マザーダウン、マザーダックとグースダウンとは

マザーダウンとは

 マザーダウンとは、一言で言えばマザーグースに響きが似た言葉に過ぎません。 たぶんマザーグースが高級羽毛布団の代名詞のように言われているために、 マザーダウンは、マザーグースの人気に便乗してメーカーが付けた言葉だと思います。 マザーダウン以外にマザーダックダウンとかマザーダックと表示している場合もあるようです。

 当店も寝具店なので「マザーダック」という言葉は知っています。 しかし、寝具業界にはマザーダックという明確な基準あるいは規定は、2014年現在において当店の知る限りにありません。 十分に成長したダックもしくは産卵用のダックを指しているのかもしれません。 有名ブランドの羽毛布団にはマザーダウン、マザーダックを表記したものは2014年現在において見かけていません。

 (以下、タイトル以外では、ダックダウンはダック、グースダウンはグースと表記します。)

グースダウンとは

羽毛布団には、基本的に2種類のグースとダックの鳥から採取されたダウンが使われています。 グースは、グースから採取されたダウンのことです。もちろんグースの範疇にはマザーグースも含まれます。 ダックよりも一粒一粒のダウンボールが大きく、当然、保温力においてもダックより勝り高級と言えます。

グースにも上質のマザーグースももあれば品質の優れないものもあり品質には当然ランクがあります。 この品質の違いは、一応ダウンパワー値において表されています。

 低品質のグースは、採取した時から品質の悪いものも極希にあると思いますが、上質を選別抽出した残りものである場合が多いのではないかと思います。 低品質のグースは、残りカスの様なダウンと言えます。

マザーダックとグースの品質を比較

 通常グースとダックの体格を比較すると、グースが大きく当然一粒の大きさも大きいわけです。 そのため、基本的にはグースとダックを比較すれば当然ながらグースが優れており高級と言えます。

 マザーダックダウンとは、十分に成長した比較的体格の大きいダックもしくは産卵用のダックから採取したダウンのことと思います。 マザーダックダウンは、明確な規定がありません。 このように比較的大きいダウンを更に選別を重ねると、ダウンパワー値の高いダックダウンを作ることができます。 このクラスをもってマザーダックダウンと呼んでいるのではないかと思います。

 440dpマザーダックダウンと有名メーカーの羽毛布団に使用されている410-430dpクラスのグースを比較するとグースが優れていると思います。 見た目は440dpとダウンパワー値は高く優れている様ですが、長期間使用する耐久消費財である布団の場合は、やはり耐久性の点から当店ではグースをおすすめしています。

 しかし、マザーダックダウンとグースの比較において、低品質のグース、言いかえれば残りカスの様なグースと比較すると、 マザーダックダウンがグースより優れていると言うことになります。 ただし、比較しているものは残りカスのグースです。

 有名メーカーの羽毛布団に使用されている普及品クラスのグースと「マザーダック」のコストを比較すると、たぶんマザーダックの方が安いと思います。 普及品クラスのグースより安くて上質なら、有名メーカーも採用して当然と思います。 しかし、現状は有名メーカーにおいてはマザーダックと記載した羽毛布団は見かけません。 これ以上の説明は不要と思います。

マザーダウンについて

 マザーダウンは、低品質のイメージのあるダックダウンのダックの文字を取り除いたものと思います。 マザーグースが人気があるため、同じような響きのある、言いかえればマザーグースと勘違いを起こすような文字と考えます。

440dpザーダックダウンについて

 プレミアムゴールドラベルとは、日本羽毛寝具製造業協同組合(日羽協)が発行するダウンの品質基準を表すラベルです。 ダウンパワー440dp以上の羽毛を充填したことを表すものです。 通常は、マザーグースを充填した羽毛布団に添付されるラベルです。

 マザーダックが充填された羽毛布団にプレミアムゴールドラベルがついて、マザーグースの羽毛布団より安く販売されています。 中国から輸入されたある種の鳥から採取されたダウンと聞きましたが、 この低価格から考えられることは、選別とパワーアップ加工をしていると考えられます。

 ダウンパワー440cm3/gのマザーダックは羽毛が背伸びをしている状態である可能性があります。 コスト的に安くでき大量に作る方法でない限り、ダウンパワー440cm3/gのマザーダックの羽毛布団の売価からは考えられません。 背伸びをさせられた状態でダウンパワーを測定しているとするなら、背伸びをした状態は長くは続かないと考えられます。 (上記の考えはあくまで当店の推測でございます。事実確認はできていません。)

マザーグースとマザーダックあるいはマザーダウン

 同じ品質でグースとダックの文字の違いだけなら、同じ価格で販売できるはずだと考えます。 マザーダックの方が安く販売されています。安くする理由があるはずです。仕入れ値が安いからという論理は通りません。 そのお店に安く販売したメーカーはなぜ安くしたのか? 当然、品質差があるため安くなっているのだと考えます。 マザーグースとマザーダックあるいはマザーダウンは響きが似ているので注意が必要です。

 当店の考えでは、張り詰めた状態のダウンは時間の経過とともに縮んでいくと思います。長続きはしないものです。 一粒一粒が縮むとボリュームは出なくなります。 「へたる」と言うことは暖かくなくなります。問題は時間の経過がどの程度なのか1ヶ月なのか?たぶん・・・。

 羽毛布団の品質の違いについて説明をさせて頂いた羽毛布団の選び方のサイトをご案内いたします。お役に立てれば幸いです。 ご満足のいくレベルの羽毛布団をお選びいただき、すっきりとした目覚めをして頂く事を願っています。

ページトップへ▲