売り優先の羽毛布団の説明

羽毛布団のセールのキャッチコピーを寝具店の視点から見ると、情報の不備とかトラップ?が多く存在しているように感じます。

仮に、この製品を買うと説明通りのものではなく、開封直後に失敗したことに気付くかも知れないものが多くある様に感じます。

例えば、鳥の臭いが強烈なもとか?写真のようにはボリュームが出ないだろうとか。あるいは1ヶ月もしないうちにボリュームがなくなるかもと思うものがあります。この品質でこの価格はあり得ないと思うものも沢山あります。

売らんがために真実を隠している?のではないかと思うものがあります。

セール羽毛布団の実情

羽毛布団セールのキャッチコピーには『安さ』を前面に出したものが多くあります。当然のことかもしれませんが『品質』の内容表示に欠落している情報がある場合が多くあります。

これまでもダックダウン羽毛布団が安さを前面にセールの目玉商品に取り上げられていました。『超お買い得とか・リーズナブルプライス』等の冠を付けたキャッチコピーが目立っていました。

しかし、最近ではグースダウンにおいても同様に安さを強調したセール品が見かけられます。

ダック羽毛布団セールのキャッチコピー

ダックのセール品のキャッチコピーは、『安い価格』を打ち出し『お買い得』であるかのようにアオル文字が特徴です。

ダックダウンとグースダウンとの性能差が無いように思わせて安さを強調する説明です。『今回はお手頃価格にてセール』とのタイトルを付けてグースダウンよりダックダウンは性能が劣ることは微塵も説明しない場合が多くあります。

その代表的な例えは、税込み10,000円の羽毛布団のページをご覧ください。

セールのダック羽毛布団の注意点

セール特価のダック羽毛布団のチェックポイントは、ダウン率90%以上、充填量1.3kg以上、メーカー名の記載があることです。この条件を満たさない場合は羽毛布団としては当店の基準ではおすすめ出来ません。

グース羽毛布団セールのキャッチコピー

最近見かけるようになったのがセール特価のグース羽毛布団です。寝具店がキャッチコピーを見ても魅力的と思える内容です。『有名メーカー、ダウンの産地表示とダウン率90%グースダウン』の内容で『特価価格』が掲載されています。

よくよく見ると充填量、ダウンパワーの記載が無く生地品質の記載もありません。ダウン率90%で充填量が1kg程度ならこれもまたおすすめ出来ない品質です。

セールのグース羽毛布団の注意点

セール特価のグース羽毛布団のチェックポイントは、ダックと同様に各品質基準値を調べることです。ダウン率、ダウンパワー、充填量、産地、生地素材、メーカー名など全ての項目を調べる必要があります。

グース羽毛布団の中でもマザーグース羽毛布団はお値段が高いので購入時には注意してください。

特価セール羽毛布団の買い方

極端に安い羽毛布団わ買うことはおすすめ出来ません。購入すると後悔する可能性は大です。特に2020年後半からはメーカーのダウン原料在庫も少なくなり、2021年にはダックダウン原料もコロナウイルス流行の影響で供給量が減り価格は上昇しています。グースダウンも同様の傾向です。

例えば2021年現在においてネット市場で10000円前後で羽毛布団が販売されていますが、寝具店が西川(株)からダック85%の羽毛布団は10000円では仕入れられないのが現状では無いでしょうか?価格優先の買い方は失敗のもとです。

因みに西川(株)と昭和西川(株)は別会社です。東京西川・京都西川・昭和西川と並べるとグループ会社のような感じですが、昭和西川株は西川グーループ会社ではありません。

多くの製品を見ることをおすすめします。価格には何倍ものひらきがあります。その際の相違点をリスト化することで見えてくるものがあります。相違点のリストを比較することで価格の違いと品質の違いが明らかになってきます。

セール羽毛布団購入前のチェック

広告とかテレビの通販番組を見ていると、耳障り無くすんなりと説明がされていますが、肝心の部分は曖昧であったりすることが多くあります。

消費者の方が羽毛布団を購入する際に気づかないポイントなどをまとめたリストを作成してみました。こちらが進化中の羽毛布団購入時のチェックリストです。少しずつリストが増えて言っています。それだけ誇大な説明を見破るのが難しくなってきている証でもあります。価格に惑わされることのないように注意深く製品説明を読んで下さい。

関連サイト

激安羽毛布団のコスパ?ユニクロのダ..

激安羽毛布団は実質的には20000円前後でネット通販では日常的に販売されています。...

コスパ最強の羽毛布団の選び方

コスパ最強の羽毛布団は、十分な保温力とリーズナブルな価格であるべきです。...