枕の高さは自分で調整

自分に合った枕を作る

枕の高さ

理想の枕は、安眠と癒しを与えてくれる寝具の1つです。しかし個人の好み、体形が違うように、その人に合う枕の形も違います。理想の枕とは、平らな壁に背中をつけて立った状態で、その壁と首との隙間を埋め且つ肩幅の長さ以上のものです。尚、体が敷き布団に沈むことも考慮に入れて下さい。こちらに敷き布団の硬さについて説明をしています。いくつもの枕を試しましたが、ピッタリと自分に合う枕に出会えませんでした。

バスタオルで作る枕

なければ創ればよいとの思いから創りました。まず、左下の写真のように、バスタオルを巻いていき、その巻きの直径が、ご自分の人指し指の長さ長くても指の長さプラス1センチ程度になるようにします。もしバスタオル1枚では足らない場合は、タオル(写真では青色)を重ねて巻き込んで下さい。頚椎・首の後部にあたる枕の高さは、自分の人指し指の長さと言われています。

バスタオル枕の作り方

上の真ん中の写真のように、巻いたバスタオルの両端をヒモでくくり、二つ折りにしたバスタオル(写真では白色)の上に置きます。円柱のバスタオルを、挟み込むように折り返せば完成です。

枕の位置

その円柱状の部分を、首の後ろに当てて眠ると気管が圧迫されず、頭の重さを、首・肩にかけず分散できるので肩こりの予防にもなります。しっくりしない時は、巻きの太さをタオル等で調整してみてください。このバスタオル枕は、ヒモを解けば簡単に洗え便利です。自分にあった高さの枕ができたときは、とくに心地よく感じます。

上の写真で使用したバスタオルは、巻いた方は、135×75cmであり、バスタオル(白色)160×80cmのものを二つ折りにしています。

既製品の枕の高さ

既製品の枕の高さ

上の写真の最下部のような形状の枕が販売されています。このような枕を選ぶ時は、ご自分の「人指し指の長さ」を目安に、ご使用の敷き布団の柔らかさ(体の沈み具合)も考慮にいれて選んで下さい。枕の高さは、底にタオルを入れて調節できるので、少し低めのものをお勧めします。

このバスタオル枕が普及すると、枕が売れなくなるかも?・・・布団屋にとっては問題です?枕を購入する際は、ご自分の敷き布団の硬さを考慮に入れて下さい。特に成長期のお子様の枕には注意が必要です。枕が高すぎると骨の成長にも影響を与える恐れがあります。また、枕の高さが原因で、睡眠時無呼吸症候群になるかもしれません。

最近細部にわたり枕の高さを調節できる枕が発売されています。高さを調節ができる枕(チューニングピロー)のページにてご案内いたします。

枕以外の寝具

枕の形状と高さは敷き寝具の硬さと大きく関係しています。敷き寝具が柔らかすぎると体が沈みすぎ、結果的に枕が高すぎることになります。敷き寝具は、適当な保温力と寝返りのし易い硬さが選ばれる条件です。

保温力の点からは敷き寝具以外に掛け寝具があります。適当な保温力という点では、お勧めは羽毛布団とと言うとになります。冬の寒い季節には暖かい布団は誰しも注意をはらいますが、木の芽もやしの季節にはあまり気をつけない傾向があります。この季節には合い掛け羽毛布団がおすすめです。適当な保温力が無ければ枕の形状高さを調節しても、寒さから寝姿勢がくずれてしまいます。

枕以外の寝具との組合わせをうまくすることで理想的な睡眠がとれます。枕と敷き寝具はセットで購入できれば理想的です。羽毛布団までセットで購入となると厳しいかもしれませんが、日割り計算をすると、10万円の羽毛布団とセットで購入されても1日あたり50円程度です。詳しくは、日割り計算をすると羽毛布団は菓子パン半個程度の金額です。 ご検討頂く価値は十分にあると思います。