンのダウンパワー値の出方を考慮に入れることが条件です。

羽毛の魅力は保温力だけでなく温度調節機能とか軽さもあるので、羽毛の総合的な品質を判断する場合は、保温力だけで判断するのお勧めできません。

羽毛の産地

羽毛の産地としては、ポーランド/ハンガリー/ドイツ/フランス/ウクライナ/ロシア/中国/カナダ(順不同)などがあります。産地と羽毛品質の関係は、寒い地域では鳥自身も生き抜くために、格段に保温力のある羽毛を必要としています。そのため冷寒地の羽毛の評価が高くなっています。ただし、日本に輸入されている羽毛の約90%はアジア産です。ポーランド産は1~2%程度、ハンガリー産は5~6%程度です。

ポーランドとハンガリーでは産地によるダウンの優劣は付けられませんが、アジア産と比べると同じダウン率、ダウンパワーのグースにおいてはヨーロッパ産が耐久性において優れていると言われています。具体的に言うと、耐久消費財である布団においては5年後10年後に違いが現れてくると言われています。飼育環境とくに湿度が関係していると言われています。

産地偽装の話は珍しくありません。ダウンの産地証明と流通経路の履歴が追跡可能な、トレーサビリティ管理が徹底したダウンを入れた羽毛布団がお勧めです。

羽毛の色

ダウンには、鳥の色の違いによりホワイト、シルバーなどの違いがあります。羽毛布団の側生地の色が淡い場合、シルバー系は透けて見えることがありますが、他の条件が同じであれば暖かさに差はありません。カバーを掛けるため問題はないと思います。

耐久性においては、シルバー系が僅かながら良いとも言われています。ただしホワイトグースとシルバーグースでは、同じランクの場合、ホワイトグースの製品が少し価格は高くなります。暖かさは同じです。ダウンの色はそれほど重要ではありません。

羽毛の洗浄度

品質管理の良いメーカーでは、選別や洗浄、殺菌面で高水準の処理をしています。この処理は、羽毛の品質を左右する大切な工程です。

日本の業界基準では、ダウンを洗った水の透明度が500mmになるまで洗浄を行う事になっています。高級品には、業界基準値の2倍である1000mmまで洗浄したものを通常使用します。

1000mm洗浄を行うことで、よりクリーンになり保温力と温度調節機能がアップします。しかしこのレベルまで洗浄しても、羽毛固有の臭いは極僅かに残ります。特に梅雨の時期になると、臭いが僅かにでることがあります。

ダウンの洗浄回数を商品説明に記載しているサイトも見かけましたが回数は問題ではありません。逆に回数が多いことは、それだけ汚れていることの証拠では・・・?

世界有数の羽毛供給会社であるポーランドのアニメックス社とハンガリーのFBZ社においては、納入会社の基準に応じた洗浄をして納入しています。日本国内で洗浄する必要が無いレベルです。

羽毛の臭いと洗浄度

羽毛の臭いは、ダウンの核に含まれている油脂分によるものなので、完全に除去することはできません。この油脂分を取りすぎると、ダウンボールが髪の毛の枝毛のように割れやすくなります。鳥特有の獣臭は洗浄度より飼育期間に関係していて、食肉用に短期間で飼育された鳥のダウンに発生しています。

グースダウンであれば、臭いに特に敏感な人あるいは調香師のように臭覚が優れている方は臭いを感じるかもしれませんが、通常は気になるレベルではありません。

羽毛の洗浄度は、保温力と軽さ、温度調整機能に関係しているため、ダウン品質において注視すべきポイントです。

鳥の獣臭

鳥特有の獣臭がする羽毛布団は、ダウンボールの核に含まれている油脂分が関係しています。この臭いの成分である油脂分は、未成熟ダウンに多く含まれています。

現状では、食肉用として短期間に育てられたダックから採取された、未成熟ダックダウンに臭いの問題が多いようです。特にアジア産ダックに臭いの問題は多いように思われます。

鳥種混合率の許容値

鳥種混合率とは、グースダウンとの表示において、ダックダウンが混入している比率のことを言います。本来あってはならないことですが、製造工程で誤って混入する場合も含め、混合が許される値です。

日羽協の鳥種混合率の許容値

日羽協の鳥種混合率の許容値は10%以下です。西川(株)の基準はレギュラーグースで7%以下、マザーグースの場合は1%以下と厳しいものです。

ドイツなどEUの許容値は何と30%以下!30%は誤って混入する値ではありません。海外製の羽毛布団は、臭いの問題も多くダウンの品質に幅があるようです。

ダウンパスについて

ダウンパスの表示をした羽毛布団を見かけます。動物愛護の精神に基づき作成された基準であり、飼育方法やダウンの採取方法において、動物に苦痛を与えないための方法を定めたものです。当店の知りうる限り、レギュラーグースにおいては飼育方法、採取方法の両方の基準に適合していると思います。マザーグースは各国の独自の法律に基づき飼育採取されています。

羽毛品質の見分け方まとめ

羽毛品質は、採取された鳥の種類がダックかグースか、あるいはマザーグースなのかは重要です。鳥種を確認してから、ダウン率、ダウンパワー値を確認することでランクはおおよそ判断が付きます。ただし、これらの鳥種、数値が信頼できるかどうかによります。重要な項目はメーカー名です。羽毛の品質を知っているのは羽毛を入れたメーカーです。

お勧めはマザーグースですが、ご予算に制限がある場合は、ダウン率93%ダウンパワー400dp以上で、シングルなら1.2kg-1.3kg程度の充填量なら合格点をつけられます。ただし信頼できるメーカー製であることが大前提です。

寝心地は、ダウン品質だけでなく、生地や内部構造の違いも関係します。下記リンクページも参考にして下さい。

筆者:野口 英輝

関連サイト