高齢者の寝具は軽さと快適さ!羽毛布団

高齢者の寝具は軽さ温度湿度

高齢者には、ご自分で布団の上げ下ろしができる方から、寝たきりの方までおられますが、多くの方が筋力の低下、体温調節機能の低下があるためか、望まれる寝具の特徴の一つに「軽さ」があげられます。掛けて寝るとき、上げ下ろし、干すときに軽いふとんを望まれています。次に暖かい保温性に優れた寝具を望まれています。また、寝起きが簡単にできることからベッドを望まれる方も多くいます。

高齢者の寝具は軽量手軽さ

お勧めする寝具としては、掛ける寝具は、羽毛布団、軽量1重の毛布、ダクロン等の軽量素材の寝具があります。軽さと暖かさの点では羽毛布団が高齢者にはお勧めです。敷く寝具としては、体圧を分散させ床つき感をなくすために、軽量のマットレスと軽量の敷きふとんです。軽量で取扱がしやすいものが好まれています。

調湿と保温の点からは、季節に応じた敷き毛布、汗取りシーツ、パッドを掛けることも大切です。また、失禁対応が必要な場合は防水シーツもお勧めです。家庭で洗濯ができて速乾性ものが望まれています。最近では洗えるタイプの布団がありますが、羽毛布団の洗濯は注意が必要なものもあります。

高齢者の寝具の温度調節

体温調節機能の低下の点からは、遠赤外線熱で暖かい温熱敷き布団なども人気商品の1つです。また、夏は、冷房の室温をやや高め(個人差有り)に設定される事をお勧めします。 病院などの場合は、タオルケットだけでは寝冷えすることもあります。合い掛け羽毛布団、真綿布団、夏布団、ダウンケット、綿入りタオルケットとの併用をお勧めします。また、季節に応じたリラックスできる「ねまき」も重要です。少しの心遣いが何よりも喜ばれます。

高齢者の寝具と床ずれ褥瘡

高齢者の中でも寝たきりの方は、「床ずれ(褥瘡)」の予防にも注意が必要です。体圧分散と床ずれ(褥瘡)のサイトを参照して下さい。寝返りを多くする事と汗、尿などの湿気も注意が必要です。

高齢者の寝具とベッド

ベッドで、掛けふとんと毛布を重ねて使用する場合、毛布の毛並みの方向にふとんが滑り落ち安い為、囲いがあるタイプをお勧めします。また、ベッドの高さは、ベッドに腰を掛けた時にかかとが床につく程度が理想です。ベッドのマットの上に敷き寝具を敷いた状態で高さです。

ベッドでの掛けふとんは、軽さと暖かさの点で羽毛布団が理想的です。できれば上質のダウンを充填した立体一層構造のタイプがお勧めです。側生地は、80単糸か100単糸以上の軽い側生地の羽毛布団が良いと思います。若い方には、僅かな違いに感じられる重さも、ご高齢の方には重く感じる場合がございます。軽さの点では化学繊維の側生地が軽いのですが、どうしてもムレがちになり寝心地はよくありません。やはり理想は80番糸以上の超長綿の羽毛布団が理想的です。

高齢者の寝具は介護サイズ

介護用ベッドのサイズは、横幅90cm縦200cmのものが一般的です。一般のシングルサイズの敷きふとん(横幅100cm)より10cm小さいため、敷きふとんは別途用意する必要があります。

羽毛布団を購入される場合に、どのようなものを選べば良いのかについて、羽毛布団の選び方のサイトをご覧ください。

筆者:野口 英輝

アウトレット羽毛布団の関連リンク先

羽毛布団購入時のチェックリスト
購入時の注意点18箇条+・・・
ムートンパッドシーツの選び方
ムートンパッドの温度調節機能に注目
敷き布団の役割と選び方
敷き布団は体圧分散と断熱により適温状態を作り理想的な寝床環境を作る
羽毛布団カバーの選び方
カバーの選び方も、保温力、軽さ、耐久性、価格など視点を変えると様々
合い掛け羽毛布団とは、薄手の羽毛布団
端境期にには薄手の羽毛布団が活躍します
布団が寒い原因と対策
寝床内の理想の温度は33度前後です。熱はどのように保たれているのか
体圧分散と床ずれ(褥瘡)
敷き寝具は硬すぎず柔らかすぎず。蒸れないのが理想